エンゲージメントパス

最終更新日: 2023-10-05
  • トピック:
  • Reporting
    このトピックの詳細を表示

エンゲージメントパスを使用すると、ファーストタッチからクローズまで、リード、連絡先、アカウント、商談のエンゲージメントの全体像を確認できます。

タイルの説明

イベントタイプ: タッチポイントのタイプ(セッション、CRM キャンペーン、CRM イベント、CRM タスク、インプレッション)

購入者タッチポイントの位置: タッチポイントリード/連絡先の位置

購入者の属性タッチポイントの位置: 購入者の属性商談のタッチポイントの位置

タッチポイント日: オンラインソースの場合:エンゲージメントが発生した日時。 オフラインイベントの場合:Salesforce キャンペーンで設定された日時。 アクティビティタッチポイント:アクティビティ設定で参照されるタッチポイントの日付フィールド。

電子メール: エンゲージメントに関連付けられた E メール

マーケティングタッチタイプ: エンゲージメントのタイプ(Web 訪問、Web フォーム、Web チャット、CRM、アクティビティのタイプ)

チャネル: エンゲージメントを促したマーケティングチャネル

中: エンゲージメントの程度

  • エンゲージメントが API 接続プラットフォーム (Adwords/BingAds) メディアからのものである場合、CPC
  • エンゲージメントのランディングページに utm_medium が含まれる場合、
  • エンゲージメントが CRM キャンペーンからの場合、メディアは CRM キャンペーンの「タイプ」フィールドからのものです

Web ソース: この列には、エンゲージメントのソースが表示されます

  • エンゲージメントが API 接続プラットフォームからのものである場合、Web ソースには広告プラットフォームの名前が表示されます
  • タッチポイントがオーガニック検索に起因する場合、このフィールドには、検索エンジンの名前が表示されます
  • #1 や #2 に該当せず、utm_source 値がタッチポイントのランディングページ URL に存在する場合、その値がここに表示されます
  • #1または#2がなく、utm_source の値が存在しない場合、参照 URL のルートドメインがここに表示されます。
  • 上記のいずれにも該当しない場合は、「Web ダイレクト」または「Web」と表示されます

人物との最初のインタラクション: この列には、そのタッチポイントが個人の最初のインタラクションである場合は「はい」または「いいえ」と表示されます

属性売上高: この列には、選択したアトリビューションモデルに基づく、そのタッチポイントに関連する売上高が表示されます

フィルターの説明

フィルター名 説明

アカウント名/ID

右側のプラス記号「+」を使用してフィルターを追加し、複数の値を許可します。 複数のフィルター値は、「または」の関係になります。つまり、タイルには両方のフィルター値の結果が表示されます。 いずれかのフィルタ値が無効な場合、ダッシュボードは無効な値の結果を生成しませんが、有効なフィルタ値でフィルタリングされます。 大文字と小文字を区別しません。

商談名/ID

右側のプラス記号「+」を使用してフィルターを追加し、複数の値を許可します。 複数のフィルター値は、「または」の関係になります。つまり、タイルには両方のフィルター値の結果が表示されます。 いずれかのフィルタ値が無効な場合、ダッシュボードは無効な値の結果を生成しませんが、有効なフィルタ値でフィルタリングされます。 大文字と小文字を区別しません。

リード ID/メール

右側のプラス記号「+」を使用してフィルターを追加し、複数の値を許可します。 複数のフィルター値は、「または」の関係になります。つまり、タイルには両方のフィルター値の結果が表示されます。 いずれかのフィルタ値が無効な場合、ダッシュボードは無効な値の結果を生成しませんが、有効なフィルタ値でフィルタリングされます。 大文字と小文字を区別しません。

連絡先 ID/メール

右側のプラス記号「+」を使用してフィルターを追加し、複数の値を許可します。 複数のフィルター値は、「または」の関係になります。つまり、タイルには両方のフィルター値の結果が表示されます。 いずれかのフィルタ値が無効な場合、ダッシュボードは無効な値の結果を生成しませんが、有効なフィルタ値でフィルタリングされます。 大文字と小文字を区別しません。

アカウント名/ID、リード ID/電子メール、連絡先 ID/電子メールフィルタは「or」の関係です。つまり、リードフィルターと連絡先フィルターの両方に値がある場合、いずれかの ID のすべてのレコードが表示されます。

アトリビューションモデル

属性売上高を計算するモデルを指定します。 使用できる値は、「フルパス属性」、「ファーストタッチ属性」、「カスタムモデル属性」、「リード作成属性」、「U 字形属性」、「W 字形属性」です。

イベントタイプ

ユーザータッチポイントが基にしているイベントのタイプでジャーニーをフィルタリングします。 右側のプラス記号「+」を使用してフィルターを追加し、複数の値を許可します。 許可される値:「セッション」、「CRM キャンペーン」、「CRM イベント」、「CRM タスク」、「インプレッション」。

リードステージ

ユーザータッチポイントの基になるリードステージでジャーニーをフィルタリングします。 右側のプラス記号「+」を使用してフィルターを追加し、複数の値を許可します。 デフォルトで「次と等しい」に設定されているフィルターには、選択する候補が表示されますが、ステージ上の複数のフィルターのフィルター条件として「次を含む」を使用することをお勧めします。

商談のステージ

ユーザーのタッチポイントが基にしているオポチュニティステージでジャーニーをフィルタリングします。 右側のプラス記号「+」を使用してフィルターを追加し、複数の値を許可します。 デフォルトで「次と等しい」に設定されているフィルターには、選択する候補が表示されますが、ステージ上の複数のフィルターのフィルター条件として「次を含む」を使用することをお勧めします。

Touchpoint 日

タッチポイントの日時でジャーニーをフィルタリングします。

User Touchpointメール

ユーザーのタッチポイントに関する E メールでジャーニーをフィルタリングします。 これにより、リード/連絡先/アカウントに関連付けられていない E メールをフィルタリングできます。

マーケティングタッチタイプ

マーケティングタッチタイプでジャーニーをフィルタリングします。

チャネル

チャネルでジャーニーをフィルタリングします。

ジャーニーをメディアでフィルタリングします。

ウェブソース

Web ソースでジャーニーをフィルタリングします。

担当者との最初のやりとり

ユーザータッチポイントテーブルの「ファーストタッチ」列でジャーニーをフィルタリングします。

起因する収益

属性売上高の値でジャーニーをフィルタリングします。

このページ