フィルター

最終更新日: 2024-02-29
  • トピック:
  • Reporting
    このトピックの詳細を表示

Discover で使用できる様々なフィルターとその使用方法の詳細をご覧ください。

メモ

Discover フィルター内の「ユーザー属性に一致」および「一致(詳細)」演算子は、完全に管理的なもので、安全に無視できます。

アカウント ID

使用場所:アカウントベースドマーケティング

CRM から一連のアカウント ID を選択するか貼り付けて、結果をフィルタリングします。 アカウント ID は、名前を同じにできるので、アカウント名よりも一意性が高くなります。

アカウント名

使用場所:アカウントベースドマーケティング

CRM から一連のアカウント名を選択するか貼り付けて、結果をフィルタリングします。 文字列に重複があるので、複数の「Marketo Measure「」アカウントなどが含まれます。 この場合、1 つのアカウントのみが必要な場合は、代わりにアカウント ID フィルターを使用します。

アトリビューションモデル

概要、マーケティング費用、広告 ROI、アカウントベースマーケティング、Web トラフィック、CMO、有料メディア、コンテンツマーケティング、Passport で使用

ファーストタッチ、リード作成タッチ、U 字形、W 字形、フルパス、カスタムモデルから、ボードに適用する単一のアトリビューションモデルを選択します。 フルパスとカスタムモデルは、すべての層で使用できるわけではありません。

キャンペーン

概要、増加、広告の ROI、Web トラフィック、CMO、有料メディア、コンテンツマーケティング、Passport で使用

1 つまたは複数のキャンペーン名でボードをフィルターします。 演算子を使用すると、「次を含む」や「次で始まる」演算子の使用など、フィルターを柔軟に実行できます。 チャネルフィルターまたはサブチャネルフィルターが適用されている場合、表示されるキャンペーンのリストは、適用されたフィルターのサブセットになります。

カテゴリ 1 ~ 10

概要、成長、広告 ROI、CMO、有料メディア、コンテンツマーケティング、ベロシティ、スナップショット、コホートファネル、Passport で使用

で作成したカテゴリとセグメントを使用して、ボードにセグメントフィルターを適用します。 Marketo Measure 設定。 作成したカテゴリのリストがフィルターメニューに表示されます。カテゴリが設定されていない場合、メニューにカテゴリフィルターは表示されません。 セグメントカテゴリは、すべての層で使用できるわけではなく、利用できるカテゴリの数も層によって異なります。

チャネル

概要、成長、マーケティング費用、広告の ROI、Web トラフィック、CMO、有料メディア、コンテンツマーケティング、Velocity、Passport で使用

1 つまたは複数のチャネルでボードをフィルタリングします。 演算子を使用すると、「次を含む」や「次で始まる」演算子の使用など、フィルターを柔軟に実行できます。 チャネルに入ると、サブチャネルおよびキャンペーンフィルターに表示される値は、適用されたサブチャネルフィルターからの値になります。

コホートステージ

使用場所:コホートファネル

コホートを表示するステージを選択します。 選択したステージがファネルの上部に表示され、すべてのコンバージョンが上部から下に流れます。

日付

概要、成長、マーケティング費用、広告 ROI、アカウントベースドマーケティング、ウェブトラフィック、CMO、有料メディア、コンテンツマーケティング、速度、スナップショット、コホートファネル、パスポートで使用

日付範囲を選択して、「範囲内」、「年内」、「次より前」などの柔軟な日付演算子を使用して、ボード内のデータをフィルタリングします。 例外は「スナップショット」で、1 つの日付を選択してデータのスナップショットを表示します。

日付タイプ

概要、成長、マーケティング費用、広告 ROI、アカウントベースドマーケティング、Web トラフィック、CMO、有料メディア、コンテンツマーケティング、Passport で使用

使用する日付のタイプを選択し、日付フィルターに関連付けます。 デフォルトの日付タイプは、ボードによって異なります。 タッチポイント日はマーケティング活動が行われた日付を指し、作成日はリード、連絡先、または商談が CRM で作成された日付を指し、クローズ日は商談がクローズされた日付を指します。

Dimension

使用場所:有料メディア

Dimensionは Group By 関数に似ていますが、有料メディアボードでの使用方法が少し異なる点が異なります。 Dimensionは、グラフを積み重ねるのではなく、概要グラフの線や、テーブルの先頭のオブジェクトを変更します。

