PREMIUM 代替レコメンデーションの使用

Adobe Targetの代替レコメンデーション機能を使用する場合、レコメンデーションに十分なレコメンデーション品目がないと、デフォルトコンテンツが表示されません。 その代わりに、レコメンデーションには代替アルゴリズムの結果が表示されます。

代替レコメンデーションを使用しない場合、表示に十分な品目がレコメンデーションになければ、ユーザーにデフォルトコンテンツが表示されます。

メモ

「条件を作成」🔗トピックの「内容」セクションには、「部分設計レンダリング」と「バックアップRecommendationsを表示」を一緒にまたは別に使用する場合に確認する結果を示すマトリックスが含まれます。

代替レコメンデーション機能では、アルゴリズムのデータが使用された後の残りのスロットに、常にそのサイトの最多閲覧品目が挿入されます。例えば、テンプレートにレコメンデーション品目が 5 つ表示されるよう設定されていて、購入の親和性​のアルゴリズムを使用しているとします。ここで、5 つのスロットのうち 2 つ分のデータしかない場合は、代替レコメンデーション機能により、最多閲覧品目が残りの 3 つのスロットに挿入されます。

代替レコメンデーションは、サイト全体で閲覧されている上位 500 製品からランダムに選択されます。データが代替レコメンデーションに使用される期間は、1 週間です。

閲覧数上位 500 の結果は順番に並べられてから、20 個のグループに分割されます。このグループが順番に配信されますが、各グループ内の結果はランダムに選ばれてページに表示されます。ユーザーがページの表示を更新すると、ランダムに選ばれた新しい結果が表示されます。コレクションの集合とフィルタリングルールに基づく結果セットが 20 未満の場合は、コレクションからランダムに選択されます。

つまりこのグループ化のプロセスでは、代替レコメンデーションが次の順番で表示されます。

  1. 閲覧数上位 20 の品目がランダムに選択されて表示されます
  2. 次の閲覧数上位 20 の品目がランダムに選択されて表示されます
  3. その次の閲覧数上位 20 の品目がランダムに選択されて表示されます
  4. 以降、これが繰り返されます

代替レコメンデーションをグループ化しないと、閲覧数 499 位の品目が表示されてから、200 位、その次に 380 位の品目が表示されるといったケースになる可能性もあります。このグループ化によって、閲覧数が多い品目から優先的にレコメンデーションできるようになるのです。

メモ

品目をいくつかのカタログにグループ分けすると、レコメンデーション内の各アルゴリズムに対して生成された代替レコメンデーションでも、このカタログが使用されます。したがって、カタログ内の品目だけが代替レコメンデーションに含まれます。

グローバル除外ルールで除外された品目は、代替レコメンデーションとして提供されません。

代替レコメンデーションはデフォルトで有効になっていて、サイトで最も人気のある品目からランダムに選択し、テンプレート内の追加のスロットに挿入します。

重複している品目はレコメンデーションのバッチから削除されます。

代替レコメンデーションの使用については、初期セットアップ時に導入チームと話し合っていただくことになります。導入後に代替レコメンデーション機能の設定を変更する場合は、アカウント担当者までお問い合わせください。

「デザインの部分レンダリングを有効化」(コンテンツ設定を参照)が有効ではなく、テンプレートが表示されない場合は、代わりに代替レコメンデーションまたはデフォルトコンテンツが表示されます。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now