タグプロパティの公開

開発環境で Adobe Experience Cloud の主要ソリューションをいくつか実装したら、パブリッシュのワークフローについて学習しましょう。

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、データ収集テクノロジーのスイートとして Adobe Experience Platform に統合されています。 このコンテンツの使用中に注意が必要な、いくつかの用語の変更がインターフェイスにロールアウトされました。

  • platform launch(クライアント側)が tags になりました。
  • platform launchサーバー側が event forwarding になりました。
  • エッジ設定は datastreams になりました。

学習内容

このレッスンを最後まで学習すると、以下の内容を習得できます。

  1. ステージング環境へ開発ライブラリをパブリッシュする
  2. デバッガーを使用してステージングライブラリを実稼動 Web サイトにマッピングする
  3. ステージングライブラリを実稼動環境にパブリッシュする

ステージングへのパブリッシュ

開発環境でライブラリを作成して検証したら、そのライブラリをステージングにパブリッシュする番です。

  1. 公開フロー ページに移動します。

  2. ライブラリの横にあるドロップダウンを開き、承認用に送信​を選択します。

    承認用に送信

  3. ダイアログで「送信」ボタンをクリックします。

    モーダルの「送信」をクリックする

  4. ライブラリが送信済み列に未ビルドの状態で表示されます。

  5. ドロップダウンを開き、ステージング用にビルド​を選択します。

    ステージング用にビルド

  6. 緑のドットアイコンが表示されると、ステージング環境でライブラリをプレビューできます。

実際のシナリオでは通常、プロセスの次のステップとして、ステージングライブラリの変更を QA チームに検証してもらいます。これをおこなうには、デバッガーを使用します。

ステージングライブラリで変更を検証するには、以下を実行します。

  1. タグプロパティで、環境 ページを開きます。

  2. ステージング行で、インストールアイコンインストールアイコン をクリックして、モーダルを開きます。

    環境ページに移動し、クリックしてモーダルを開く

  3. コピーアイコンコピーアイコンをクリックして、埋め込みコードをクリップボードにコピーします。

  4. 閉じる​をクリックしてモーダルを閉じます。

    インストールアイコン

  5. Chrome ブラウザーで Luma デモサイトを開きます。

  6. デバッガーアイコン アイコンをクリックして、Experience Cloud デバッガー拡張機能を開きます。

    デバッガーアイコンをクリックする

  7. 「ツール」タブに移動します。

  8. Adobeの Launch/「Launch の埋め込みコードを置き換え」セクションで、クリップボードにあるステージング埋め込みコードを貼り付けます。

  9. Apply across luma.enablementadobe.com スイッチをオンにします。

  10. ディスクアイコンをクリックして保存します。

    Debugger に表示されるタグ環境

  11. デバッガーの「概要」タブをリロードして確認します。「Launch」セクションの下に、ステージングプロパティが実装され、プロパティ名 (「tags Tutorial」またはプロパティに指定した名前 )。

    Debugger に表示されるタグ環境

実際には、QA チームがステージング環境の変更を確認してサインオフしたら、実稼動環境にパブリッシュします。

実稼動環境へのパブリッシュ

  1. パブリッシングページに移動します。

  2. ドロップダウンで​パブリッシュの承認​をクリックします。

    パブリッシュの承認

  3. ダイアログボックスで​承認​ボタンをクリックします。

    「承認」をクリックする

  4. ライブラリが承認済み列に未ビルド(黄色の点)として表示されます。

  5. ドロップダウンを開き、ビルドして実稼動環境にパブリッシュ​を選択します。

    「ビルドして実稼動環境にパブリッシュ」をクリックする

  6. ダイアログボックスで​パブリッシュ​をクリックします。

    「パブリッシュ」をクリックする

  7. ライブラリがパブリッシュ済み列に表示されます。

    パブリッシュ済み

これで全部です。チュートリアルを完了し、最初のプロパティをタグで公開しました。

このページ