訪問者の特定

最終更新日: 2023-07-27
  • トピック:
  • APIs/SDKs
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer

訪問者を識別する方法は複数あります。 Adobe Target.

Target では、次の 3 つの識別子を使用します。

フィールド名 説明
tntId The tntId は、 Target を設定します。 この ID または Target リクエストに含まれていない場合は自動生成されます。
thirdPartyId The thirdPartyId は、呼び出しごとに送信できるユーザーの会社識別子です。 ユーザーが会社のサイトにログインすると、通常、会社は訪問者のアカウント、ロイヤルティカード、メンバーシップ番号、またはその会社で適用可能なその他の識別子に結び付けられる ID を作成します。
marketingCloudVisitorId The marketingCloudVisitorId は、異なるデータソリューション間でデータを結合および共有するためにAdobeされます。 The marketingCloudVisitorId は、Adobe AnalyticsとAdobe Audience Managerとの統合に必要です。
customerIds Experience Cloud訪問者 ID と共に、 顧客 ID また、各訪問者の認証済みステータスを利用できます。

Target ID

The Target ID または tntId はデバイス ID と見なすことができます。 この tntId が次の項目で自動的に生成されます: Target を返します。 その後、以降のリクエストには、これを含める必要があります tntId ユーザが使用するデバイスに適切なコンテンツを配信するため。

curl -X POST \
'https://demo.tt.omtrdc.net/rest/v1/delivery?client=demo&sessionId=10abf6304b2714215b1fd39a870f01afc#1555632114' \
-H 'Content-Type: application/json' \
-H 'cache-control: no-cache' \
-d '{
  "context": {
    "channel": "web",
    "browser" : {
      "host" : "demo"
    },
    "address" : {
      "url" : "http://demo.dev.tt-demo.com/demo/store/index.html"
    },
    "screen" : {
      "width" : 1200,
      "height": 1400
    }
  },
    "execute": {
    "mboxes" : [
      {
        "name" : "SummerOffer",
        "index" : 1
      }
    ]
  }
}'

上記の呼び出し例は、 tntId を渡す必要はありません。 このシナリオでは、 Target はを生成します。 tntId 次に示すように、レスポンスで指定します。

{
  "status": 200,
  "requestId": "5b586f83-890c-46ae-93a2-610b1caa43ef",
  "client": "demo",
  "id": {
      "tntId": "10abf6304b2714215b1fd39a870f01afc.28_20"
  },
  "edgeHost": "mboxedge28.tt.omtrdc.net",
  ...
}

生成された tntId 次に該当 10abf6304b2714215b1fd39a870f01afc.28_20. これに注意してください tntId を呼び出す際に使用する必要がある Adobe Target Delivery API セッションをまたいで同じユーザーに対して

Marketing Cloud 訪問者 ID

The marketingCloudVisitorId は、Experience Cloud内のすべてのソリューションにわたって訪問者を識別する、普遍的、永続的な ID です。 組織が ID サービスを実装している場合、この ID を使用すると、Adobe Target、Adobe Analytics、Adobe Audience Managerなどの異なるExperience Cloudソリューションで、同じサイト訪問者とそのデータを識別できます。 なお、 marketingCloudVisitorId は、Analytics や Analytics との活用および統合時に必要です。Audience Manager

curl -X POST \
  'https://demo.tt.omtrdc.net/rest/v1/delivery?client=demo&sessionId=10abf6304b2714215b1fd39a870f01afc#1555632114' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'cache-control: no-cache' \
  -d '{
  "id": {
    "marketingCloudVisitorId": "10527837386392355901041112038610706884"
  },
  "context": {
    "channel": "web",
    "browser" : {
      "host" : "demo"
    },
    "address" : {
      "url" : "http://demo.dev.tt-demo.com/demo/store/index.html"
    },
    "screen" : {
      "width" : 1200,
      "height": 1400
    }
  },
    "execute": {
    "mboxes" : [
      {
        "name" : "SummerOffer",
        "index" : 1
      }
    ]
  }
}'

上記の呼び出し例は、 marketingCloudVisitorId Experience CloudID サービスから取得されたデータがAdobe Targetに渡されます。 このシナリオでは、 Target はを生成します。 tntId これは、指定された marketingCloudVisitorId 以下の応答で示すように。

サードパーティ ID

組織で ID を使用して訪問者を識別している場合、 thirdPartyID コンテンツを配信します。 ただし、 thirdPartyID 次の期間ごと Adobe Target Delivery API 呼び出しを行う。

curl -X POST \
  'https://demo.tt.omtrdc.net/rest/v1/delivery?client=demo&sessionId=10abf6304b2714215b1fd39a870f01afc#1555632114' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'cache-control: no-cache' \
  -d '{
  "id": {
    "thirdPartyId": "B234A029348"
  },
  "context": {
    "channel": "web",
    "browser" : {
      "host" : "demo"
    },
    "address" : {
      "url" : "http://demo.dev.tt-demo.com/demo/store/index.html"
    },
    "screen" : {
      "width" : 1200,
      "height": 1400
    }
  },
    "execute": {
    "mboxes" : [
      {
        "name" : "SummerOffer",
        "index" : 1
      }
    ]
  }
}'

