クエリを実行

このレッスンでは、取り込んだデータを検証するクエリを設定、書き込み、実行する方法について説明します。

Adobe Experience Platformクエリサービスを使用すると、標準の SQL を使用して Platform のデータに対してクエリを実行でき、データの意味を理解できます。 クエリサービスを使用すると、データレイク内の任意のデータセットを結合し、クエリ結果を新しいデータセットとして取り込み、レポート、機械学習、リアルタイム顧客プロファイルへの取り込みに使用できます。

データアーキテクト および データエンジニア このチュートリアル以外で、クエリサービスを使用する必要があります。

演習を始める前に、次の短いビデオを見てクエリサービスの詳細を確認してください。

必要な権限

権限の設定 レッスンでは、このレッスンを完了するために必要なすべてのアクセス制御を設定します。

単純なクエリ

簡単なクエリをいくつか開始します。

  1. Platform ユーザーインターフェイスで、に移動します。 クエリ 左のナビゲーション

  2. を選択します。 クエリを作成 ボタンを使用して、クエリを実行および実行するためのテキストボックスを開きます。

  3. エディターで次のクエリを入力し、Shift + Enter キーまたは Shift + Return キーを押してクエリを実行します。

    SHOW TABLES
    
  4. 使用可能なテーブルのリストを表示します

    テーブルクエリを表示

  5. 次に、このクエリを試してください。 _techmarketingdemos 独自のテナント名前空間を使用します。これを思い出したら、スキーマに表示されます。

    SELECT person.name.lastName,loyalty.tier
    FROM luma_loyalty_dataset
    WHERE loyalty.tier ='gold'
    

    ロイヤルティデータセットからデータを選択

  6. エラーが発生した場合は、詳細なメッセージが コンソール タブ、下の図のように
    クエリでエラーが発生しました

  7. 成功したクエリで、 名前 it Luma Gold Level Customers

  8. を選択します。 保存 ボタン
    クエリの保存

その他の演習

追加のクエリサービスの演習は、後日チュートリアルに追加されます。

その他のリソース

そして最後の実践レッスンで セグメントの作成!

このページ