ID のマッピング

このレッスンでは、id 名前空間を作成し、スキーマに id フィールドを追加します。 これにより、前のレッスンのスキーマリレーションシップも完成させることができます。

Adobe エクスペリエンス Platform Identity Service を使用すると、デバイスおよびシステム全体で id をつなぎ合わせることによって、顧客やその動作をより適切に表示することができます。これにより、リアルタイムで impactful な個人用電子操作性を実現できます。 Id フィールドと名前空間は、異なるデータソースを結合して360度のリアルタイムカスタマープロファイルを構築するための接着剤のようなものです。

データアーキテクト は、このチュートリアルの外で id をマップする必要があります。

練習を開始する前に、この短いビデオで、Adobe エクスペリエンスプラットフォームでの id について詳しく知ることができます。

メモ

Id フィールドは、リアルタイムのユーザープロファイルを作成する場合にのみ必要です。 データを data lake に ingesting だけの場合は必要ありません。

必要な権限

「権限の設定」のレッスンでは、 🔗 このレッスンを完了するために必要なすべてのアクセス制御を設定します。

Identity 名前空間の作成

この練習では、ルミナンスキーカスタム id フィールド、、、およびの id 名前空間を作成し loyaltyId crmId productSku ます。 同じ名前空間内の2つの一致する値を使用して2つのデータソースを作成することにより、id 名前空間は、リアルタイムのユーザープロファイルを構築するうえで重要な役割を果たします。

UI での名前空間の作成

まず、ルミナンスロイヤルティスキーマの名前空間を作成します。

  1. プラットフォームのユーザーインターフェイスで、左側の ​ナビゲーションに表示された id に移動します。

  2. いくつかの使用可能な id 名前空間があることに注意してください。 「 アイデンティティ名前空間を作成 」ボタンをクリックします。

  3. 詳しくは以下のように説明します。

    フィールド
    表示名 ルミナンスロイヤルティ Id
    恒等記号 lumaLoyaltyId
    タイプ クロスデバイス
  4. 「作成」を選択します。

    名前空間の作成

次の説明を使用して、ルミナンス製品カタログスキーマ用に別の名前空間を設定します。

フィールド
表示名 ルミナンス製品 SKU
恒等記号 lumaProductSKU
タイプ 人名以外の識別子

API を使用したアイデンティティ名前空間の作成

ここでは、API を使用して CRM 名前空間を作成します。

メモ

この API の練習を省略する場合は、次の説明を使用してユーザーインターフェイスを使用して、CRM 名前空間を自由に作成できます。

  1. 表示名として ​使用する場合は、 Luma CRM Id
  2. Identity シンボルとして ​使用する場合は、 lumaCrmId
  3. タイプとして クロスデバイスを使用します。

Identity 名前空間を作成してみましょう Luma CRM Id

  1. ユーザーの フォルダーに Identity Service.postman_collection json をダウンロードします。 Luma Tutorial Assets

  2. コレクションをに読み込み Postman

  3. ここでは、24時間以内に要求されていない場合、認証トークンの有効期限が切れている可能性があります。 要求を開き、 Adobe I/O Access Token Generation > Local Signing (Non-production use-only) > IMS: JWT Generate + Auth via User Token 「送信」を選択して ​新しい JWT およびアクセストークンを要求します。

  4. Id サービス > identity 名前空間の要求を選択して、 ​ ​ 新しい id 名前空間を作成 > ​ ます。

  5. リクエストの形式で、次のものをペーストし Body ます。

    {
        "name": "Luma CRM Id",
        "code": "lumaCrmId",
        "idType": "Cross_device"
    }
    
  6. ​「送信」ボタンを押すと、200応答が表示され ​ます。

    ID 名前空間

ユーザーインターフェイスに戻ると、次のような3つの新しいカスタム名前空間が表示されます。
Identity 名前空間

スキーマの id フィールドにラベルを付ける

名前空間が完成したので、次の手順では、スキーマを更新して id フィールドにラベルを付けます。

第1のユーザーのために XDM フィールドにラベルを付ける

リアルタイムのカスタマープロファイルで使用する各スキーマには、プライマリ id が指定されている必要があります。 各レコード ingested には、そのフィールドの値を指定する必要があります。

