[v8 にも適用されます]{class="badge positive" title="Campaign v8 にも適用されます"}

オーディエンスを Adobe Experience Cloud と共有する sharing-audiences-with-adobe-experience-cloud

CAUTION
オーディエンスを Adobe Experience Cloud ソリューションと共有するには、Adobe Identity Management システムを実装する必要があります。IMS の詳細を説明します

Adobe Campaignを使用すると、オーディエンスとセグメントをAdobe Experience Cloud サービスと共有できます。 次の 2 つのオプションを使用できます。

  1. Adobe Experience Platform セグメントデータを Adobe Campaign に送信します。この統合を実装するには、リアルタイム顧客データプラットフォーム(RTCDP)を Campaign に接続する必要があります。詳しくは、この節を参照してください。.

  2. の統合 Adobe Campaign (を使用) Experience Cloudオーディエンス または Adobe Audience Manager. 統合すると、次のことが可能になります。

    • 共有されたオーディエンスまたはセグメントを、他の Adobe Experience Cloud ソリューションから Adobe Campaign にインポートします。オーディエンスは Adobe Campaign のリストを使用してインポートできます。

    • Adobe Experience Cloud 共有オーディエンスのフォームでリストをエクスポートします。これらのオーディエンスは、お使いの他の Adobe Experience Cloud ソリューションで使用できます。オーディエンスは、ワークフローでターゲティングした後、専用の​ 共有オーディエンスの更新 ​アクティビティを使用してエクスポートできます。

この統合では、2 つのタイプの Adobe Experience Cloud ID をサポートしています。

  • 訪問者 ID:このタイプの識別子は、Adobe Experience Cloud の訪問者を Adobe Campaign 受信者に紐付けします。

  • 宣言済み ID:このタイプの識別子は、すべてのタイプのデータを Adobe Campaign データベース内の要素に紐付けします。Adobe Campaign では、事前定義された紐付けキーとして示されます。

    note note
    NOTE
    宣言済み ID データソースを、Experience Cloudのアセット統合でも使用できるようになりました。
recommendation-more-help
601d79c3-e613-4db3-889a-ae959cd9e3e1