デフォルトでは、Dimensionは「サブチャネル」に設定されており、次のように変更できます。

  • なし:すべてを分類なしで集計で表示します。
  • チャネル:マーケティングチャネル別にデータをリストします
  • サブチャネル:マーケティングサブチャネル別にデータをリストします
  • キャンペーン:データをキャンペーン別にリストします
  • アカウント:アカウント別にデータをリストします。 適用先 AdWords, Bing、および Facebook.
  • 広告グループ:広告グループ別のデータのリストが表示されます。 適用先 AdWords, Bing、および Facebook.
  • 広告:データを広告別にリストします。 Doubleclick 広告に適用されるので、Doubleclick を使用しない場合は結果が表示されません
  • 広告主:広告主別にデータをリストします。 Doubleclick の広告主に適用されるので、Doubleclick を使用しない場合は結果が表示されません
  • クリエイティブ:データをクリエイティブごとにリストします。 適用先 AdWords, Bing、および Facebook.
  • キーワード:キーワード別にデータをリストします。 適用先 AdWords, Bing、および Facebook.
  • 配置:データを配置別にリストします。 Doubleclick の配置に適用されるので、Doubleclick を使用しない場合は結果が表示されません
  • サイト:サイト別のデータを表示します。 Doubleclick サイトに適用されるので、Doubleclick を使用しない場合は結果が表示されません

グループ化の基準

使用場所:概要、成長、マーケティング費用、アカウントベースドマーケティング、Web トラフィック、CMO

グラフを調整して、積み重ねられ、グループ化されているディメンションを変更します。 デフォルトでは、「グループ化」は「チャネル」に設定されており、次のように変更できます。

  • なし:すべてを分類なしで集計で表示します。
  • チャネル:マーケティングチャネル別にデータをグループ化します
  • サブチャネル:マーケティングサブチャネル別にデータをグループ化します。
  • キャンペーン:キャンペーン別にデータをグループ化します
  • アカウント:アカウント別にデータをグループ化します。 適用先 AdWords, Bing、および Facebook.
  • 広告グループ:広告グループ別にデータをグループ化します。 適用先 AdWords, Bing、および Facebook.
  • 広告:広告別にデータをグループ化します。 Doubleclick 広告に適用されるので、Doubleclick を使用しない場合は結果が表示されません
  • 広告主:広告主別にデータをグループ化します。 Doubleclick の広告主に適用されるので、Doubleclick を使用しない場合は結果が表示されません
  • クリエイティブ:データをクリエイティブ別にグループ化します。 適用先 AdWords, Bing、および Facebook.
  • キーワード:キーワードでデータをグループ化します。 適用先 AdWords, Bing、および Facebook.
  • 配置:配置別にデータをグループ化します。 Doubleclick の配置に適用されるので、Doubleclick を使用しない場合は結果が表示されません
  • サイト:サイト別にデータをグループ化します。 Doubleclick サイトに適用されるので、Doubleclick を使用しない場合は結果が表示されません

ランディングページ

使用場所:コンテンツマーケティング

単一のランディングページ、または「ブログ」などの特定の単語を含むランディングページのパフォーマンスを詳細に調べます。

指標

概要、Web トラフィック、CMO、有料メディア、コンテンツマーケティングで使用

異なるボードで使用される 2 種類の指標ピッカーがあります。 指標ピッカーは、グラフ上の測定を変更するので、売上高の表示と、支出やインプレッションの表示を切り替えることができます。

概要および CMO ボードには、ROI 指標に関連する値の短縮リストがあります。

  • 売上高
  • 費用
  • 契約
  • パイプライン収益
  • 商談
  • 取引先責任者
  • リード

Web トラフィック、有料メディア、コンテンツマーケティングの各ボードには、ROI とファネル指標の両方に関連する値のリストが長くなっています。

  • 売上高
  • 費用
  • 契約
  • パイプライン収益
  • 商談
  • 取引先責任者
  • リード
  • クリック
  • impressions
  • 訪問者数
  • ユニーク訪問数
  • ページビュー
  • フォーム

ステージ

使用場所: Velocity

デフォルトでは、Velocity ボードにはすべてのステージの時間が表示されますが、特定のステージにドリルインするには、ステージフィルタを使用してステージを選択します。

サブチャネル

概要、成長、マーケティング費用、広告 ROI、Web トラフィック、CMO、有料メディア、コンテンツマーケティング、Passport で使用

1 つまたは複数のサブチャネルでボードをフィルタリングします。 演算子を使用すると、「次を含む」や「次で始まる」演算子の使用など、フィルターを柔軟に実行できます。 チャネルフィルターが適用されている場合、表示されるサブチャネルのリストは、適用されたフィルターのサブセットになります。 サブチャネルを入力すると、キャンペーンフィルターに表示される値は、適用されたサブチャネルフィルターからの値になります。

URL

使用場所:Web トラフィック

単一の URL のトラフィック、または「product」などの特定の単語を含む URL のトラフィックを調べます。

獲得

使用場所: Velocity

既定では、Velocity ボードはクローズ済みの獲得商談のみを報告しますが、このフィルタを調整して、クローズ済みの獲得商談またはクローズ済みの損失商談の速度を調整します。

このページ