Adobe Campaign Standard の使用

Adobe Campaign Standardのトランザクションメッセージ機能を使用して、E メール、プッシュ通知、SMS を送信できます。

Journey Orchestration には、Adobe Campaign Standardへの接続を許可する標準のアクションが付属しています。

Campaign Standardで使用するには、Journey Orchestrationトランザクションメッセージとそれに関連するイベントを公開する必要があります。 イベントが公開されてもメッセージが表示されない場合、メッセージインターフェイスにはJourney Orchestrationされません。 メッセージが公開されたが、関連するイベントが発生しなかった場合、そのメッセージはJourney Orchestrationインターフェイスに表示されますが、使用できなくなります。

メモ

Adobe Campaign Standard統合が設定されるとすぐに、Adobe Campaign Standardアクションに対して 5 分あたり 4,000 呼び出しの制限ルールが自動的に定義されます。 これは、Adobe Campaign Standardトランザクションメッセージの公式な規模に対応しています。

トランザクションメッセージング SLA の詳細については、 Adobe Campaign Standard Product Description.

次に、設定手順を示します。

  1. 次の アクション リストで、組み込み AdobeCampaignStandard アクション。 画面右側にアクション設定ペインが開きます。

  2. Adobe Campaign Standardインスタンスの URL をコピーし、 URL フィールドに入力します。

  3. 次をクリック: インスタンス URL をテストします。 をクリックして、インスタンスの有効性をテストします。

    メモ

    このテストでは、次のことを検証します。

    ホストは、「.campaign.adobe.com」、「.campaign-sandbox.adobe.com」、「.campaign-demo.adobe.com」、「.ats.adobe.com」または「.adls.adobe.com」です。

    URL は https で始まり、

    このAdobe Campaign Standardインスタンスに関連付けられている ORG は、Journey Orchestrationの ORG と同じです。

ジャーニーを設計する際、 アクション カテゴリ: 電子メール, プッシュ, SMS ( Adobe Campaignアクションの使用) をクリックします。 反応イベント また、メッセージのクリック数、開封数などに対する反応も可能です。 ( 反応イベント) をクリックします。

サードパーティのシステムを使用してメッセージを送信する場合は、カスタムアクションを追加して設定する必要があります。 詳しくは、 カスタムアクション設定について.

このページ