PREMIUM 条件

Adobe Targetの条件は、あらかじめ定められた一連の訪問者行動に基づいて、どの商品またはコンテンツをレコメンデーションするかを決定するルールです。 条件は、人気の傾向、訪問者の現在および過去の行動、類似の商品およびコンテンツに基づかせることができます。複数の条件を追加することで、複数のレコメンデーションタイプを相互にテストすることができます。

以下の節では、条件キーと、各キーに使用できるレコメンデーションロジックについて詳しく説明します。 詳細については、該当するリンクをクリックしてください。

業種

条件を作成する際、recommendationsアクティビティの目標に基づいて業種を選択します。

業種 目標
小売/e コマース 購入をもたらすコンバージョン
リードジェネレーション/B2B/金融サービス 購入を伴わないコンバージョン
メディア/投稿 エンゲージメント

その他の条件のオプションは、選択した業種に応じて変わります。 デフォルトの業種は、Recommendations/設定​ページで設定できます。また、条件ごとに業種を指定することもできます。

推奨キー

選択するレコメンデーションキーが条件の種類を決定します。いくつかの条件の種類があり、Recommendations アクティビティを設定する際に条件カードとして表示されます。

条件ページ

次の表に、様々な条件のタイプとそれに付随するキーを示します。 各キーに関する詳細情報を表示するには、該当するリンクをクリックします。

条件の種類 キー
現在のページアクティビティ 現在のページでユーザーがおこなったことに基づいてレコメンデーションされる品目です。例えば、特定の記事を表示した訪問者は、同じカテゴリの記事を見る可能性があると考えられます。
カスタム カスタム属性に基づいてレコメンデーションされる品目です。レコメンデーションをカスタム属性に基づいておこなう場合、カスタム属性を選択してからレコメンデーションタイプを選択する必要があります。
過去の行動 過去、訪問者がある品目にどのように反応したかに基づいてレコメンデーションされる品目です。例えば、ある特定のブランドを購入したことがある人は、同じブランドの別の品目を購入する可能性が高いと考えられます。
人気度 関連するカテゴリで一番人気のあるビデオや、サイトで一番表示されている製品など、一番人気のある品目がレコメンデーションされます。
最近表示された項目 訪問者が最後に閲覧した品目(前回サイトを訪問した際に訪問者が閲覧した品目や、現在最も人気の高い記事など)をレコメンデーションします。

カスタムレコメンデーションキーの使用

カスタムプロファイル属性の値に基づいてレコメンデーションを設定することもできます。

メモ

カスタムプロファイルパラメーターは、JavaScript、APIまたは統合を介してターゲットに渡すことができます。 カスタムプロファイル属性について詳しくは、訪問者プロファイルを参照してください。

例えば、ユーザーが最後にキューに追加したムービーに基づいてレコメンデーションされるムービーを表示するとします。

  1. 「レコメンデーションキー」ドロップダウンリストからカスタムプロファイル属性を選択します(例えば、ウォッチリストに追加された最後の表示)。

  2. レコメンデーションロジックを選択します(例えば、これを閲覧した人が他のを閲覧した)。

    新しい条件を作成ダイアログボックス

カスタムプロファイル属性が単一のエンティティIDと直接一致しない場合は、どのようにしてエンティティとの照合を行うかをRecommendationsに説明する必要があります。

例えば、ユーザーのお気に入りのブランドからトップセルの商品を表示したいとします。

  1. レコメンデーションキードロップダウンリストからカスタムプロファイル属性を選択します(例:お気に入りのブランド)。

  2. このキーで使用するレコメンデーションロジックを選択します(例:トップセラー)。

    「次の一意の値でグループ化」オプションが表示されます。

  3. 選択したキーに一致するエンティティ属性を選択します。この場合、お気に入りのブランドはentity.brandと一致します。

    Recommendations 現在は、各ブランドに対して「トップセラー」リストを作成し、「お気に入りのブランドプロファイル」属性に保存された値に基づいて適切な「トップセラー」リストを 表示し ます。

    トップセラー属性

条件/アルゴリズム

Target Recommendations は、高度なアルゴリズムを使用して、訪問者のアクションがアクティビティに設定された条件に該当するタイミングを決定します。レコメンデーションキーは、利用可能なレコメンデーションロジックオプションを決定します。

条件 説明
類似の属性を持つ品目/メディア 現在のページアクティビティまたは過去の訪問者の行動に基づいた品目またはメディアに類似した品目またはメディアをレコメンドします。
これを閲覧した人が他に閲覧したもの 指定した品目が閲覧された同じセッションで、閲覧される頻度が最も高い品目をレコメンドします。
これを閲覧した人が購入したもの 指定した品目が閲覧された同じセッションで、購入される頻度が最も高い品目をレコメンドします。
これを購入した人が他に購入したもの 指定した品目と同時に顧客に購入される頻度が最も高い品目をレコメンドします。
サイトの親和性 品目間の関係の確実性に基づいて品目をレコメンドします。
トップセラー 完了した注文の最も多くに含まれている品目。1 回の注文で同じ品目が複数含まれていても、1 回の注文としてカウントします。
最も頻繁に閲覧された 最も高い頻度で閲覧される品目またはメディア。
ユーザーベースのRecommendations 各訪問者の閲覧、表示および購入履歴に基づいて品目をレコメンドします。 これらの品目は、一般に「推奨」と呼ばれます。
メモ

レコメンデーションを実行中にその条件を変更すると、レポートデータが失われます。

訪問者に関する既知の追加情報を使用して、レコメンデーションを強化することもできます。

1 日条件は、すべて 1 日に 2 回実行します。1 週間およびそれ以上の条件は、すべて 1 日に 1 回実行します。サイトの親和性条件は、1 日に 1 回実行します。代替条件は、1 日に 2 回実行します。

条件情報の表示

ポップアップカードにマウスポインターを置いてから、条件カードの情報アイコンをクリックすると、条件を開くことなくポップアップカードの条件の詳細を表示できます。

条件カードにマウスポインターを置く

アルゴリズム情報」タブをクリックして、選択した条件に関する一般的な情報(名前、説明、業種、ページタイプ、レコメンデーションキー、レコメンデーションロジック、アルゴリズム ID など)を表示します。

「アルゴリズム情報」タブ

アルゴリズム使用状況」タブをクリックして、選択した条件を参照するアクティビティのリストを表示します。アクティブ、非アクティブ、ドラフトの各アクティビティのカードリスト。 「ライブアクティビティ」、「非アクティブアクティビティ」、「ドラフトアクティビティ」の各ドロップダウンリストをクリックし、その条件を参照するアクティビティのリスト全体を表示します。 アクティビティリンクをクリックすると、編集するアクティビティを開くことができます。

「アルゴリズムの使用」タブ

メモ

アルゴリズムの使用機能は、現在、Recommendationsアクティビティに対してのみサポートされています。 この機能は、オファー](/docs/target/c-recommendations/recommendations-as-an-offer.html?lang=ja)として[レコメンデーションを含むA/Bテスト、自動配分、自動ターゲット、エクスペリエンスターゲット設定(XT)アクティビティでは、現在サポートされていません。

このページ