複数エンティティのオーディエンスの作成

最終更新日: 2023-09-25
  • トピック:
  • Segments
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Intermediate
    User

このビデオでは、Adobe Experience Platformのオーディエンスルールビルダーで複数エンティティのオーディエンスを作成する方法を説明します。 複数エンティティのセグメント化(クラスをまたいだセグメント化)を使用すると、複数の XDM クラスに基づくデータを組み合わせてオーディエンスを構築できます。 例えば、顧客が購入する際に製品 ID をキャプチャする XDM ExperienceEvent クラスに基づいてデータセットを作成し、各製品 ID のカタログ詳細(色、サイズ、カテゴリなど)を含むカスタム製品クラスに基づいてデータセットを作成できます。 スキーマ間に関係を確立すると、両方のスキーマに存在するフィールド(ジャケットを購入した人など)に基づいてオーディエンスを構築できます。 詳しくは、 セグメントビルダーのドキュメント.

メモ

"セグメント"の名前が変更されました"オーディエンス」と入力します。 選択 オーディエンスを作成 > ルールを作成 をクリックして、このビデオで取り上げるルールビルダーを開始します。

このページ