プロファイルと変数の用語集

このページには、プロファイルスクリプトで役立つプロファイル、変数およびパラメーターの一覧を記載しています。

ビルトインプロファイル

プロファイル メモ
user. activeActivationesUser
. activeCampaigns
現在のセッションでユーザーがキャンペーン/アクティビティでインタラクションをおこなっていなくても、ユーザーがいるすべてのキャンペーン/アクティビティのキャンペーン ID を返します。
user.pcId
user.sessionId
user.categoryAffinity
user.categoryAffinities 訪問者が入力した親和性の配列を返します。
user.isFirstSession
user.isNewSession
user.daysSinceLastVisit
user.browser ユーザーエージェント
user.header すべての user.header プロファイルは、mbox リクエストヘッダーデータから組み込まれます
user.header('x-forwarded-for') 訪問者がいるネットワーク接続の公開される IP アドレス。
これは whatismyip.com/など、いくつかの方法で入手できます。IP アドレスは、10.、192.168. または 172 から始まる NAT アドレス(内部アドレス)ではありません。
注意:user.header('x-cluster-client-ip')は非推奨となりました。
user.header('host') Web サイトのホスト名
user.header('cookie') 訪問者の cookie データ
user.header('user-agent') 訪問者のブラウザーのユーザーエージェント
user.header('accept-language') 訪問者の言語
user.header('accept-encoding') 訪問者の文字エンコード
user.header('accept') 訪問者の言語および文字エンコード
user.header('connection') サーバー接続。例:keep-live
user.header('referrer') 訪問者の現在のページの Web サイト URL。Internet Explorer では動作しません。
user.getLocal('param_name','value');
user.setLocal('param_name','value');
user.get('param_name')
user.parameter プロファイルスクリプトから作成されたプロファイル属性を保持します。また、ジオロケーションや訪問回数などの「システム」プロファイルも参照します。
profile.get('param_name') プロファイルスクリプトで使用するプロファイルパラメータを取得する正しい方法は、プロファイル.get('param_name')メソッドです。
profile.param('param_name');
profile.parameter('parameter_name'); profile. prefix.
profile.browserTime 訪問者のブラウザーのローカル時間。システム時間については、プロファイルスクリプトで新しい日付オブジェクトを作成します。
profile.averageDaysBetweenVisits
profile.sessionCount
parameter= mbox に渡された追加の値を示す一般的な用語で、通常は名前と値のペアです。profile.parameteruser.parameter を使用しない限り、永続的ではありません。

URL 変数

landing referrer page
landing.url referrer.url page.url
landing.domain referrer.domain page.domain
landing.protocol referrer.protocol page.protocol
landing.param referrer.param page.param
landing.query referrer.query page.query

地域および携帯電話会社のプロファイル

  • profile.geolocation.country
  • profile.geolocation.state
  • profile.geolocation.city
  • profile.geolocation.zip
  • profile.geolocation.dma
  • profile.geolocation.domainName
  • profile.geolocation.ispName
  • profile.geolocation.connectionSpeed
  • profile.geolocation.mobileCarrier
  • profile.geolocation.latitude
  • profile.geolocation.longitude

mbox 変数

変数 メモ
mbox.name
mbox.param('param_name')
リクエストごとに自動的に渡されるパラメーター:
  • mbox.param('browserHeight')
  • mbox.param('browserTimeOffset')
  • mbox.param('browserWidth')
  • mbox.param('colorDepth')
  • mbox.param('mboxXDomain')
  • mbox.param('mboxTime')
  • mbox.param('screenHeight')
  • mbox.param('screenWidth')
発注 mbox と共に渡されるパラメーター:
  • mbox.param('orderId')
  • mbox.param('orderTotal')
  • mbox.param('productPurchasedId')
mbox3rdPartyId 顧客 ID と Target の mboxPCID を同期するための mbox パラメーター。顧客 ID は、CRM ID やメンバーシップ ID など、会社が訪問者を追跡するために使用する ID です。そのため、この ID は、プロファイル API および顧客属性.
mboxPageValue mbox の呼び出しごとに、ページに値が割り当てられます。
mboxDebug デバッグ情報にのみ使用されます。mbox.js が探すページ URL に追加されます。
mboxOverride.browserIp 実際の場所とは異なる地域を設定して、別の場所でどのように表示されるかをテストできます。
注意: mboxOverride パラメーターは、アクティビティをテストするときにのみ使用し、実稼動環境で使用しないでください。任意のmboxOverrideパラメーターを使用すると、Analytics for Target (A4T)を使用する際にレポートの相違が生じる可能性があります。アクティビティをテスト中に アクティビティQAモード を使用して、アクティビティが本番環境にプッシュされる前に期待どおりに動作することを確認してください。

顧客属性

顧客属性は、プロファイルスクリプトで参照でき、形式 crs.get('<Datasource Name>.<Attribute name>') 設定されています。

この属性は、プロファイルスクリプトでトークンとして、また、プロファイルスクリプトを使用せずにオファー内で直接使用可能になりました。トークンはフォームに含まれている必要があります。 ${crs.datasourceName.attributeName} を参照してください。datasourceName内のスペースは、API呼び出しから削除する必要があります。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now