プレースメントの作成

最終更新日: 2023-12-29
  • 作成対象:
  • Intermediate
    User

プレースメントを使用すると、メッセージ内の適切な場所に適切なオファーコンテンツが表示されます。オファーにコンテンツを追加すると、そのコンテンツを表示できるプレースメントを選択するように求められます。

➡️ プレースメントの作成方法については、このビデオをご覧ください

下の例では、異なるタイプのコンテンツ(画像、テキスト、HTML)に対応する 3 つのプレースメントがあります。

プレースメントのリストには​コンポーネント​メニューからアクセスできます。フィルターは、特定のチャネルやコンテンツに従ってプレースメントを取得するのに役立ちます。

プレースメントを作成するには、次の手順に従います。

  1. プレースメントを作成」をクリックします。

  2. プレースメントのプロパティを定義します。

    • 名前:プレースメントの名前。わかりやすい名前を定義して、取得しやすくします。
    • チャネルタイプ:プレースメントの使用先となるチャネル。
    • コンテンツタイプ:プレースメントに表示できるコンテンツのタイプ(テキスト、HTML、画像リンク、JSON のいずれか)。
    • 説明:プレースメントの説明(オプション)。

  3. リクエスト設定」セクションと「応答の形式」セクションには、追加のパラメーターが用意されています。

    • プレースメント間での重複を許可:異なるプレースメント間で同じオファーを複数回提案できるかどうかを制御します。有効にすると、システムは複数のプレースメントに対して同じオファーを考慮します。デフォルトでは、 パラメーターは false に設定されています。

      このオプションが決定リクエスト内のいずれかのプレースメントに対して false に設定されている場合、リクエスト内のすべてのプレースメントは「false」設定を継承します。

    • オファーをリクエスト:デフォルトでは、決定範囲のオファーが各プロファイルに対して 1 つ返されます。返されるオファーの数は、このオプションを使用して調整できます。例えば、「2」を選択した場合、選択した決定範囲に最適な 2 つのオファーが表示されます。

    • コンテンツを含めるメタデータを含める:オファーのコンテンツとメタデータを API 応答で返す必要があるかどうかを指定します。すべてのメタデータまたは特定のフィールドのみを含めることができます。デフォルトでは、Include メタデータの値は true に設定されています。

    Decisioning API を使用している場合は、これらのパラメーターを API リクエストに直接設定することもできます。ただし、ユーザーインターフェイスで設定すると、各 API リクエストで渡す必要がないので、時間を節約できます。ユーザーインターフェイスと API リクエストの両方でパラメーターを設定する場合、API リクエストの値がインターフェイスの値よりも優先されます。

    メモ

    Edge Decisioning API を使用している場合、これらのパラメーターをリクエストに設定することはできません。この画面で定義する必要があります。

    Batch Decisioning API を使用している場合、この画面または API リクエストでこれらのパラメーターを設定できます。画面と API リクエストのパラメーター値が一致しない場合は、リクエスト値が使用されます。

  4. 保存」をクリックして確認します。

  5. プレースメントが作成されると、プレースメントリストに表示されます。選択してプロパティを表示し、編集できます。

チュートリアルビデオ

意思決定管理でプレースメントを作成する方法を説明します。

このページ