Report Builder の設定

設定」ペインを使用して、UI で表示される言語やオフラインモードで動作するかどうかなど、アプリケーションレベルの設定を行います。設定は直ちに適用され、変更されるまで、今後のすべてのセッションに対して設定されます。

Report Builder 設定を変更するには

  1. 設定」アイコンをクリックします。

  2. 「オフラインモードの有効化」、「言語の選択」、「トラブルシューティングのログ設定の有効化」などの変更を行います。

  3. 適用」をクリックします。

    Report Builderと適用ボタンを示すキャンセル日付範囲ペイン。

オフラインモード

オフラインモードでデータブロックを作成および編集する場合、データは取得されません。代わりに、リクエストの実行を待たずに、データブロックをすばやく作成および編集できるよう、シミュレーションデータを使用します。オンラインに戻ったときに、「データブロックの更新」コマンドまたは「すべてのデータブロックの更新」コマンドを使用すると、作成したデータブロックが実際のデータに更新されます。

オフラインモードを有効にするには

  1. 設定」アイコンをクリックします。

  2. オフラインモードを有効にする」を選択します。

  3. ダミーデータの表示方法」フィールドに正の整数を入力します。

  4. 適用」をクリックします。

言語

Report Builder UI の言語を選択できます。サポートされている Adobe Analytics の言語はすべて利用できます。

Report Builder UI で使用する言語を選択するには

  1. 「設定」をクリックします。

  2. 言語」ドロップダウンメニューから言語を選択します。

    Report Builderを選択した言語リストを表示する言語日付範囲ペイン。

  3. 適用」をクリックします。

トラブルシューティング

トラブルシューティング設定を使用して、すべてのクライアント/サーバーデータをローカルファイルに記録します。このオプションを使用して、サポートチケットの解決に役立てます。

「トラブルシューティング」オプションを有効にするには、「Report Builder リクエストをローカルファイルに記録」を選択します。

recommendation-more-help
080e5213-7aa2-40d6-9dba-18945e892f79