クエリーの実行

このレッスンでは、クエリーを設定して実行する方法と、ingested のデータを検証する方法について説明します。

Adobe エクスペリエンス Platform Query サービスを利用すると、プラットフォームで標準的な SQL を使用してデータを照会できるので、データが理解しやすくなります。 クエリサービスを使用すると、データレイク内のデータセットを結合して、クエリ結果を新しいデータセットとして取得し、レポートやマシンラーニングで使用したり、リアルタイム顧客プロファイルに取り込んだりできます。

データアーキテクト および データエンジニア は、このチュートリアルの外で query service を使用する必要があります。

練習を開始する前に、この短いビデオで、クエリーサービスについて詳しく説明しています。

必要な権限

「権限の設定」のレッスンでは、 🔗 このレッスンを完了するために必要なすべてのアクセス制御を設定します。

単純なクエリー

最初に、次のような単純なクエリーについて説明します。

  1. プラットフォームのユーザーインターフェイスで、左側の ナビゲーションのクエリーに移動します。

  2. クエリーを ​実行し、クエリーを実行するためのテキストボックスを開くには、右上にある「クエリーを作成」ボタンを選択します。

  3. 次のクエリーをエディターに入力し、Shift + Enter キーを押すか、Shift + Return キーを押して、クエリーを実行します。

    SHOW TABLES
    
  4. 使用可能なテーブルの一覧が表示されます。

    テーブルクエリーの表示

  5. このクエリーを使用して、自分のテナントの名前空間に置き換えます _techmarketingdemos 。これは、自分のスキーマに表示されます。

    SELECT person.name.lastName,loyalty.tier
    FROM luma_loyalty_dataset
    WHERE loyalty.tier ='gold'
    

    ロイヤルティデータセットのデータの選択

  6. エラーが発生した場合は、次のように、 Console タブに詳細なメッセージが表示されます。
    クエリーでエラーが発生します。

  7. クエリーの実行が成功した場合は、 その名前を指定します。Luma Gold Level Customers

  8. 保存 」ボタンを選択します。
    クエリーの保存

その他の練習

その他のクエリサービスの実行は、後日、チュートリアルに追加される予定です。

その他のリソース

さて、ここでは、線分を作成するための最終的な実地レッスンについて学習します 🔗

このページ