特殊なレポート設定

タブ
パラメーター
説明
該当なし
Name
(オプション)レポートおよびテンプレートの名前(レポートをテンプレートとして保存する場合)。 既存のテンプレートを適用する場合、テンプレート名はデフォルトで入力されます。 テンプレートを適用しない場合や、名前を入力しない場合、レポートの名前はになります。 <client name>-<date and time>-<report type> (例:「acme - 2009 年 4 月 3 日 11 日」):25:デフォルトでは、午前 19 時(PDT — キーワード)に設定されています。

オプションでカスタム名を入力できますが、ファイル拡張子は使用しません。

テンプレートを作成して FTP ディレクトリへのレポートの送信を使用する場合は、オプションでファイル名の任意の場所に「CSV」(大文字)を含めて、デフォルトの TSV 形式ではなく CSV 形式のファイルを作成できます。 詳しくは、 FTP ディレクトリに送信されるレポートのファイル名の要件.
Save as template
(スケジュールに従ってレポートを実行する場合を除くオプション)レポート設定をテンプレートとして保存します。テンプレートは、 Reports > Report Templates ビューを表示して、新しいレポートを作成する際に再利用できます。 レポートをテンプレートとして保存するには、チェックボックスをオンにします。

スケジュールに従ってレポートを実行するには、設定をテンプレートとして保存する必要があります。

注意: 既存のテンプレートに基づいている場合でも、現在のパラメータのセットを新しいテンプレートとして保存できます。
Type
生成するレポートタイプ。
Basic Settings
Template
(オプション)適用するレポートテンプレート。テンプレートに従ってレポートオプションが事前入力されます。 レポートタイプ用に保存され、自分が使用できるすべてのテンプレートが表示されます。

テンプレートを選択した場合でも、レポートのオプションは変更でき、レポートを新しいテンプレートとして保存することもできます。
Data Aggregation

(Forecast Accuracy Report only) レポートの各行に表示する時間単位。 Summary (the default), Daily, Weekly (その後、週の最初の曜日を指定します)。 Monthly, Quarterly, Yearly または Day of Week (基本レポートのみ)。

レポートには、指定した日付範囲の各時間単位に対して、キーワードごとに 1 つの行または他の項目が表示されます。 例えば、「 Summary と日付範囲 Last 7 Days キーワードレポートの場合、レポートには各キーワードに対して 1 行が表示され、それぞれの行で 7 日間の合計と平均が集計されます。 と同じレポート Daily データ集計には、過去 7 日間(キーワードごとに 7 行)のキーワードごとに 1 行が含まれます。

メモ:

  • 時間ごとにデータを集計する場合は、「Hourly"または"Day of Week (Hourly)"集計:
    • 最近の 14 日間のデータを表示できます。 このレポートには、24 時間形式で時間別にデータが表示されます。 "0" 00 を含む:01-00:59 (12):01-12:(午前 59 時)および「23" 23 を含む:01-23:59 (11):01-11:午後 59 時 )。
    • 「Device「 」列はサポートされていません。
    • の Ad Group Report、「Data Based On"オプション"Portfolio Configuration During the Specified Dates」はサポートされていません。
    • の Ad Group Reportを使用する場合、時間別データのベースとして設定できるのは、現在のポートフォリオ設定 (Data Based On"オプション"Current Portfolio Configuration")。指定された日付のポートフォリオ設定ではありません。
Conversions Based on

(AdWords Shopping Performance Report, Campaign Daily Impression Share Report、および Keyword Daily Impression Share Report コンバージョンデータのレポート方法は次のとおりです。

  • Transaction date (デフォルト):指定した期間にトランザクション日が発生したトランザクションを表示します。 このオプションは、指定した期間内に獲得した売上高を表示します。
  • Click date: 指定した期間に発生したクリックに起因するトランザクションを確認する。 ポートフォリオでクリック数とトランザクション数の間に大きな遅延が生じる場合、このオプションは、ポートフォリオのクリックあたりの過去の売上高を計算するのに役立ちます。これは、期間の経過と共に予想される売上高行動を示します。
Date Range

データを生成する日付範囲:

  • [プリセット範囲]: 共通の時間増分のリスト ( Today から Last 180 Days. デフォルトはです。 Last 7 Days:データを使用できる過去 7 日間の期間をレポートします。 注意: Last Month, Last 3 Months、および Last 6 Months 前の暦月のデータを表示します。
  • Custom Date Range: 開始日と終了日を指定します。 MM/DD/YYYY または M/D/YYYY の形式で日付を入力するか、 カレンダー をクリックし、日付を選択します。
Compare With

指定した日付範囲のデータと 2 番目の日付範囲のデータを比較します。 このオプションを選択すると、通常のデータ列ごとに 2 つの列が追加されます。 例えば、「インプレッション数」の列を 1 つだけ含める代わりに、「Impressions Range 1," "Impressions Range 2,"および"Impressions Difference."

