バンドル製品

バンドルは、カスタマイズ可能な 独自に作成 製品です。 バンドル内の各項目は、次のいずれかの製品タイプに基づくことができます。

バンドル製品

オプションは、顧客が Customize または Add to Cart をクリックすると表示されます。 バンドルに含まれる製品は様々なので、SKU、価格、重みを動的または固定値に設定できます。

NOTE
Minimum Advertised Price (MAP)は、動的な価格を使用するバンドル製品では利用できません。
NOTE
親バンドル製品は、そのすべての子製品のアップセル製品として常に自動的に表示されます。

即時購入が使用可能な場合、バンドル内の各項目の 買い物かごに追加 ボタンの下に 即時購入 ボタンが表示されます。

バンドルをカスタマイズ

以下の手順では、 製品テンプレート、必須フィールド、基本設定を使用してバンドル製品を作成する手順を説明します。 各必須フィールドには、赤いアスタリスク(*)が付いています。 基本を完了したら、必要に応じて他の製品設定を完了できます。

手順 1:製品タイプの選択

  1. 管理者 サイドバーで、Catalog/Products に移動します。

  2. [Add Product] (メニュー矢印 メニューの右上隅にある [**Bundle Product**] {width="25"} 選択します。

    バンドル製品を追加 {width="700" modal="regular"}

手順 2:属性セットの選択

製品のテンプレートとして使用される 属性セットを選択するには、次のいずれかの操作を行います。

  • Search:属性セットの名前
  • リストで、使用する属性セットを選択します。

フォームが更新され、変更が反映されます。

テンプレートを選択

手順 3:必要な設定を完了する

  1. 製品 Product Name を入力します。

  2. 製品名に基づくデフォルト SKU を使用するか、別の値を入力します。

    各バンドル項目に割り当てられる SKU のタイプを確認するには、次の手順を実行します。

    • デフォルトの SKU にサフィックスを追加すると、Dynamic SKU を各バンドル項目に自動的に割り当てることができます。 デフォルトでは、Yes に設定されています。

    • バンドル項目ごとに一意の SKU を割り当てる場合は、「Dynamic SKU」を No に設定します。

    動的な SKU と価格 {width="600" modal="regular"}

  3. バンドルの価格を確認するには、次のいずれかの操作を行います。

    • 顧客が選択したオプションを価格に反映させるには、「Dynamic Price」を「Yes」に設定し、空白のままに Price ます。 この場合、バンドル製品にはカタログから独自の価格はなく、製品価格はバンドルに含まれる個々の製品の価格から派生します。

    • バンドルの固定価格を請求するには、Dynamic PriceNo に設定し、バンドルに請求する Price を入力します。

    note note
    NOTE
    Special Price と Customer Group Price (Tier Price)は、すべてのバンドル製品タイプの割引率として常に設定されます。
  4. 製品はまだ公開する準備ができていないので、Enable ProductNo に設定します。

  5. Save」をクリックして続行します。

    商品を保存すると、左上隅に ストア表示選択が表示されます。

  6. 製品を使用できる Store View を選択します。

    ストア表示の選択 {width="600" modal="regular"}

手順 4:基本設定を完了する

  1. バンドルに固定価格が設定されている場合は、Tax Class を次のいずれかに設定します。

    • None
    • Taxable Goods

    バンドルに動的価格設定がある場合、税は バンドル品目について決定されます。 バンドルに固定価格が設定されている場合、税は 全体 バンドル製品に対して決定されます。

  2. 次のことに注意してください。

    • 値が各バンドル項目に対して決定されるので、Quantity は使用できません。

    • デフォルトでは、Stock StatusIn Stock に設定されています。

  3. バンドルの重みを判断するには、次のいずれかの操作を行います。

    • お客様が選択したオプションを重みに反映させるには、「YesDynamic Weight 設定し、空白のままに Weight ます。

    • 固定ウェイトをバンドルに割り当てるには、Dynamic WeightNo に設定し、バンドルの Weight を入力します。

    ダイナミック ウェイト {width="600" modal="regular"}

  4. 新製品のリストに製品を特集するには、「Set Product as New」チェックボックスを選択します。

  5. Catalog, Search のデフォルトの Visibility 設定を受け入れます。

  6. 製品に Categories ​を割り当てるには、Select… ​のボックスをクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    既存のカテゴリを選択:

    • 一致するものが見つかるまで、ボックスに入力を開始します。

    • 割り当てる各カテゴリのチェックボックスを選択します。

    バンドル製品のカテゴリを 1 つ以上選択します {width="600" modal="regular"}

    カテゴリを作成:

    • New Category」をクリックします。

    • Category Name を入力し、メニュー構造内の位置を決定する Parent Category を選択します。

    • Create Category」をクリックします。

  7. Country of Manufacture を選択します。

    製品を説明する追加の属性がある場合があります。 選択によってアトリビュート セットが異なり、後で完成させることができます。

手順 5:バンドル項目を追加

Bundle Items」セクションを使用すると、バンドル製品タイプに項目を追加したり、現在選択されている項目を編集したりできます。

製品に対して定義されたバンドル項目

  1. バンドル項目」セクションまでスクロールし、次のいず Ship Bundle Items かを設定します。

    • Separately
    • Together

    Together を選択した場合、すべてのバンドル項目に同じ ソースを割り当てる必要があります。

  2. Add Option」をクリックして、次の操作を実行します。

    • フィールドラベルとして使用する Option Title を入力します。

    • Input Type を次のいずれかに設定します。

      • Drop-down
      • Radio buttons
      • Checkbox
      • Multiple Select
    • フィールドを必須のエントリにするには、「Required」チェックボックスをオンにします。

