Google Analytics データソース設定

セクション
パラメーター
説明
Connect to Google Analytics
Google Analytics Account ID
の ID Google Analytics データの取り込み元となるアカウント。 データを取り込むための API 使用量は、すべて、指定したアカウントに請求されます。 アカウントは、指定された電子メールアドレスに対して「読み取りと分析」権限を付与する必要があります。

ID を見つけるには、にログインします。 Google Analytics. 左上で、 All accounts をクリックして、アカウントのリストを開きます。 各アカウントの ID は、アカウント名の下に表示されます。
Google Analytics Login
このデータソースのデータへのアクセスに使用するログイン/電子メールアドレスを指定します。 ログインは、 Google アカウントに追加し、 Google Analytics アカウント。 詳しくは、 でのユーザー権限の割り当て手順 Google Analytics.

注意: このログインアカウントのパスワードを変更すると、アカウントへのオープン接続はすべて閉じられます。 データの同期を再開するには、このページに戻り、 再認証.
Account Details
Google Analytics Account Name
(読み取り専用、接続されたアカウントのみ)アカウント名。
Google Analytics Property
のデータを収集する元となるプロパティ(Web サイト、モバイルアプリケーションまたはデバイス) Google Analytics アカウント。

複数のプロパティの指標を統合するには、プロパティごとに個別のデータソースを設定します。
Google Analytics View
アクセスするデータセットを含むビュー。 プロパティに複数のビューがある場合は、すべてのデータを含む、フィルターを適用していないビューを最上位レベルで取り込むことを検討してください。

同じプロパティに対して複数のビューの指標を統合するには、ビューごとに個別のデータソースを設定します。 ビューに重複するデータが含まれていないことを確認します。
Google Analytics Dimension
The Google Analytics Adobe Advertising「ef_id」クエリー文字列パラメーターの値を使用して設定されるカスタムディメンション。 正しいディメンションが表示されない場合は、 Google Analytics 実装チーム。

「ef_id」は、データを渡す主キーとして使用されます。 Google Analytics をAdobe Advertisingに追加します。
Import Metrics
Available Metrics
指定した Google Analytics データソース用に読み込まれない、カテゴリ別に整理されたプロパティおよびビュー。 このリストには、インポートされたわかりやすい名前とバックエンド名が含まれます(「ga」で始まります)。 を設定します。 The Refresh 「 」ボタンをクリックすると、リストが Google Analytics.

使用可能な指標をインポートするには、 Selected Metrics 」セクションに入力します。

参照:利用可能 Google Analytics Advertising Cloudの指標."
選択した指標

指定した Google Analytics データソース用にインポートされるプロパティおよびビュー、および各指標の検証ステータス。 このリストには、インポートされたわかりやすい名前とバックエンド名 (「ga.」) を使用します。 各データソースには、削除できない 4 つのデフォルトのトラフィック指標 (Pageviews, Sessions, Bounces、および Session Duration) と、データを含まない最大 16 個の追加の有効な指標または指標。 指標リストはいつでも編集できます。

指標をインポートするには、 Available Metrics ウィンドウを開き、ここにドラッグします。

注意: Google Analytics では、1 つのデータフィードで最大 10 個の指標を許可します。 Search、Social、および Commerce の各データソースには、合計 20 個の指標を持つ最大 2 つのフィードを含めることができますが、2 番目のフィードを使用すると、API 呼び出しを Google Analytics. 指標が多い場合は、最適化の目的で使用する指標のみを選択します。 このプロジェクトのクォータは、で表示できます。 の Google API Console. 詳しくは、 への API リクエストのクォータと呼び出し制限 Google Analytics.

メモ:

  • わかりやすい名前は、 Admin > Transactions Properties 表示で、「 」が付加されている_ga:<metric_tag configured="" in="" the="" metric="" tag="" field="">" (例: "Pageviews_ga:UK")。 オプションで、カスタム目標とカスタム指標の表示名を編集できますが、一般的な指標の表示名はすべて、 Google Analytics指定したタグが付加された
  • ページビュー数、セッション数、直帰率(バウンス/セッションとして計算)、セッション期間は、ポートフォリオ入札アルゴリズムに自動的に考慮されます。 ポートフォリオの目標には、他の指標を手動で追加できます。
  • データソースから指標を削除すると、Adobe Advertisingでは、通常の データ保持ポリシー.
指標タグ
指標タグ
選択した各項目に追加するタグ Google Analytics Adobe Advertising内の指標。先頭に「_ga:" ( 例: "Pageviews_ga:<metric_tag>」) をクリックします。 タグには 2 ~ 5 文字の英数字を使用でき、広告主で一意である必要があります。

このタグを使用すると、各指標のデータソースを識別できます。 各データソースには同じ指標名 ( Pageviews, Sessions, Bounces、および Session Duration、および潜在的に他の指標 )。 異なる指標タグを追加すると、指標名が重複するのを防ぎます。

例えば、UK プロパティと JP プロパティに対して個別の統合を設定する場合、指標タグとして「UK」と「JP」を使用できます。 The Pageviews 次に、2 つのプロパティの指標が、Adobe Advertisingに応じて「Pageviews_ga:UK」および「Pageviews_ga:JP」として表示されます。
recommendation-more-help
bba95088-f653-468b-a1c0-bd1dbc81025c