メモ:

  • カスタム指標または派生指標の差異列は表示されません。
  • 大きな日付範囲を比較するレポートの生成には、時間がかかります。
Show Comparison Data as

(「Compare With」が選択されている場合 ) [データフィールド] Difference"列:

  • Variance (デフォルト):差異を数値として表示します。
  • % Change: 差異をパーセンテージで表示します。
Filter By

(RSA Asset Report, Campaign Daily Impression Share Report、および Keyword Daily Impression Share Report (専用)特定のポートフォリオのデータをレポートするか、特定の広告ネットワークのデータをレポートするかを選択します。

  • Portfolio (デフォルト):キャンペーンのデータを 1 つ以上のポートフォリオに含めます。
  • Search Engine: 1 つ以上の広告ネットワークにキャンペーンのデータを含める場合は、レポートタイプに該当します。
[プライマリフィルター]

含めるデータコンポーネント。 選択しない場合、すべてのポートフォリオ(該当する場合)、または該当するすべての広告ネットワークとそのサブコンポーネントのデータがレポートに含まれます。 オプションで、個々のコンポーネントとサブコンポーネントを指定して、レポートするデータを絞り込むことができます。 レポートのタイプと(該当する場合)ポートフォリオまたは広告ネットワークでフィルタリングするかどうかに応じて、含めるコンポーネントを指定します。

  • Portfolio: 1 つ以上のポートフォリオまたはそのサブコンポーネント(キャンペーンまたは広告グループ)。 コンポーネントとそのすべてのサブコンポーネントを選択するには、コンポーネント名の横にあるチェックボックスをオンにします。 サブコンポーネントを選択するには、サブコンポーネント名の横にあるチェックボックスを選択し、 >> をクリックして、サブコンポーネントを Selected Filters 列。 例えば、Portfolio1 とそのすべてのキャンペーンおよび広告グループのデータを取得するには、「Portfolio1」の横のチェックボックスをオンにします。 Portfolio1 のキャンペーン 1 で少なくとも 1 つのイベントが発生したときにデータを取得するには、Portfolio1 を展開し、「キャンペーン 1」の横のチェックボックスのみを選択します。
  • Search Engine: 1 つ以上の広告ネットワークまたはそのサブコンポーネント(アカウント、キャンペーン、広告グループ)。 コンポーネントとそのすべてのサブコンポーネントを選択するには、コンポーネント名の横にあるチェックボックスをオンにし、 >> をクリックして、 Selected Filters 列。 サブコンポーネントを選択するには、サブコンポーネント名の横にあるチェックボックスを選択し、 >> をクリックして、サブコンポーネントを Selected Filters 列。 例えば、 Google Ads アカウント、キャンペーンおよび広告グループ:の横にあるチェックボックスをオンにします。 Google AdWords. でキャンペーン 1 のデータのみを取得するには、以下を実行します。 Google Ads アカウント 1、展開 Google Ads 「アカウント 1」を選択し、「キャンペーン 1」の横のチェックボックスのみを選択します。

メモ:

  • リスト内のコンポーネントを展開するには(広告ネットワーク上のアカウントのリストを表示するなど)、 右向き矢印アイコン をクリックします。
  • 項目の種類を確認するには、その上にカーソルを置きます。
  • デフォルトでは、a) アクティブで最適化されたポートフォリオとそのアクティブなコンポーネント、または b) アクティブで有効な広告ネットワークアカウント、キャンペーン、およびそのアクティブなコンポーネントのみが表示されます。 一時停止および削除されたコンポーネントを表示するには、 下向き矢印 次の Show を選択し、 All.
  • ポートフォリオ別に詳細レポートを生成すると、結果のデータは、指定したポートフォリオに現在マッピングされているキャンペーンのデータになります。 レポートには、日付範囲内にポートフォリオに含まれていたが、まだ存在していないキャンペーンのデータは含まれません。
Columns
[ レポートの列]

レポートに表示されるデータの列と順序は次のとおりです。

  • 列を追加するには、左の列の指標名をクリックし、 右矢印 .
  • 列を削除するには、右側の列の指標名をクリックし、 左矢印 .
  • レポート内の列を左に移動するには、右の列の指標名をクリックし、 上向き矢印 .
  • 列をレポート内で右に移動するには、右の列の指標名をクリックし、 下向き矢印 .