    • Add Products to Option」をクリックし、このオプションに含める各製品のチェックボックスを選択します。

      製品が多数ある場合は、リストフィルターとページネーションコントロールを使用して、必要な製品を見つけます。

    • Add Selected Products」をクリックします。

      選択した製品を追加 {width="600" modal="regular"}

    • オプション」セクションに項目が表示されたら、Default に選択する項目を選択します。

    • デフォルトの数量 列には、顧客が品目を選択したときにバンドルに追加される各品目の数量を入力します。

    • 顧客がバンドル品目の数量を変更できるようにするには、「User Defined」を選択します。

      note note
      NOTE
      量は、プリセット値またはユーザー定義値にすることができます。 ただし、User Defined ​プロパティをチェックボックスや複数選択の入力タイプに割り当てないでください。

      デフォルトでは、バンドル品目に含まれるデフォルト数量を顧客が変更することはできません。 ただし、顧客は、バンドルに含める品目の数量を入力できます。

      例えば、スプライトステータスボールのデフォルト数量が 2 に設定され、顧客がそのバンドルオプションの 4 を注文した場合、購入したボールの合計数は 8 になります。

      アイテムの詳細 {width="600" modal="regular"}

  3. バンドルに追加する項目ごとに、これらの手順を繰り返します。

  4. バンドルセクション内の項目の順序を変更するには、行の先頭にある 移動 移動アイコン )アイコンをクリックし、項目を位置にドラッグします。

    バンドル項目の順序の変更 {width="600" modal="regular"}

    また、書き出されたバンドル製品のデータで項目の順序を変更し、カタログに再度読み込むこともできます。 詳しくは、 バンドル製品の読み込みを参照してください。

    ワークスペースを見やすくするには、最初に各セクションを折りたたんでから、適切な位置にドラッグします。

  5. バンドルから項目を削除するには、Delete の(ごみ箱アイコン アイコンをクリック ます。

  6. 完了したら、「Save」をクリックします。

手順 6:製品情報の入力

下にスクロールして、必要に応じて次のセクションの情報を入力します。

手順 7:商品のPublish

  1. カタログに製品を公開する準備が整ったら、Enable ProductYes に設定します( 切り替えはい )。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    方法 1: 保存とプレビュー

    • 右上隅の「Save」をクリックします。

    • ストアで製品を表示するには、管理者 メニュー矢印 ) メニューの Customer View を選択します。

      ストアが新しいブラウザータブで開きます。

    顧客ビュー {width="600" modal="regular"}

    メソッド 2: 保存して閉じる

    Save(メニュー矢印 メニューで {width="25"} 「Save & Close」を選択します。

入力コントロール

制御
説明
Drop-down
製品名と価格を含むオプションのドロップダウン リストを表示します。 選択できる項目は 1 つだけです。
ドロップダウン {width="200"}
Radio Buttons
各オプションのラジオボタンを表示し、その後に製品名と価格を表示します。 選択できる項目は 1 つだけです。
ラジオボタン {width="200"}
Checkbox
各オプションのチェックボックスに続いて製品名と価格が表示されます。 複数の項目を選択できます。
チェックボックス {width="200"}
Multiple Select
製品名と価格を含むオプションのリストを表示します。 複数の項目を選択するには、Ctrl キー(PC)または Command キー(Mac)を押したまま、各項目をクリックします。
複数選択 {width="200"}

フィールドの説明

フィールド
説明
SKU
各項目に変数 SKU または動的 SKU を割り当てるか、バンドルに固定 SKU を使用するかを決定します。 オプション:Fixed / Dynamic
Weight
選択した項目に基づいて重みを計算するか、バンドル全体の固定重みにするかを指定します。 オプション:Fixed / Dynamic
Price View
製品価格を、最も安価な価格から最も高価な価格(価格範囲)または最も安価な価格(安値)として表示する範囲として表示するかどうかを決定します。 オプション:Price Range / As Low As
バンドル品目の出荷
個々の品目を個別に出荷できるかどうかを指定します。

バンドル製品の在庫ステータス

次のいずれかのシナリオが発生すると、バンドル製品の在庫ステータスは 自動的に在庫切れに変更されます

  • すべてのオプションはオプションで、関連するすべての製品は 在庫切れ です。

  • 一部のオプションは必須で、必須オプションに関連付けられている製品は 在庫切れ です。

次のいずれかのシナリオが発生した場合、バンドル製品の在庫ステータスは 自動的に在庫切れに変更されません

  • すべてのオプションはオプションで、少なくとも 1 つの関連製品は 在庫 です。

  • 一部のオプションは必須で、それぞれの必須オプションに少なくとも 1 つの関連製品が 在庫中 です。

注意事項

チェックボックス お客様は独自のバンドル製品を ビルド できます。

チェックボックス バンドル項目は、カスタムオプションを持たないシンプル製品または仮想製品にすることができます。

チェックボックス 価格表示は、Price Range または As Low As のいずれかに設定できます。

チェックボックス SKU と重みは、Fixed または Dynamic のいずれかです。

チェックボックス 数量は、プリセット値またはユーザー定義値にすることができます。 ただし、User Defined ​プロパティをチェックボックスや複数選択の入力タイプに割り当てないでください。

チェックボックス バンドル項目は、一緒に出荷することも、個別に出荷することもできます。

チェックボックス 親バンドル製品は、そのすべての子製品のアップセル製品として常に自動的に表示されます。

チェックボックス Special Price および Customer Group Price (階層価格)は、すべてのバンドル製品タイプの割引率として常に設定されます。

recommendation-more-help
af062d56-f22c-4537-813d-bedf8b92a071