複数エンティティセグメントの作成

このビデオでは、Adobe Experience Platformのセグメントビルダーで複数エンティティのセグメントを作成する方法を説明します。 複数エンティティのセグメント化(クラス間のセグメント化)により、複数の XDM クラス に基づいてデータを組み合わせたセグメントを作成できます。 例えば、顧客が購入したときに製品 ID をキャプチャし、カスタムの製品クラスで作成した別のデータセット(色、サイズ、カテゴリなど)を含む、各製品 ID のカタログ詳細を取り込む、XDM ExperienceEvent クラスで作成したデータセットを作成できます。 スキーマ間に関係を確立すると、両方のスキーマに存在するフィールド(ジャケットを購入した人など)に基づいてセグメントを構築できます。

詳しくは、 マルチエンティティのセグメント化(ドキュメント) を参照してください。

このページ