クリックの追跡

Adobe Target 任意の要素に対するクリックを成功指標として追跡できます。

メモ

グローバルターゲットリクエストがフォームベースのアクティビティの場所として使用されている場合、クリックの追跡はサポートされません。

クリックの追跡の設定

  1. アクティビティの目標と設定ページで目標を設定する際に、コンバージョン​成功指標を選択します。

  2. アクションの場合、「要素をクリック」を選択し、「要素を選択」をクリックします。

    Visual Experience Composer(VEC)でページが開きます。

  3. 追跡する要素を選択します。

    要素の選択に関するヒントについては、次の「注意点」の節を参照してください。

  4. 画面上部にあるチェックマークをクリックして、選択を保存します。

選択した要素をアクティビティ参加者がクリックすると、そのクリックはコンバージョンとしてカウントされます。

選択された要素パネル

A/B テスト、エクスペリエンスターゲット設定(XT)、自動パーソナライゼーション(AP)および多変量分析テスト(MVT)アクティビティの場合、選択された要素パネルには、クリックの追跡用に選択されたすべての要素が右側にリストされます。

選択された要素パネル

選択された要素パネルの要素にマウスポインターを置くと、いくつかの操作を適用できます。以下の表で、要素で実行できる各操作を説明します。

アクション 説明
情報 要素タイプおよびセクターへの完全な DOM パスを表示します。
編集 CSS セクターを編集できます。
削除 要素を削除します。

要素を追加

セクターへの DOM パスを既に知っている場合、パネルの上部にあるプラスアイコンをクリックして、手動で追加できます。

要素を追加アイコン

選択された要素ポップアップ

クリックの追跡用の複数の要素を選択したら、アクティビティの目標と設定ステップの選択した要素リンクをクリックして、クリックの追跡用に選択した要素の完全なリストを表示します。リストには、要素への完全な DOM パスが含まれています。選択された要素がクリックの追跡用に使用されていることを検証できます。

選択された要素リンク

注意点

要素の選択時にいくつか検討すべき事項があります。

  • DOM パス機能は、クリックの追跡を設定するときに使用できます。ページで要素をクリックすると、VEC オプションメニューが表示されます。また、対応する DOM パスがページの下部に表示されます。DOM パスを使用すると、選択した要素に関する情報(タイプ、ID、クラス)をすばやく確認したり、DOM パスを上下に移動して目的の要素を選択したりできます。

    DOM パスの解説

    アクティビティ作成ワークフローの手順1でエクスペリエンスを作成するときと同様に、ページ下部の DOM パスセレクターで要素を選択できます。DOM パスから要素を選択すると、VEC 内の対応する要素が「選択済み」と表示されます。選択した要素の選択を解除するには、DOM パスセレクターの要素を再度クリックするか、VEC 内の「選択済み」ボックスをクリックします。

    詳しくは、Visual Experience Composer のオプション🔗「DOM パスを使用して要素をナビゲートする」を​参照してください。

  • 異なるページを参照して、コンテンツを変更しないページのクリックを追跡できます。この異なるページは、複数ページ機能 を使用するアクティビティに含める必要があり、at.js または mbox.js を実装する必要があります。

  • 1 つ以上の要素を選択した場合、参加者が選択した要素のいずれかをクリックすると、クリックがカウントされます。各項目を個別にカウントする場合、要素ごとに個別の成功指標を設定します。ページ上の複数の要素をクリックして1つの項目をカウントするには、CSS要素セレクターを編集して複数の要素と一致させます。

  • 追跡する要素のレベルを選択していることを確認してください。例えば、ボタンを指定する場合、ボタンテキストでなくリンクを選択していることを確認します。

  • クリックイベントは、そのクリックと同じページの Target に送信されます。

  • クリック追跡指標が A4T アクティビティの目標指標の場合は、訪問者がページの読み込みから 60 秒以内にこの要素をクリックしないと、指標は追跡されません。

  • 次に示すエスケープ文字がセレクターに含まれる要素では、クリックの追跡は機能しません。

    文字 説明
    # 番号記号またはハッシュ
    : コロン
    ピリオド
    $ ドル記号
    [ ] 角括弧
  • at.js のクリックの追跡に加えて Analytics AppMeasurement も使用した場合、at.js のクリックの追跡によって他のすべてのクリックイベントハンドラーがキャンセルされます。その結果、AppMeasurement のクリックハンドラーは実行されなくなります。

    at.js では、基になる要素が A(リンク)タグまたは FORM タグの場合にクリックの追跡のための特別な処理が実行されます。

    クリックの追跡イベントが at.js(リンク)タグまたは A タグに付加されている場合、次の手順が FORM によって実行されます。

    1. event.preventDefault() を呼び出す。

    2. Target リクエストを発行します。

    3. Target リクエストの成功またはエラーコールバックで、デフォルトの動作を実行します。

      • A(リンク)タグ:デフォルトの動作では、HREF 属性に定義されている URL に移動します。
      • FORM タグ:デフォルトの動作では、フォームを送信します。

    このデフォルトの動作により、Analytics のクリックの追跡が妨げられることがあります。Analytics を使用している場合は、Target ではなく Analytics を使用してクリックの追跡をおこなう必要があります。

  • クリックの追跡は、ページおよびアクティビティ URL が異なるプロパティに属しているページには記録されません。Enterprise ユーザー権限は Target Premium 機能です。詳しくは 、Enterprise ユーザー権限を参照してください。

トレーニングビデオ

このビデオでは、クリックの追跡の成功指標の作成について説明します。

  • 「目標」指標の理解
  • コンバージョン、収益、エンゲージメントの指標の理解と構築
  • クリック追跡指標の構築

このページ