ターゲットのUIについて

ユーザーインターフェイスは、Adobe Targetを最大限に活用できるよう、論理的でユーザーにわかりやすい形式で配置されています。 以下の概要は、Targetに慣れるのに役立ち、より詳細な情報と手順を説明するリンクを提供します。

Target UIの上部のヘッダーには、ソリューションの様々な機能を操作するのに役立つタブとオプションが含まれています。また、組織とAdobe Experience Cloudソリューションの切り替え、ヘルプと通知の取得、Adobeプロファイルの管理、Targetからのログアウトが可能です。

ターゲットヘッダー

左側のタブを使ってTargetの様々な機能にアクセスできます。後ほど説明します。 タブに飛び込む前に、右側の選択肢について話し合って開始しましょう。

組織

組織​は、管理者がグループとユーザーを構成し、Adobe Experience Cloudでのシングルサインオンを制御できるようにするエンティティです。 組織は、すべての Experience Cloud 製品およびソリューションをまたいだログイン会社のように機能します。ほとんどの場合、組織は、会社名です。ただし、会社は多数の組織を持つことができます。

会社に複数の組織がある場合は、組織ドロップダウンリストで目的の組織を選択します。

組織ドロップダウンリスト

Apps

アプリ切り替えボタンをクリックすると、アクセス権を持つAdobe Experience Cloudソリューションにすばやくアクセスできます。

アプリ切り替え

ヘルプ

ヘルプアイコンを使用すると、Targetをより効果的に使用するために、情報、ビデオ、ブログなどにアクセスできます。 サポートチケットの作成、サポート用電話番号の検索、Twitterでの質問、またはTargetに関するフィードバックの提供を行って、当社の状況をお知らせします。

ヘルプ

通知とお知らせ

通知とお知らせパネルを使用すると、Adobe Targetの最新情報を入手できます。 プロアクティブ通知は、Adobe製品とAdobe Experience Cloudソリューションのステータスを常に把握するのに役立ちます。 プロアクティブなお知らせは、機能停止のイベントや保守イベントに関する警告を受け取ります。

 通知

詳しくは、Adobeステータスページを参照してください。 詳しくは、システムステータスの更新とプロアクティブ通知を参照してください。

プロファイル

Adobe Experience Cloudの環境設定を編集したり、Targetからサインアウトしたりするには、プロファイルのアバターをクリックします。 また、Adobeプロファイルにアクセスしたり、編集したりすることもできます。

プロファイルアバター

次に、Targetヘッダの左側のタブについて説明します。

アクティビティ

アクティビティ​リストは、Target を開いたときのデフォルトのビューです。このページから新しいアクティビティを作成したり、既存のアクティビティを管理したりできます。

アクティビティリスト

Targetで利用可能なアクティビティの種類に関する詳細は、アクティビティを参照してください。また、アクティビティリストのユーザーインターフェイスに関する詳細は、<a0/><a1/>を参照してください。

オーディエンス

オーディエンス」タブをクリックすると、オーディエンスリストが表示されます。このオーディエンスで、新しいオーディエンスを作成し、既存のを管理できます。

オーディエンスリスト

オーディエンスは、ターゲットアクティビティが表示される、類似アクティビティ参加者のグループです。オーディエンスは、新規訪問者、再訪問者、中西部からの再訪問者など、同じ特性を持つ人々のグループです。オーディエンス機能を使用すると、様々なコンテンツやエクスペリエンスを特定のオーディエンスにターゲットし、適切なメッセージを適切な担当者に適切なタイミングで表示することで、デジタルマーケティングを最適化できます。 訪問者がターゲットオーディエンスの一部として識別された場合、Targetは、アクティビティの作成時に定義された条件に基づいて、どのエクスペリエンスを表示するかを決定します。

Targetのオーディエンスタイプに関する詳細は、オーディエンスの作成を参照してください。また、オーディエンスリストのユーザーインターフェイスに関する詳細は、<a0/>の作成<a1/>を参照してください。

オファー

オファー」タブをクリックしてオファーリストを表示します。ここで、新しいエクスペリエンスやオファーを作成し、既存のエクスペリエンスやオファーを管理できます。

オファーリスト

エクスペリエンスは、オファー、画像、テキスト、ボタン、ビデオ、ページ上のこれらの様々な要素の組み合わせ、Web ページ全体、購入ファネルやその他のページの論理的シーケンスを形成するページのセットである可能性があります。また、音声アシスタント応答、カスタマーサービスのスクリプト、自動販売機のパーソナライズされたフレーバーであることもあります。Target アクティビティのエクスペリエンスをテストまたはパーソナライズします。

Targetのオファータイプに関する詳細は、オファーを参照してください。また、オファーリストのユーザーインターフェイスに関する詳細は、<a0/><a1/>を参照してください。

Recommendations

「Recommendations」タブをクリックしてTarget Recommendationsにアクセスします。

メモ

Recommendations アクティビティは、 Target Premium ソリューションの一部です。Target Premium ライセンスのない Target Standard では利用できません。詳しくは、ターゲットの紹介​のターゲットプレミアムを参照してください。

Recommendations

Recommendations のアクティビティは、以前のユーザーアクティビティまたはその他のアルゴリズムを基にして、顧客が興味を持つ可能性のある製品またはコンテンツを自動的に表示します。Recommendations により、顧客が関心を持ちそうな商品を積極的に紹介することが可能になります。

TargetのRecommendationsに関する詳細はRecommendationsを参照してください。Recommendationsのユーザーインターフェイスに関する詳細は、<a0/><a1/>を参照してください。

管理

管理」タブをクリックして、管理ページにアクセスします。

管理ページ

管理ページでは、Visual Experience Composer (VEC)、レポート、Scene7設定、実装、ホスト、環境、応答トークン、ユーザーの設定を含むTargetを管理できます。

詳細については、ターゲットの管理の概要を参照してください。ユーザーインターフェイスの詳細については、

このページ