ガバナンスラベルを使用したデータの分類

データセットにガバナンスラベルを適用する方法を説明します。 ガバナンスラベルを使用すると、Adobe Experience Platformの企業ポリシー、契約上の義務、コンプライアンス要件、地域の規制を反映するように、データにタグを付け、分類できます。 この機能は、顧客に関する既知のデータと不明なデータを区別し、データの性質に基づいてデータの使用に対して適切な制御を適用するうえで重要です。 製品ドキュメントについて詳しくは、UI でのデータ使用ラベルの管理 および API でのデータ使用ラベルの管理 を参照してください。

情報

このビデオは、「Adobe Experience Platform Data Governance の概要 」のコースの一部で、Experience League時に無料で入手できます。

このページ