では、プライマリ id を次のように追加し Luma Loyalty Schema ます。

  1. 開くには、 Luma Loyalty Schema

  2. 選択するには、 Luma Identity profile field group

  3. フィールドを選択します。 loyaltyId

  4. 「Id」ボックスを確認します。

  5. 「プライマリ id 」ボックスを確認してください。

  6. Luma Loyalty Id Id 名前空間 ドロップダウンリストから名前空間を選択します。

  7. 「適用」を選択します。

  8. 「保存」を選択します。

    プライマリ Id

他のスキーマについても、次の手順を実行します。

  1. で、 Luma CRM Schema crmId 名前空間を使用して、フィールドをプライマリ id としてラベル付けします。 Luma CRM Id
  2. で、 Luma Offline Purchase Events Schema loyaltyId 名前空間を使用して、フィールドをプライマリ id としてラベル付けします。 Luma Loyalty Id
  3. で、 Luma Product Catalog Schema productSku 名前空間を使用して、フィールドをプライマリ id としてラベル付けします。 Luma Product SKU
メモ

Web SDK で収集されるデータは、スキーマの id フィールドにラベルを付ける一般的な手法には例外です。 Web SDK では、Id マップを使用して、実装側で id にラベルが付けられるので ** 、 Luma Web Events Schema ルミナンス Web sdk をルミナンス web sdk に実装する際に、その id が特定されます。 このレッスンでは、この後のレッスンでは、プライマリ id としては、d であるとして、2番目の id として crmId を操作しています。

このような主な id を選択した場合 Luma CRM Schema は、 Luma Offline Purchase Events Schema どちらも識別子として使用されるため、への接続方法を理解していることをお勧め loyaltyId します。 このようにして、オフラインでの購入をオンラインの動作に結び付けるにはどうすればよいですか。 製品カタログとともに購入した製品をどのようにして分類しますか。 さらに、追加の id フィールドとスキーマの関係を使用します。

第2の Id の XDM フィールドにラベルを付ける

スキーマには、複数の id フィールドを追加することができます。 非プライマリ id は、二次 id とも呼ばれます。 オフラインでの購入をオンラインビヘイビアーに接続するには、crmId を、 Luma Loyalty Schema web イベントデータ内の our に追加します。 では、次の内容を更新してみましょう Luma Loyalty Schema

  1. 開くには、 Luma Loyalty Schema

  2. 選択 Luma Identity Profile Field group

  3. フィールドの選択 crmId

  4. 「Id」ボックスを確認します。

  5. Luma CRM Id Id 名前空間 ドロップダウンリストから名前空間を選択します。

  6. 「適用」を選択 ​し、「 保存」ボタンを選択し て変更を保存します。

    セカンダリ Id

スキーマリレーションシップの完成

Id フィールドのラベルが表示されたので、次の手順を実行して、ルミナンスキーの製品カタログとイベントスキーマ間のスキーマリレーションシップの設定を完了します。

  1. 開くには、 Luma Offline Purchase Events Schema

  2. Commerce の詳細 」フィールドグループを選択します。

  3. ProductListItems > SKU フィールドを選択します。

  4. 「リレーションシップ」 ボックスの確認

  5. Luma Product Catalog Schema参照スキーマとして選択

  6. Luma Product SKU参照 Id 名前空間として自動的に値が設定されます。

  7. 「適用」を選択します。

  8. 「保存」を選択します。

    「参照」フィールド

この処理を繰り返して、との間にリレーションシップを作成し Luma Web Events Schema Luma Product Catalog Schema ます。

リレーションシップを定義する ​と、 スキーマエディターの「コンポジション」と「構造」セクションの両方に、リレーションシップが表示され ます。

スキーマエディターでのリレーションシップの視覚化

その他のリソース

Id が適切に設定されたので、データセットを作成することができます 🔗

このページ