の設定 Google Analytics データソースとして表示

代理店管理者、代理店のアカウントマネージャ、Adobeのアカウントマネージャ、および管理者のみ

次の時間ごとに 1 つのデータソースを作成できます Google Analytics アカウント、プロパティ、ビューの組み合わせ。

単一のプロパティに対して複数のプロパティの指標や複数の表示の指標を統合するには、それぞれに対して個別のデータソースを設定します。

  1. の統合に関するすべての前提条件を実行します。 Google Analytics アカウント.

  2. メインメニューで、 Search> Admin >Data Source Setup.

  3. データテーブルの上にあるツールバーで、 作成 .

  4. Adobe Analytics の Deployment Prerequisites ダイアログで、必要なカスタム寸法「ef_id」が Google Analytics アカウントを選択し、「 Continue.

    一部の前提条件が、組織の他の役割によって実行されている可能性があります。 前提条件についてご質問がある場合は、Adobeアカウントチームにお問い合わせください。

  5. 次を入力します。 データソース設定:

    1. Adobe Analytics の Connect to Google Analytics 「 」セクションで、以下の操作を実行します。

      1. の数値 ID を入力します。 Google Analytics アカウント。

      2. このデータソースのデータへのアクセスに使用する電子メールアドレスを入力します。 電子メールアドレスを Google アカウントに追加し、 Google Analytics アカウント。 詳しくは、 でのユーザー権限の割り当て手順 Google Analytics.

        note tip
        TIP
        特定の Google Analytics プロパティとビューは、Adobe Advertising内で使用できます。プロパティとビューにのみアクセスできる電子メールアドレスを使用してログインします。
        note note
        NOTE
        後でこの電子メールアカウントのパスワードを変更すると、電子メールアカウントへのオープン接続はすべて閉じられます。 データの同期を再開するには、このページに戻り、 再認証.
      3. アカウントの指標へのアクセスをAdobe Advertisingに許可する場合は、「 」チェックボックスを選択します。

      4. クリック Authenticate.

    2. Adobe Analytics の Account Details 「 」セクションで、インポートする指標のプロパティと表示を指定します。 また、「ef_id」クエリー文字列パラメーターの値を使用して設定されるカスタムディメンションを指定します。

    3. Adobe Analytics の Import Metrics 「 」セクションで、フィードに含める指標を指定します。

      削除できません Pageviews, Sessions, Bouncesまたは Session Duration:自動的に含まれます。 データを含まない有効な指標または指標は、最大 16 個追加できます。

      note warning
      WARNING
      Google Analytics では、1 つのデータフィードで最大 10 個の指標を許可します。 検索、ソーシャル、コマースでは、合計 20 個の指標を持つ最大 2 つのフィードをサポートできますが、2 番目のフィードを使用すると、API 呼び出しを Google Analytics. 指標が多い場合は、最適化の目的で使用する指標のみを選択します。 詳しくは、 への API リクエストのクォータと呼び出し制限 Google Analytics.
    4. Adobe Analytics の Metric Tag 「 」セクションで、データソースの各指標に追加するタグの名前を入力します。

  6. 右上で、 Post.

    データソースの名前は「AccountName/PropertyName/ViewName」で、自動的にアクティブ化されます。 データソースを一時停止するには、データソースからのフィードの一時停止."

    指標は、毎日のデータ同期が完了した翌日に使用できます。この日のデータ同期は、広告主のタイムゾーンの 05:00 に開始されます。 指標が使用可能になると、 Admin > Conversions. 新しいコンバージョン指標の名前は、それぞれ「ga:backEndMetricName_propertyID_viewID、「 」(「backEndMetricName」は API で使用される指標名) 新しい各コンバージョン指標の表示名は、「friendlyMetricName_ga:MetricTag(「friendlyMetricName」は、 Google Analytics また、「MetricTag」は Metric Tag データソース設定で定義されます。

    キャンペーン管理、ポートフォリオ管理のビュー、レポート、最適化の目標に指標を直接追加できます。

recommendation-more-help
bba95088-f653-468b-a1c0-bd1dbc81025c