概要:Target をクライアント側 Web に実装する

クライアント側での Adobe Target の実装では、Target アクティビティに関連付けられたエクスペリエンスをクライアントブラウザーに直接配信します。ブラウザーは、表示するエクスペリエンスを決定して表示します。クライアント側の実装では、WYSIWYG エディタ、Visual Experience Composer (VEC)、または非視覚的インタフェースであるフォームベースの Experience Composer を使用して、アクティビティとパーソナライズされたエクスペリエンスを作成できます。

Adobe Targetクライアント側を実装するには、次のJavaScriptライブラリのいずれかを使用する必要があります。

重要

mbox.jsの提供終了:2021年3月31日をもって、mbox.jsライブラリ Adobe Target はサポートされなくなります。2021年3月31日以降、mbox.jsからのすべての呼び出しが正常に失敗し、Targetアクティビティが実行されているページにはデフォルトコンテンツが提供されます。 サイトに発生する可能性のある問題を回避するため、すべてのお客様に、新しいAdobe Experience Platform Web SDKまたはat.js JavaScriptライブラリの最新バージョンに今日までに移行することをお勧めします。

  • Adobe Experience PlatformウェブSDK: Adobe Experience PlatformWeb SDKを使用すると、Adobe Experience Edge Networkを介して、( Experience Cloud 含む Target)様々なサービスをインタラクティブに操作できます。Adobe Experience Platform Web SDKに移行する場合は、『Web SDKガイド』のAdobe Experience PlatformWeb SDKとは何ですかを参照してください。

  • at.js:at.js JavaScriptライブラリは、mbox.jsよりも多くの利点を提供します。多くのメリットがある中でも、at.jsは、Web実装のページ読み込み時間を改善し、セキュリティを強化して、シングルページアプリケーション向けのより優れた実装オプションを提供します。 at.jsに移行する場合は、At.jsの仕組みAdobe Targetスキルビルダーを参照してください。開発者チャットで、Adobe Targetのmbox.jsをat.jsに移行します。

mbox.jsは現在サポートされていますが(2021年3月31日まで)、2017年7月以降、このライブラリに対する機能の更新は提供されていません。 すべてのお客様をAdobe Experience PlatformWeb SDKまたはat.jsに移行することで、アドビのエンジニアとサポートスタッフは、Adobeから期待される新しい機能とオファーをお客様に提供できます。

このページ