Experience Composer の強化rに関連する問題のトラブルシューティング

Adobe Target 拡張Experience Composer (EEC)では、特定の条件下で表示の問題が発生する場合があります。

EEC で、公開 IP ではアクセスできない内部 QA 用 URL が読み込まれません。

これは、次のIPアドレスを許可リストに加えるすることで解決できます。 これらのIPアドレスは、EECプロキシで使用されるAdobeのサーバー用です。 これらは、アクティビティの編集にのみ必要です。サイトの訪問者は、これらのIPアドレスを許可リストに加えるする必要はありません。

次のIPアドレスをITチームに許可リストするよう依頼します。

  • 34.253.100.20
  • 34.248.100.23
  • 52.49.228.246
  • 54.205.42.123
  • 107.22.177.39
  • 52.201.5.105
  • 52.193.211.177
  • 18.180.24.249
  • 52.194.154.154

Targetには次のエラーメッセージが表示されます。

Error: Your website domain (ISP) is blocking the Enhanced Experience Composer. You can allowlist the Enhanced Experience Composer's IP addresses or turn off Enhanced Experience Composer in Configure > Page Delivery menu.

このエラーメッセージが表示される理由と、問題の解決方法は次のとおりです。

  • 問題: Webサイトドメイン(ISP)が拡張Experience Composerをブ ロックしています。

    解決方法: 上許可リスト記のIPアドレスをします。

  • 問題: IPアドレスは許可リストに加えるされますが、お使いのWebサイトではTLSバージョン1.2がサポートされていません。現在 Target は、1.2のデフォルト設定を使用しています。18.4.1(2018年4月26日)以前は、デフォルト設定でTLS 1.0がサポートされていました。詳しくは、 Target TLS(TransportLayer Security)暗号化の変更 🔗を参照してください。

    **解決策:**次の質問(TLS 1.2 を使用しているサイトのセキュリティで保護されているページで、拡張 Visual Experience Composer が読み込まれません)を参照してください。

TLS 1.0 を使用しているサイトのセキュリティで保護されているページで、EEC が読み込まれません。(EEC のみ)

「サイトのセキュリティで保護されているページに拡張Visual Experience Composerが読み込まれません」で説明したエラーメッセージが表示される場合があります。 上記のIPアドレスが許可リストに加えるされていても、お使いのWebサイトでTLSバージョン1.2がサポートされていない場合。Targetは現在、デフォルト設定の1.2を使用しています。Target 18.4.1(2018年4月25日)より前は、デフォルト設定のTLS 1.0をサポート。詳細レイヤセキュリティ)暗号化の変更🔗

Firefox を使用して、Web サイトの TLS バージョンをチェックする方法は次のとおりです(他のブラウザーでの手順も同様です)。

  1. Firefox で対象の Web サイトを開きます。

  2. ブラウザーのアドレスバーにある​サイトの情報を表示します​アイコンをクリックします。

  3. 接続の詳細を表示詳細を表示​をクリックします。

  4. 「技術情報」の下にある TLS バージョンを確認します。

  5. Web サイトが TLS 1.0 を示している場合、Target の TLS サポートポリシーの詳細については、Target の TLS サポートポリシーについては、TLS (Transport Layer Security) 暗号化の変更を参照してください。現在までの状況(2018 年 9 月 12 日まで有効)を解決するには、TLS バージョンとドメインの設定についてカスタマーケアにお問い合わせください。

プロキシが有効なサイトを読み込む際に、タイムアウトまたは「アクセスが拒否されました」というエラーが表示されます。(EEC のみ)

ご使用の環境でプロキシ IP がブロックされていないことを確認してください。

このページ