Journey Optimizer リソースに対する監査アクション

監査ログについて

Journey Optimizer を使用すると、ジャーニー、メッセージ、ランディングページなど、様々なサービスや機能に対してシステム内のユーザーが実行したアクションを識別できます。

これにより、システムで実行されるアクティビティの可視性の向上、問題のトラブルシューティング、ビジネスの規制や企業データ管理ポリシーへの準拠が可能になります。

各アクションは、メタデータと共に、Adobe Experience Platform でアクセス可能な「監査ログ」に記録されます。UI または API での監査ログの表示方法や管理方法など、監査ログについて詳しくは、Adobe Experience Platform ドキュメントを参照してください。

監査ログで記録されるイベントタイプ

次の表に、監査ログで Journey Optimizer リソースが記録されるアクションの概要を示します。

メモ

監査ログで記録されるアクションの一覧については、Adobe Experience Platform ドキュメントを参照してください。

リソース アクション
AJO チャネルの一般設定 作成/削除/更新
AJO IP プール 作成/削除/更新
AJO ランディングページ 作成/削除/更新/公開/非公開
AJO ランディングページ HTML テンプレート 作成/削除/更新
AJO ランディングページプリセット 作成/削除/更新
AJO ランディングページサブドメイン 作成/削除/更新
AJO メッセージ 作成/削除/更新/公開
AJO チャネルサーフェス 作成/削除/更新
AJO PTR レコード 作成/削除/更新
AJO で保存された式テンプレート 作成/削除/更新
AJO SMS API 資格情報 作成/削除/更新
AJO サブドメイン 作成/削除/更新
AJO 抑制リスト CSV の作成/削除/ダウンロード
フィールドグループ 作成/削除/更新
ジャーニー 作成/削除/停止/公開
ジャーニーのカスタムアクション 作成/削除/更新
ジャーニーデータソース 作成/削除/更新
ジャーニーイベント 作成/削除/更新
メッセージ頻度ルール 作成/削除/更新
ランキング戦略 作成/削除/更新

このページ