上記の呼び出しの例は、 thirdPartyId:ビジネスが Web、モバイル、IoT の各チャネルからビジネスとやり取りしているかどうかに関係なく、エンドユーザーを識別するために使用する永続的な ID です。 つまり、 thirdPartyId は、チャネル間で使用できるユーザープロファイルデータを参照します。 このシナリオでは、 Target はを生成します。 tntId、元の呼び出しに渡されなかったので、指定された thirdPartyId 以下の応答で示すように。

{
    "status": 200,
    "requestId": "55de9886-bd14-4dee-819c-7d1633b79b90",
    "client": "demo",
    "id": {
        "tntId": "10abf6304b2714215b1fd39a870f01afc.28_20",
        "thirdPartyId": "B234A029348"
    },
    "edgeHost": "mboxedge28.tt.omtrdc.net",
    ...
}

顧客 ID

顧客 ID を追加し、訪問者訪問者 ID に関連付けることができますExperience Cloud訪問者 ID。 送信時 customerIdsmarketingCloudVisitorId また、を指定する必要があります。 また、各 customerId 各訪問者に対して 次の認証ステータスを考慮に入れることができます。

認証状態 ユーザーステータス
unknown 不明または認証なし。この状態は、表示広告をクリックしてサイトにランディングした訪問者などのシナリオに使用できます。
authenticated ユーザーは現在、Web サイトまたはアプリのアクティブセッションで認証されています。
logged_out ユーザーは過去に認証されましたが、アクティブにログアウトしました。ユーザーは意図的に認証済みの状態から切断しました。ユーザーは、認証済みとして扱われることを希望していません。

なお、顧客 ID が authenticated state は、顧客 id に保存され、リンクされているユーザープロファイルデータを Target が参照します。 顧客 ID が unknown または logged_out の場合、顧客 id は無視され、それに関連付けられる可能性のあるユーザープロファイルデータは、オーディエンスのターゲティングに利用されません。

curl -X POST \
  'https://demo.tt.omtrdc.net/rest/v1/delivery?client=demo&sessionId=d359234570e044f14e1faeeba02d6ab23439914e' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'cache-control: no-cache' \
  -d '{
      "context": {
        "channel": "web",
        "browser" : {
          "host" : "demo"
        },
        "address" : {
          "url" : "http://demo.dev.tt-demo.com/demo/store/index.html"
        },
        "screen" : {
          "width" : 1200,
          "height": 1400
        }
      },
      "id": {
        "marketingCloudVisitorId" : "2304820394812039",
        "customerIds": [{
          "id": "134325423",
          "integrationCode" : "crm_data",
          "authenticatedState" : "authenticated"
        }]
      },
      "property" : {
        "token": "08b62abd-c3e7-dfb2-da93-96b3aa724d81"
      },
        "execute": {
        "mboxes" : [
          {
            "name" : "homepage",
            "index" : 1
          }
        ]
      }
    }'

上記の呼び出し例は、 customerIdauthenticatedState. 送信時に customerIdintegrationCode, id、および authenticatedState 同様に marketingCloudVisitorId が必要です。 The integrationCode は、 顧客属性ファイル CRS を通じて提供された。

結合プロファイル

組み合わせ可能な tntId, thirdPartyID、および marketingCloudVisitorId 同じリクエストに含まれます。 このシナリオでは、Adobe Targetは、これらすべての ID のマッピングを維持し、訪問者にピン留めします。 プロファイルの概要 リアルタイムで結合および同期されました 様々な識別子を使用している。

curl -X POST \
  'https://demo.tt.omtrdc.net/rest/v1/delivery?client=demo&sessionId=d359234570e044f14e1faeeba02d6ab23439914e' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'cache-control: no-cache' \
  -d '{
      "context": {
        "channel": "web",
        "browser" : {
          "host" : "demo"
        },
        "address" : {
          "url" : "http://demo.dev.tt-demo.com/demo/store/index.html"
        },
        "screen" : {
          "width" : 1200,
          "height": 1400
        }
      },
      "id": {
        "marketingCloudVisitorId" : "2304820394812039",
        "tntId": "d359234570e044f14e1faeeba02d6ab23439914e.28_78",
        "thirdPartyId":"23423432"
      },
      "property" : {
        "token": "08b62abd-c3e7-dfb2-da93-96b3aa724d81"
      },
      "experienceCloud": {
        "analytics": {
          "supplementalDataId" : "23423498732598234",
          "trackingServer": "ags041.sc.omtrdc.net",
          "logging": "server_side"
        }
      },
        "execute": {
        "mboxes" : [
          {
            "name" : "homepage",
            "index" : 1
          }
        ]
      }
    }'

上記の呼び出し例は、 tntId, thirdPartyID、および marketingCloudVisitorId 同じリクエストに含まれます。 3 つの ID すべても応答で返されます。

このページ