メモ:

  • 特定のタイプのデータのみをリストするには、リストの上にある次のいずれかのアイコンをクリックします。

    • プロパティ 広告ネットワークアカウントまたはポートフォリオコンポーネントのプロパティ名と ID( 例: Campaign Status<.li
    • トラフィック指標 標準のトラフィック指標(インプレッション数およびクリック数など)
    • 売上高指標 広告主に対してトラッキングされるコンバージョン指標 (Adobe Analyticsから同期されたコンバージョンおよびサイトエンゲージメント指標を含む ) の場合
    • 派生指標 広告主が作成したカスタム派生指標の場合
    • ラベルの分類 (キャンペーン、広告グループ、広告バリエーション、キーワード、製品グループの各レポートのラベル分類のみ)
  • デフォルトでは、レポート内のすべての金額データは、米ドルの形式(1,000.00 など)で表示されます。 値を正しい通貨形式で(ただし、CSV 形式と TSV 形式の通貨記号を含まない)表示するには、Currency」列に表示されます。 異なる通貨のアカウントのデータがレポートに含まれる場合は、Total「通貨の値は、通貨に関係なく、列内のすべての数値の合計に過ぎません。

  • 多くのコンバージョン指標を含むレポートや、多くのコンバージョン指標を含むカスタム派生指標は、生成に時間がかかる場合があります。

  • 新しい指標を追加、作成または編集するには、「カスタム指標の作成," "カスタム指標の編集,"および"カスタム指標の削除."

  • 使用可能なすべての列の説明については、「基本レポート列と高度なレポート列."

Order Results/Limit Rows by
レポートに含まれる最大 2 列までレポートを並べ替えます。 デフォルト値は、レポートタイプごとに異なります。 並べ替え順をカスタマイズするには、レポート列を選択し、 Ascending (結果を A から Z、または 1 から 100 の間で表示)または Descending (Z から A、または 100 から 1 の結果を表示)。 並べ替える列を少なくとも 1 つ指定してください。 2 列で並べ替えた場合、レポートは最初に指定された列で並べ替えられ、次に 2 列目で並べ替えられます。
Include assets with no performance data, except for assets with zero lifetime data
(RSA Asset Report only) 指定した日付のパフォーマンスデータを使用できない行を含み、見つからないデータにゼロ (0) の値を挿入します。 デフォルトでは、このオプションは選択されておらず、データ(値に関わらず)が使用可能な場合にのみ行が表示されます。

このオプションを選択すると、レポートには、キャンペーンを使用しない広告ネットワークアカウントと、アクティブなキーワードを使用しないキャンペーン、およびデータ範囲全体で無効、一時停止、削除されたコンポーネントのパフォーマンスデータが含まれます。 また、RSA Asset レポートには、全アセットの行が表示されます。ただし、ライフタイム・データがゼロのアセットは除きます。

警告: このオプションを選択し、データのない多くのサブコンポーネントに対して大きな日付範囲のレポートを作成する場合は、レポートの生成に長い時間がかかる場合があります。
Share with others
同じ広告主のデータにアクセスできる他のユーザーが、生成されたレポートを表示したり、(レポートをテンプレートとして保存した場合に)テンプレートを使用して、編集または削除しないようにできます。 デフォルトでは、このオプションは選択されていません。 注意: この設定に関係なく、上位(管理者)の役割を持つすべてのAdobeと、割り当てられたすべてのユーザーアカウントチームメンバーに対して、レポートとテンプレートが常に表示されます。
Advanced Filters
[ 詳細フィルター]

指標の値が指定された条件を満たす場合にのみ行を返します。この指標をレポートの列として含める必要はありません。 使用可能な指標のリストは、レポートタイプによって異なりますが、広告主のカスタム派生指標、各広告ネットワークおよびポートフォリオコンポーネントの ID およびプロパティ名 ( Campaign ID および Campaign Status)、広告主のコンバージョン指標、および広告ネットワークからのクリック関連指標。 使用可能な演算子は次のとおりです。 contains, starts with, equals, is greater than, is greater than or equal to, is less than, is less than or equal to または isn’t equal to.

