手順 2 / 3:Dynamics(2011 オンプレミス)での Marketo 同期ユーザーのセットアップ

前の手順を完了させたら、先に進みましょう。

同期ユーザー役割を割り当てる

Marketo 同期ユーザー役割を Marketo 同期ユーザーにのみ割り当てます。他のユーザーに割り当てる必要はありません。

メモ

これは、Marketo プラグインバージョン 4.0.0.14 以降に当てはまります。以前のバージョンでは、すべてのユーザーに同期ユーザー役割が必要です。Marketo をアップグレードするには、Microsoft Dynamics 用 Marketo ソリューションのアップグレードを参照してください。

重要

同期ユーザーの言語設定は英語に設定する必要があります

  1. 左下のメニューで、「設定」を選択します。

  2. ツリーで、「管理者」を選択します。

  3. ユーザー」を選択します。

  4. ユーザーのリストが表示されます。専用の Marketo 同期ユーザーを選択するか、Active Directory Federation Services(AFDS)管理者に問い合わせて、Marketo 専用ユーザーの新規作成を依頼します。「役割を管理」をクリックします。

  5. Marketo 同期ユーザー」をクリックし、「OK」をクリックします。

    ヒント

    役割が表示されない場合は、手順 1 / 3 に戻ってソリューションをインポートします。

    メモ

    同期ユーザーが CRM で実行した更新は、再度 Marketo に​同期されません

Marketo ソリューションを設定する

あと少しで完了です。次の記事に進む前に、最後の部分を設定しましょう。

  1. 設定」を選択します。次に、ツリーで「Marketo 設定」を選択します。

    メモ

    Marketo 設定が見つからない場合は、ページを更新してみてください。問題が解決しない場合は、Marketo ソリューションをもう一度公開するか、ログアウトしてから再度ログインします。

  2. デフォルト」をクリックします。

  3. をクリックします。

  4. ポップアップで、同期ユーザーを選択します。次に、「OK」をクリックします。

  5. 保存」をクリックして、変更を保存します。

  6. すべてのカスタマイズを公開」をクリックします。

手順 3 に進む前に

* 同期するレコードの数を制限する場合は、[カスタム同期フィルターを設定](/docs/marketo/marketo/product-docs/crm-sync/microsoft-dynamics-sync/create-a-custom-dynamics-sync-filter.html?lang=ja) します。
* [Microsoft Dynamics 同期の検証](/docs/marketo/marketo/product-docs/crm-sync/microsoft-dynamics-sync/sync-setup/validate-microsoft-dynamics-sync.html?lang=ja) プロセスを実行します。初期設定が正しく行われたことを確認します。
* Microsoft Dynamics CRM で、Marketo 同期ユーザーにログインします。

これで完了です。

このページ