グローバルレポート

メモ

クエリサービスを使用する際に API を通じてカスタムクエリを作成すると、レポートに多少の遅延が生じる可能性があります。

グローバルレポート​を使用すると、選択した期間におけるジャーニーと配信の効果を測定できます。

  • ジャーニーまたはジャーニーのコンテキストの配信をターゲットにする場合は、ジャーニー​メニューからジャーニーにアクセスし、グローバルレポート​アイコンをクリックします。ジャーニー、メール、プッシュなどの​グローバルレポート​が見つかります。

  • 特定の配信をターゲットにする場合は、メッセージの「実行」タブの​グローバル表示​で、選択した配信の詳細メニューから「グローバルレポート」を選択します。

  • 配信を​グローバルレポート​から​ライブレポート​に切り替える場合は、タブスイッチャーで「ライブ表示」をクリックします。

ダッシュボードのカスタマイズ

各レポートダッシュボードは、期間を変更し、ウィジェットのサイズを変更または削除することで変更できます。ウィジェットを変更して影響を受けるのは、現在のユーザーのダッシュボードのみです。他のユーザーには、各自のダッシュボードまたはデフォルトで設定されたダッシュボードが表示されます。

  1. グローバルレポートから、開始および終了時間を選択して特定のデータをターゲットにします。

  2. 切り替えバーを使用して、レポートからテストイベントを除外する場合に選択します。テストイベントについて詳しくは、このページを参照してください。

    テストイベントの除外」オプションは、ジャーニーレポートでしか使用できません。

  3. 変更」をクリックして、ダッシュボードのカスタマイズを開始します。

  4. ウィジェットの右下隅をドラッグして、ウィジェットのサイズを調整します。

  5. 削除」をクリックして、不要なウィジェットを削除します。

  6. ウィジェットの表示順とサイズが定まったら、「保存」をクリックします。

ダッシュボードが保存されました。様々な変更は、後でライブレポートを使用する際にも再度適用されます。必要に応じて、「リセット」オプションを使用して、デフォルトのウィジェットとそれらのデフォルト順序に戻します。

このページ