1 つ以上のフィルターを適用するには、次の手順を実行します。

  • 指標と演算子を選択し、適切な値を入力します。 例えば、100 回を超えるクリック数のキーワードのみを返す場合は、 Clicksを選択します。 >をクリックし、入力フィールドに「 100 」と入力します。
  • (追加のフィルターを適用する場合)追加のフィルターごとに、 +Add Filter ​を選択します。 AND または OR ​で、指標と演算子を選択し、該当する値を入力します。
Attribution
Rule

( ピクセルベースのコンバージョントラッキングAdobe Advertisingを使用する広告主のみ ) AdWords Shopping Performance Report, Campaign Daily Impression Share Report、および Keyword Daily Impression Share Report (のみ)レポート内で、コンバージョンデータの属性を設定する方法(複数の広告チャネルやポートフォリオ mdash にまたがる可能性があります)。コンバージョンにつながる一連のイベント:

  • First Event: コンバージョンを、広告主の ルックバックウィンドウをクリック また、有料クリックが発生しなかった場合は、広告主の インプレッションのルックバックウィンドウ.
  • Weight First Event More: コンバージョンを、広告主の ルックバックウィンドウをクリック および インプレッションのルックバックウィンドウが含まれますが、最初のイベントに最も大きな重みを付け、以降のイベントに対する重み付けを徐々に小さくします。 コンバージョンの前に有料クリック数とインプレッション数の両方がある場合、指定したインプレッションの上書きの重み付けがさらにインプレッションに適用されます。 コンバージョンの前にインプレッションのみが付く場合、インプレッションの上書きの重みではなく、広告主のビュースルーの重みに従ってインプレッションが重み付けされます。
  • Even Distribution:
  • コンバージョンを、インプレッションのオーバーライドの重みではなく、シリーズ内の各イベントに対して、広告主のビュースルーの重み付けに等しく属性付けします。 Weight Last Event More: コンバージョンを、広告主の ルックバックウィンドウをクリック および インプレッションのルックバックウィンドウただし、最後のイベントに最も重み付けを適用し、前のイベントに対する重み付けを徐々に減らします。 コンバージョンの前に有料クリック数とインプレッション数の両方がある場合、指定したインプレッションの上書きの重み付けがさらにインプレッションに適用されます。 コンバージョンの前にインプレッションのみが付く場合、インプレッションの上書きの重みではなく、広告主のビュースルーの重みに従ってインプレッションが重み付けされます。
  • Last Event (デフォルト):コンバージョンを、広告主の ルックバックウィンドウをクリック また、有料クリックが発生しなかった場合は、広告主の インプレッションのルックバックウィンドウ.
  • U 字形: コンバージョンを、広告主の ルックバックウィンドウをクリック および インプレッションのルックバックウィンドウでは、最初のイベントと最後のイベントに最も重み付けが適用されます。また、コンバージョンパスの途中にあるイベントに対する重み付けも徐々に少なくなります。 コンバージョンの前に有料クリック数とインプレッション数の両方がある場合、指定したインプレッションの上書きの重み付けがさらにインプレッションに適用されます。 コンバージョンの前にインプレッションのみが付く場合、インプレッションの上書きの重みではなく、広告主のビュースルーの重みに従ってインプレッションが重み付けされます。

メモ:

  • 以下を除くすべての属性ルール Last Event は、Adobe Advertisingクリックトラッキングを使用し、(Adobe Analytics統合を使用して )Adobe AdvertisingまたはAdobe Analyticsのコンバージョントラッキングを使用する広告主のみが利用できます。
  • アトリビューションルールは、任意のチャネルのディスプレイ広告に対するインプレッション数および有料広告に対するクリック数に適用されます。 有料検索やソーシャル広告のインプレッション数には適用されませんが、イベントレベルでは追跡できません。
  • コンバージョンデータをレポートする際に、「Last Event「 」ルールを使用する場合、コンバージョンにつながるイベントは複数のポートフォリオにわたって発生する可能性があります。 複数のポートフォリオでイベントが発生した場合、レポートには、ポートフォリオ内の広告やキーワードがレポートに含まれる場合にのみ、コンバージョンに関するデータが含まれます。
  • (Transaction Report)「 」を除く任意の属性ルールを使用してトランザクションをレポートする場合Last Event"または"First Event」と表示される場合、レポートにはトランザクションパスの各イベントに対して 1 行が表示されます。
Impression Override Weight
(以下を除くすべての属性ルールに対して) Last Event または First Event) コンバージョンの前に有料クリック数とインプレッション数が付いている場合、指定した割合のコンバージョン値を、広告主の インプレッションのルックバックウィンドウ. デフォルトでは、この値は 10%です。値は 0 ~ 100 の任意の整数に変更できます。 この値は、レポート内でのみ使用されます。

