タグ環境をExperience Cloud Debugger

このレッスンでは、 Adobe Experience Cloud Debugger 拡張機能 を、 Luma デモサイト を独自のプロパティに追加します。

この手法は環境の切り替えと呼ばれ、後で独自の Web サイトでタグを使用する際に役立ちます。 実稼動用 Web サイトをブラウザーに読み込むには、 開発 タグ環境を使用します。 これにより、通常のコードリリースとは独立し、自信を持ってタグを変更し、検証できます。 結局、マーケティングタグリリースを通常のコードリリースから分離できることは、顧客がタグを最初に使用する主な理由の 1 つです。

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、データ収集テクノロジーのスイートとして Adobe Experience Platform に統合されています。 このコンテンツを使用する際に注意が必要な、いくつかの用語の変更がインターフェイスにロールアウトされました。

学習内容

このレッスンを最後まで学習すると、以下の内容を習得できます。

  • デバッガーを使用した代替タグ環境の読み込み
  • デバッガーを使用して、代替タグ環境を読み込んだことを検証する。

開発環境 URL の取得

  1. タグプロパティで、 Environments ページ

  2. 開発​行で、インストールアイコンインストールアイコンをクリックして、モーダルを開きます。

  3. コピーアイコンコピーアイコンをクリックして、埋め込みコードをクリップボードにコピーします。

  4. 閉じる​をクリックしてモーダルを閉じます。

    インストールアイコン

Luma デモサイトのタグ URL を置き換えます。

  1. Chrome ブラウザーで Luma デモサイトを開きます。

  2. デバッガーアイコン アイコンをクリックして、Experience Cloud デバッガー拡張機能を開きます。

    デバッガーアイコンをクリックする

  3. 現在実装されているタグプロパティは、「概要」タブに表示されます。

    Debugger に表示されるタグ環境

  4. 「ツール」タブに移動します。

  5. Launch 埋め込みコードを置換​セクションまでスクロールします。

  6. Luma サイトの「Chrome」タブがデバッガーの背後にあることを確認します(このチュートリアルのタブやデータ収集インターフェイスのタブではなく)。 クリップボードにある埋め込みコードを入力フィールドに貼り付けます。

  7. 「luma.enablementadobe.com 全体で適用」機能をオンにして、Luma サイトのすべてのページがタグプロパティにマッピングされるようにします。

  8. 保存」ボタンをクリックします。

    Debugger に表示されるタグ環境

  9. Luma サイトを再読み込みし、デバッガーの「概要」タブを確認します。Launch セクションには、使用中の開発プロパティが表示されます。プロパティ名がユーザーと一致し、環境が「開発」となっていることを確認します。

    Debugger に表示されるタグ環境

メモ

デバッガーはこの設定を保存し、Luma サイトに戻るたびにタグ埋め込みコードを置き換えます。 他の開いているタブでアクセスする他のサイトには影響しません。デバッガーによる埋め込みコードの置き換えを停止するには、デバッガーの「ツール」タブの埋め込みコードの横にある​削除​をクリックします。

チュートリアルを続ける際には、この方法を使用して、Luma サイトを独自のタグプロパティにマッピングし、タグの実装を検証します。 実稼動用 Web サイトでタグの使用を開始する場合、同じ方法を使用して変更を検証できます。

次:「Adobe Experience Platform ID サービスの追加」>

このページ