手順 3/3:Marketo と Salesforce の接続(Enterprise/Unlimited)

この記事では、設定済みの Salesforce インスタンスと同期するように Marketo を設定します。

同期ユーザーセキュリティトークンの取得

ヒント

既にセキュリティトークンを持っている場合は、直接「同期ユーザー認証情報の設定」に進んで、準備を完了させます。

  1. Marketo 同期ユーザーで Salesforce にログインし、同期ユーザーの名前をクリックしてから、My Settings をクリックします。

  2. クイック検索で、"reset" と入力して、Reset My Security Token をクリックします。

  3. Reset Security Token」をクリックします。

    セキュリティトークンはメールで送信されます。

同期ユーザー認証情報の設定

  1. Marketo で、「管理」に移動し、「CRM」を選択して、「Salesforce .com との同期」をクリックします。

    メモ

    同期ユーザーから Marketo で不要なフィールドをすべて非表示にした後で、「同期フィールド」をクリックするようにしてください。「同期フィールド」をクリックすると、ユーザーが表示できるすべてのフィールドが Marketo に作成され、削除できなくなります。

  2. Salesforce 設定のパート 2 で作成した Salesforce 同期ユーザーの認証情報(Professional または Enterprise)を入力して、「同期フィールド」をクリックします(Marketo Sandbox を Salesforce Sandbox Sandbox に同期している場合のみ、Sandbox をオンにします)。

    注意

    「ユーザー名」、「パスワード」、「トークン」フィールドの代わりに「Salesforce にログイン」ボタンが表示される場合、Marketo サブスクリプションで OAuth が有効になっています。この記事を参照してください。同期が一連の認証情報を使用し始めるとすぐに、Salesforce の認証情報またはサブスクリプション​を切り替えられなくなります。基本認証を使用する場合は、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

  3. 警告を読んでから、「認証情報の確認」をクリックします。

    注意

    マッピングを調べてカスタマイズしたい場合、これが唯一のチャンスです。「Salesforce 同期の開始」をクリックすると、同期されます。

Salesforce 同期の開始

  1. Salesforce 同期の開始」をクリックして、Marketo と Salesforce の間の永続的な同期を開始します。

    注意

    Marketo は、Salesforce の同期や、リードを手動で入力した場合には、自動的に重複排除を行いません。

  2. 同期の開始」をクリックします。

    メモ

    最初の同期が完了するまでの時間は、データベースのサイズと複雑さによって異なります。

同期の検証

Marketo の「管理」領域に、Salesforce 同期に関するステータスメッセージが表示されます。次の手順に従うことで、同期が正しく機能していることを確認できます。

  1. Marketo で、「管理」をクリックして、「Salesforce」をクリックします。

  2. 同期ステータスは、右上隅に表示されます。最終同期同期が進行しています失敗​のいずれかのメッセージが表示されます。

Marketo の最も強力な機能の 1 つの設定が完了しました。

このページ