[v8 にも適用されます]{class="badge positive" title="Campaign v8 にも適用されます"}

Adobe Campaign 統合の基本を学ぶ about-campaign-integrations

Adobe Experience Cloudは、共通の強力なソリューションやアプリのセットを備え、共通のデータプラットフォーム上に構築された、クラス最高の統合ソリューションの包括的なセットです。

Adobe CampaignとAdobe Experience Cloud ソリューション間で利用できる機能統合について詳しくは、を参照してください。 このページ.

Adobe Campaignと統合できるAdobeソリューションおよびアプリケーションサービスの完全なリストと関連ドキュメントについては、を参照してください この節.

CAUTION
これらの統合機能を使用するには、AdobeのIdentity Management System (IMS)を実装し、Adobe ID経由でログインする必要があります。 詳しくは、このページを参照してください。

ソリューションのリンク working-with-experience-cloud-solutions

複数のソリューションを Adobe Experience Cloud にリンクできます。組織 ​とは、管理者がグループとユーザーを設定し、Adobe Experience Cloud でのシングルサインオン(SSO)を制御できる顧客エンティティのことです。組織は、すべての Experience Cloud 製品およびソリューションにまたがるログイン会社のように動作します。ほとんどの場合、組織は勤務先の会社名です。ただし、1 つの会社が多くの組織を持つことができます。

組織の管理とAdobe Experience Cloud アカウントのリンクについて詳しくは、以下を参照してください Adobe Experience Cloud ヘルプポータル.

Adobe Campaignのインストール時、または既存のインストールとAdobe Experience Cloudの統合時に、 Adobe Experience Cloud ID サービス が有効になっています。 このサービスは、Adobe Campaign がトラッキング機能のために最初に使用した永続 Cookie を置き換えます。

Adobe Experience Cloud ID サービス(ID サービス)は、Experience Cloud 内のすべてのソリューションをまたいで訪問者を識別する、永続的な汎用 ID を提供します。

固有の訪問者 ID が受信者に割り当てられ、トラッキングログが生成されます。この ID は nms:trackingLogRcp テーブルの「リクエスター UUID (@sourceID)」フィールドに保存されます。そのため、訪問者 ID サービスが実装される前に存在していた受信者のトラッキングデータは、これ以降使用することはできません。

この ID は、他の Adobe Experience Cloud ソリューションにより、同じ CNAME で認識されます。詳細情報.

Experience Cloud との統合 experience-cloud-integrations

次の表から、使用可能な Experience Cloud 統合ドキュメントにアクセスできます。

ソリューションとアプリ
ユースケース
アドビのリアルタイムカスタマーデータプラットフォーム(RTCDP)

Adobe CampaignとAdobe Real-time Customer Data Platform(RTCDP)の統合を設定して、セグメントデータを共有し、オーディエンスをAdobe Campaignに読み込みます。

Campaign とアドビのリアルタイム顧客データプラットフォーム(CDP)の統合について詳しくは、こちらを参照してください。

Adobe Identity Management システム(IMS)- Adobe ID

Adobe IMSを設定し、他のAdobe Experience Cloud ソリューションと同じAdobe IDでAdobe Campaignに接続します。
Adobe Experience Cloud統合にリンクされた特定の機能を使用するには、Adobe IDを使用してログインする必要があります。

Adobe Campaign での Adobe ID の実装について詳しくは、こちらを参照してください。

Adobe Experience Manager

この統合を設定すると、Adobe Campaign データベースに直接マッピングされたメールコンテンツまたはフォームをで作成できます。 Adobe Experience Manager.

Adobe Campaign と Adobe Experience Manager の統合について詳しくは、こちらを参照してください。

Adobe Target

によって動的に計算される画像を挿入する場合は、この統合を設定します。 Adobe Target Adobe Campaignが作成および送信した電子メールが開封された時点。

Adobe Campaign と Adobe Target の統合について詳しくは、こちらを参照してください。

Adobe Audience Manager

この統合を設定すると、Adobe Experience Cloud ソリューションと使用するアプリ間でオーディエンスを共有できます。

詳細情報 Adobe CampaignとAdobe Audience Managerの統合について

アセット

この統合を設定すると、Adobe Campaign ライブラリからAdobe Experience Cloudで作成されたメールとランディングページにアセットを挿入できます。

詳細情報 Adobe Campaignについて – Assets の統合

AEM Assets

からアセットを挿入するには、この統合を設定 AEM Assets Adobe Campaignで作成されたメールおよびランディングページへのライブラリ。

Adobe Campaign と AEM Assets の統合について詳しくは、こちらを参照してください。

Experience Cloud Triggers

間の統合の設定 Adobe Experience Cloud Triggers さらに、Adobe Analyticsによって web サイト上でトラッキングされる特定の行動に対する反応として、パーソナライズされたメールを顧客に送信するAdobe Campaignも用意されています。

Adobe Campaign と Experience Cloud Triggers の統合について詳しくは、こちらを参照してください。

Adobe Analytics Connector

この統合を設定すると、メールキャンペーン後のユーザー行動に関するセグメントについて、Adobe CampaignとAdobe Analyticsがやり取りできるようになります。 このコネクタは、Adobe Campaign から配信された メールキャンペーンの指標と属性を Adobe Analytics に送信します。

Campaign と Analytics のコネクタでの統合に関する詳細情報

recommendation-more-help
601d79c3-e613-4db3-889a-ae959cd9e3e1