Adobe Campaign Standardの使用

Adobe Campaign Standardのトランザクションメッセージング機能を使用して、Eメール、プッシュ通知およびSMSを送信できます。

Journey Orchestration には、Adobe Campaign Standardへの接続を許可する標準のアクションが付属しています。

Campaign Standardで使用するには、Journey Orchestrationトランザクションメッセージとそれに関連するイベントを公開する必要があります。 イベントが公開されてもメッセージが表示されない場合、Journey Orchestrationインターフェイスには表示されません。 メッセージが公開されても、関連するイベントが発行されない場合、Journey Orchestrationインターフェイスに表示されますが、使用できません。

メモ

Adobe Campaign Standard統合が設定されるとすぐに、Adobe Campaign Standardアクションに対して1秒あたり13呼び出しの制限ルールが自動的に定義されます。 これは、Adobe Campaign Standardトランザクションメッセージの公式スケールに対応します。

トランザクションメッセージングSLAについて詳しくは、Adobe Campaign Standardの製品説明🔗を参照してください。

設定の手順は次のとおりです。

  1. アクション」リストで、組み込みの「AdobeCampaignStandard」アクションをクリックします。 画面の右側にアクション設定ペインが開きます。

  2. Adobe Campaign StandardインスタンスのURLをコピーし、「URL」フィールドに貼り付けます。

  3. インスタンスURLをテスト」をクリックして、インスタンスの有効性をテストします。

    メモ

    このテストでは、次の点が検証されます。

    ホストは、「.campaign.adobe.com」、「.campaign-sandbox.adobe.com」、「.campaign-demo.adobe.com」、「.ats.adobe.com」または「.adls.adobe.com」です。

    URLはhttpsで始まり、

    このAdobe Campaign Standardインスタンスに関連付けられているORGは、Journey OrchestrationのORGと同じです。

ジャーニーを設計する際に、「アクション」カテゴリに3つのアクションを使用できます。EメールプッシュSMS(Adobe Campaignのアクションの使用を参照)。 反応 は、メッセージのクリック数、開封数などに反応することもできます。(反応イベントを参照)。

サードパーティシステムを使用してメッセージを送信する場合は、カスタムアクションを追加して設定する必要があります。 カスタムアクションの設定についてを参照してください。

このページ