の作成 Google Ads Adobe Campaign電子メールリストからの顧客一致オーディエンス

Google Adsカスタマーマッチの条件を満たすアカウント

次の項目を作成できます。 Google Ads Adobe Campaign内の電子メールリストからの顧客一致オーディエンス ( Campaign.

これをおこなうには、 Campaign インスタンスと、必要なワークフローを含む XML ファイル (Adobeアカウントチームから提供される )。 手順は、 Campaign. 必要に応じて、Adobeアカウントチームが Campaign.

  1. 広告検索、ソーシャルおよびコマースで指定された SFTP アカウントの資格情報を取得します。

  2. In Campaign、Advertising Search、Social、および Commerce への電子メールリストの配信を設定します。

    1. の作成 外部アカウント Search、Social および Commerce が提供する SFTP アカウントをリンクするには:

      1. 左のメニューから、に移動します。 [Adobe Campaign v6] > Platform >External Accounts.

      2. クリック アカウントを作成 .

      3. アカウントのラベルを入力し、「 」を選択します。 SFTP をアカウントタイプとして設定します。

      4. の URL とポート番号を入力します。 Adobe SFTP サーバーと、広告主のフォルダー名、ユーザー名、パスワード。

      5. クリック Save.

    2. In Campaign Client、電子メールデータの送信に必要なワークフローを含むデータパッケージをインストールします。

      1. メニューバーから、に移動します。 Tools> Advanced >Import Package.

      2. 選択 Install a package from a file ​をクリックし、 Next.

      3. データパッケージファイル (AMO_Workflow.xml) をクリックし、 Next.

      4. クリック Start ワークフローがインストールされるまで待ちます。

    3. インストール済みのワークフローを編集し、オプションでデータクエリのフィルターを編集し、新しいオーディエンス名と外部 SFTP アカウントを特定します。

      1. に移動します。 Administration> Configuration > Package management >Installed packages パッケージを開きます。

      2. (オプション)データの次のいずれかのフィルターを編集します。

        • ワークフローで、クエリアクティビティ( ForkTransition 1 など)をダブルクリックします。

        • フィルター式を編集します。

        • クリック Finish.

      3. セグメントに次の名前を付けます。

        • ワークフローで、「 」アクティビティをダブルクリックします。 Data extraction (File).

        • をに設定します。 Data extraction (File) タブ、 File name 「 」フィールドに、拡張子「 」を持つセグメント名を入力します。.added" (PaidSubscribers.added など)

          セグメント名が存在していない必要があります。 セグメント名では大文字と小文字が区別されます。また、ASCII 文字で構成する必要がありますが、アンダースコア (_) をクリックします。

          ただし、特定の Google Ad アカウントを作成し、セグメント名にアンダースコアと User SE Account ID ( 検索、Social および Commerce の ID は、 Google Ads アカウント(ネットワークのアカウント ID ではなく):

          _<User SE Account ID>

          例: Paid_Subscribers_1234.added

          note note
          NOTE
          これは、ファイル名でアンダースコアを禁止するルールの例外です。

          それ以外の場合、セグメントはすべての Google Ads 広告主に対して検索、ソーシャル、コマースを同期するアカウント。

        • オプションは次のままにします。 Generate an outbound transition 選択済み

        • クリック Ok.

      4. データの送信先の外部アカウントを指定します。

        • ワークフローで、「 」アクティビティをダブルクリックします。 File Transfer.

        • をに設定します。 File Transfer タブ、 Remote server セクションで、次のオプションを選択します。 Use an external account.

        • Adobe Analytics の External account 「 」フィールドで、手順 2 で作成した外部アカウントのラベルを選択します。

        • Adobe Analytics の Server folder フィールドで、 Account 外部アカウントのフィールド。

        • (オプション) Schedule タブで、別のファイル転送スケジュールを指定します。

          デフォルトでは、ワークフローは 0 時(午前 0 時)に実行され、すべてのレコードが処理されます。 待ち時間を最小限に抑えるには、ワークフローの実行スケジュールを 18:00 以下に設定します。

        • クリック Ok.

Social、Commerce は、30 分ごとにディレクトリをチェックし(広告主のタイムゾーンの NN:30 と NN:59)、見つけたファイルを別の場所に移動し、データからオーディエンスを自動的に作成し、22:00(午後 10 時)にGoogleにプッシュします。 検索、ソーシャル、コマースは、30 分ごとに電子メールリストの更新(追加と引き算)を引き続き確認し、 Google Ads 毎日 22:00 になります。

NOTE
  • 処理サイクルの間に 1 つのファイルの複数のバージョンをアップロードする場合は、最新のファイルが使用されます。

  • 検索、ソーシャル、コマースでは、電子メールリストの顧客データは保存されず、 Google Ads オーディエンス。

  • Google Ads オーディエンスの更新を処理するのに時間がかかる場合があります。

  • 詳しくは、 Google Ads カスタマーマッチの仕組みと制限に関するドキュメント.

recommendation-more-help
bba95088-f653-468b-a1c0-bd1dbc81025c