コンバージョンの前にインプレッション数のみがある場合、広告主の ビュースルーの重みは、インプレッションの上書きの重み付けではなく、インプレッションに適用されます。
Conversion Attribution

(表示キャンペーンにのみ適用) AdWords Shopping Performance Report ) 前のイベントが発生した場合にレポートするコンバージョンのタイプ:

  • Clicks: クリックによるコンバージョンのみをレポートする場合。 各コンバージョン名には、「(CT)."

  • View-throughs Only: :ビュースルーによって生じたコンバージョンのみをレポートする場合。 各コンバージョン名には、「(VT)." このオプションを選択する場合、各コンバージョンに与える値を選択します。 「ビュー・スルー評価方法」ボックスで、次のオプションを選択します。

    • Raw: 重み付けを加えずにコンバージョンを報告する。 li> Weighted (デフォルト):広告主に指定されたビュースルーの重みに従って、各コンバージョンの重みを付けます。
  • Clicks + View-throughs: すべてのコンバージョンをレポートする。 デフォルトでは、各コンバージョン名に「(CT+VT)." このコンバージョンアトリビューションタイプには、次の 2 つの追加オプションが含まれています。

    • Discreet columns for click & view-through conversions — 含めるコンバージョンタイプごとに 3 つの異なる列が含まれます。1 つはクリックスルーコンバージョンで、それぞれに"(CT)", 2) ビュースルーコンバージョン。"(VT)"、3) およびすべてのコンバージョンには、"(CT+VT)." このオプションを選択する場合、「Filter & sort using"リスト: click (デフォルト)、 view-through または click + view-through.

      注意: 検索キャンペーンのコンバージョンは、クリックスルーの列には表示されますが、ビュースルーコンバージョンの列には表示されません。
    • View-through valuation method:ビュースルーによって生成される各コンバージョンに与える値。
      • Weighted (デフォルト):広告主に指定されたビュースルーの重みに従って、各コンバージョンの重みを付けます。 Raw: 重み付けを加えずにコンバージョンを報告する。
Conversion Attribution > Discrete columns for cross device conversions
廃止
Scheduling and Delivery
Report Schedule
( オプション。「Save as template」オプションが選択されている場合 )、レポートを実行するタイミング: Now (レポートを 1 回だけ実行する場合。デフォルト) Daily, Weekly on [曜日] または Every Month [日]. を除くすべての期間 Now」で、広告主のタイムゾーンの時間(午前 9 時から開始)を選択します。
Email Recipients
注意: この設定は、 Reports が 内で有効 Notification Center.

レポートの完了時またはエラーが原因でキャンセルされた際に通知を送信する、登録された検索、ソーシャルおよびコマースユーザーの電子メールアドレス。 デフォルトでは、ユーザーアカウントのアドレスが入力されます。 複数のアドレスを指定する場合は、コンマ、スペース、または改行で区切ります。 レポートの実行が繰り返し実行されるようにスケジュールされている場合は、レポートが完了するたびに通知が送信されます。
Email Notification

注意: この設定は、 Reports が 内で有効 Notification Center.

(When Email Recipients (が指定されている場合)指定したアドレスへの電子メール通知に含める内容:

  • Notification Only (デフォルト):レポートの完了または失敗の通知のみ(添付ファイルなし)を送信します。 通知には、すべてのレポート形式用の一時的なダウンロードリンクが含まれます。
  • XLS Attachment: ファイルが約 10 MB 未満の場合は、完成したレポートのコピーを XLS 形式で含めます。 1 MB を超えるファイルは圧縮されます。
  • TSV Attachment: ファイルが約 10 MB 未満の場合は、完了したレポートのコピーを TSV 形式で含めます。 1 MB を超えるファイルは圧縮されます。
  • CSV Attachment: ファイルが約 10 MB 未満の場合に、完了したレポートのコピーを CSV 形式で含める。 1 MB を超えるファイルは圧縮されます。
recommendation-more-help
bba95088-f653-468b-a1c0-bd1dbc81025c