PREMIUM パーソナライゼーションインサイトレポート

Automated Personalization(AP)および自動ターゲット(AT)アクティビティのユーザーは、自動セグメントレポートと重要な属性レポートの 2 つの特殊なレポートを使用できます。

メモ

パーソナライゼーションインサイトレポートを使用する際は、次の点を考慮してください。

  • AP および AT アクティビティは、Target Premium ソリューションの一部です。これらは、Target Premium ライセンスのない Target Standard には付属していません。

  • パーソナライゼーションインサイトレポートは、コンバージョン最適化目標を使用する AP および AT アクティビティについてのみ使用できます。アクティビティがライブになった後で最適化目標が売上高からコンバージョンに変更されたアクティビティもサポートされません。

  • パーソナライ ゼーションインサイトレポートは、レポート指標ドロップダウンリストから プライマリGoalisが選択された場合に のみ使用できます。

  • パーソナライゼーションインサイトレポートは、デフォルト環境でのみサポートされています。

  • パーソナ ライゼーションインサイトレポートは、Livestatusに属し、アクティブ化さ れ、15日以上トラフィックを受け取ったアクティビティに対してのみ生成されます。

パーソナライゼーションインサイトレポートの概要

パーソナライゼーションインサイトレポートの目標は、AP および AT アクティビティの背後にある Target パーソナライゼーションモデルで訪問者トラフィックがどのようにパーソナライズされるかを詳細に示すことです。ランダムフォレストアルゴリズムは、Targetパーソナライゼーションモデルの基礎となります。

パーソナライゼーションインサイトレポートの目標は、 Targetパーソナライゼーションモデルがどの訪問者をコンテンツの一部に送信するかを把握することです。 パーソナライゼーションインサイトレポートは、APまたはATアクティビティが提供するすべてのトラフィックのサブセグメントのみを反映します。 具体的に言うと、これら 2 つのレポートは、パーソナライゼーションモデルを使用したすべてのトラフィックを反映します。つまり、パーソナライゼーションインサイトレポートでは、制御トラフィックや、勝者モデル全体で提供されるトラフィックは考慮されません。

2つのパーソナライゼーションインサイトレポートを使用できます。

レポート 詳細
自動セグメント AP/AT アクティビティでのオファーやエクスペリエンスへの反応は、訪問者によって異なります。このレポートは、Targetパーソナライゼーションモデルで定義された様々な自動セグメントが、アクティビティのオファー/エクスペリエンスにどのように反応したかを示します。
重要な属性 異なるアクティビティでは、モデルによるパーソナライゼーションの決定にとって重要な属性も多かれ少なかれ異なります。このレポートは、モデルに影響を及ぼした上位の属性とそれら属性の相対的重要性を示します。

パーソナライゼーションインサイトでの属性の解釈

パーソナライゼーションインサイトレポートで表される属性のうち、AP モデルまたは自動ターゲットモデルで使用されるものは、次の 2 種類です。

  • **で自動的に収集される属性:**TargetTarget では基本データセットを使用して、パーソナライゼーションインサイトに反映される AP アクティビティおよび AT アクティビティのパーソナライゼーションアルゴリズムを構築します。データ型、属性の例、パーソナライゼーションインサイトの命名規則について詳しくは、Target のパーソナライゼーションアルゴリズムのデータ収集を参照してください。これらの属性は考慮はされますが、個々のアクティビティの最終モデルでは、これらの属性がすべて使用されるとは限らないことに注意してください。
  • Target に渡される属性:Target のパーソナライゼーションアルゴリズムのデータのアップロードを参照してください。

Target には、追加のデータをに渡して、APおよびATアクティビティでのパーソナライゼ Target ーションアルゴリズムの構築に使用するベースデータセットをエンリッチメントする方法が多数用意されています。

データタイプ 説明 データタイプの命名規則
プロファイル属性(プロファイルスクリプト、プロファイル更新 API、ページ内プロファイル属性など) Target のユーザープロファイルに追加したすべての情報。
この情報は、プロファイルスクリプトや、プロファイル更新 API を使用してアップロードされた情報、「profile」というプレフィックスが付いた in-mbox プロファイルパラメーターから取得できます。
Custom - Profile - [parameter name]
ページパラメーター(「mbox パラメーター」) ページコードを介して直接渡される名前と値のペアで、今後の使用のために訪問者のプロファイルに保管されることはありません。 Custom - Mbox Parameter - [parameter name]
顧客属性 顧客属性を利用すると、FTP を介して訪問者のプロファイルデータを Experience Cloud にアップロードできます。アップロード後は、データを Adobe Analytics と Adobe Target で利用できます。 Custom - Customer Attributes - [parameter name]
共有オーディエンス(Adobe Audience Manager または Adobe Analytics) Adobe Audience Manager または Adobe Analytics で作成され、Target と共有されているオーディエンス。 Custom - Experience Cloud Segment - [segment name]
アクティビティ内レポート用オーディエンス/セグメント 「目標と指標」の設定中に AP または自動ターゲットアクティビティで定義されたオーディエンス。 Custom - Reporting Segment - [segment name]

よくある質問

Automated Personalization (AP)および自動ターゲット インサイトレポートに関するよくある質問のリストです。

Automated Personalization (AP)および自動ターゲットモデルのデータは、どの程度の期間保持されますか?

Automated Personalization (AP)および自動ターゲッ トモデルは、アクティビティの過去45日間のユーザー行動(ユーザープロファイル、インプレッションイベントおよびコンバージョンイベント)に関するトレーニングを受けます。

Automated Personalization (AP)および 自動ターゲッ トモデルは、ユーザーの行動、トレーニングレコード、モデル決定データを90日間保持し、インサイトレポートを生成 します。90日後、トレーニングレコードとモデルの決定は破棄されます。 Automated Personalization (AP)および自動ターゲット モデルで も、2年間、レポート目的で、エクスペリエンス/オファーレベルのインプレッションおよびコンバージョンデータの集計が保持されます。このデータは集計レベルのデータのみで、個人レベルのプロファイルデータは含まれません。

トレーニングビデオ:パーソナライゼーションインサイトレポートチュートリアルバッジの使用

詳しくは、Adobe Target🔗でのパーソナライゼーションインサイトレポートの使用を参照してください。

Adobeブログ

このページ