ユーザー

ユーザー追加を作成し、Adobe Admin Consoleで権限を管理します。

メモ

プロパティと権限 の機能は Target Premium ソリューションの一部です。Target Premium ライセンスのない Target Standard では利用できません。
Target UIの上部にある管理リンクをクリックすると、組織にStandardライセンスとPremiumライセンスのどちらがあるかを確認できます。

  • Target標準顧客:「 ユーザー」タブ(管理/ユーザー)が表示され(「プ ​ロパティ」タブは表示されません)、組織には Target 標準ライセンスがあります。Target Standard のお客様は、Adobe Admin Console でユーザーを追加したり、権限を割り当てたりする際は、この記事の手順に従ってください。

  • TargetPremiumのお客様:「 ユーザー」タブと「 プロパティ」タブ(管理/プロパティ)が表示された場合は、組織に Target Premiumライセンスがあります。Target Premium のお客様は、Adobe Admin Console でユーザーを追加したり、権限を割り当てたりする際は、 Enterprise ユーザーの権限 Enterprise 権限 の設定の手順に従ってください。

ユーザーと権限の管理方法について詳しくは、『Enterprise & Teamsユーザーガイド』の「製品とプロファイルの管理」を参照してください。

Adobe Target を初めて使用するときには、Adobe Experience Cloud アカウントのところに、「Adobe.com」で終わる ID があらかじめ表示されています。これらのIDはAdobeチームのメンバー用です。新しいアカウントやAdobe Targetの使い方についての支援が必要な場合に、メンバーがお手伝いします。 質問があるときは、通常の方法で Adobe チームにご連絡ください。

ユーザーページに表示される新しいユーザーは、ユーザーがAdobe Experience Cloudアカウントを使用してログインし、Target Standard/Premiumにログインするまで表示されません。

デフォルトでは、すべての Target ユーザーはまず監視者権限を持ちます。

管理者ユーザーは、ユーザーリストーで識別されます。 アクセスレベルの変更が必要な場合は、システム管理者ユーザーに問い合わせてください。

ターゲット内からの表示ユーザー情報

ターゲット環境内の現在のユーザーのリストを表示できます。これには、ワークスペースごとの役割や電子メールアドレスごとの役割が含まれ、内部ターゲットから直接アクセスできます。

ユーザーページを表示するには、管理/ユーザー​をクリックします。

ターゲット内からのユーザーリスト

メモ

既存のユーザーを管理したり、新しいユーザーを追加したりするには、以下に説明するように、Adobe Admin Consoleを使用する必要があります。

Adobe Admin Console へのアクセス

Adobe Admin Console で実行するタスクの場合は、次の手順でコンソールにアクセスします。

  1. Target内で、管理/ユーザー/ユーザー管理​をクリックします。

    または

    https://adminconsole.adobe.com/enterprise/に移動し、まだログインしていない場合は、Adobe IDを使用してサインインします。

  2. (条件付き)複数の組織の Admin Console for Enterprise へのアクセス権を持っている場合、右隅または上部のナビゲーションバーにあるユーザーアバターをクリックしてから、目的の組織を選択します。

追加ユーザー

ユーザー管理操作は、すべて Adobe Admin Console for Enterprise で実行する必要があります。ただし、Target のすべての既存のユーザーは、Target から Admin Console for Enterprise に移行されます。

  1. Admin Consoleでユーザー / ​ユーザーをクリックして、新規ユーザーを作成するか、既存のユーザーを編集します。
  2. Enterprise ユーザーガイド​の Experience Cloud でのユーザーとグループの管理の手順に従ってください。

ユーザーグループの作成

開発者、アナリスト、マーケティング担当者、エグゼクティブなどのユーザーグループを作成して、複数のアドビ製品およびワークスペースにわたって権限を割り当てることができます。新しいチームメンバーに様々なアドビ製品にわたるすべての適切な権限を割り当てることは、特定のユーザーグループに追加するくらいに簡単です。

  1. Admin Consoleでユーザー / ユーザー グループをクリックし、新しいユーザーグループを作成するか、既存のグループを編集します。
  2. Enterprise ユーザーガイド​の Experience Cloud でのユーザーとグループの管理の手順に従ってください。

役割および権限の指定

システム管理者のみ、Target のユーザーの役割を指定できます。例えば、Standardの承認者ユーザーは、Experience Cloud管理者権限を併せ持たない限り、オブザーバー(Observer)を承認者に変更できません。

システム管理者ユーザーはシステムにユーザーを追加する必要があります。ユーザーは自動的には追加されません。ユーザーのアカウントを登録する前に、Experience Cloudから電子メールで招待され、電子メールアドレスを確認する必要があります。

  1. Admin Console で「製品」をクリックしてから、目的の製品名を選択します。

    「製品」タブ

  2. 目的のワークスペース(例えば、デフォルトのワークスペース)をクリックします。

    デフォルトのワークスペース

    「ユーザー」タブにワークスペースのすべてのユーザーが表示されます。

    設定ユーザー

  3. 製品の役割列の各ユーザーのドロップダウンリストを使用して、目的の権限の役割(承認者、編集者、監視者)を選択します。

    「製品の役割」ドロップダウンリスト

    役割 説明
    承認者 アクティビティの作成、編集、アクティブ化、停止ができます。
    編集者 アクティビティの作成および編集(アクティブでない場合に限る)はできますが、アクティビティの開始を承認することはできません。
    監視者 アクティビティを表示できますが、作成または編集はできません。
    発行者 オブザーバーロールに似ています(表示アクティビティは可能ですが、作成または編集はできません)。 ただし、「発行者」の役割には、アクティビティをアクティブ化する追加の権限があります。

詳しくは、Enterprise ユーザーガイド​の Admin Console での製品の権限およびロールの管理を参照してください。

トレーニングビデオ:Adobe Targetワークスペースの設定方法チュートリアルバッジ

学習内容:

  • Adobe Target インターフェイスから Adobe Admin Console へのアクセス(3 つの方法)
  • Adobe Admin Console でのワークスペースの設定
    • ユーザーをワークスペースに追加します
    • プロパティをワークスペースに追加します
  • デフォルトのワークスペースの概要を説明します
メモ

Target 管理メニューUI(旧称セットアップ)の設計が一新され、パフォーマンスが向上し、新機能のリリース時に必要なメンテナンス時間が短縮され、製品全体でのユーザーエクスペリエンスが向上しました。 次のビデオの情報は、一般的に正しいです。ただし、オプションが少し異なる場所にある場合もあります。 更新されたビデオは近日中に投稿されます。

このページ