Batch Decisioning

Batch Decisioning の基本を学ぶ

Journey Optimizer を使用すると、特定の Adobe Experience Platform セグメントですべてのプロファイルにオファーの決定を配信できます。

これを行うには、Journey Optimizer でジョブリクエストを作成する必要があります。このジョブリクエストには、ターゲットとするセグメントと使用するオファーの決定に関する情報が含まれます。セグメント内の各プロファイルに対するオファーコンテンツは、Adobe Experience Platform データセットに配置され、カスタムバッチワークフローで使用できます。

バッチ配信は、API を使用して実行することもできます。詳しくは、Batch Decisioning API ドキュメントを参照してください。

前提条件

ジョブリクエストを設定する前に、以下が作成されていることを確認します。

  • Adobe Experience Platform の​データセット。このデータセットは、"ODE DecisionEvents" スキーマを使用して決定結果を保存するために使用されます。詳しくは、データセットドキュメントを参照してください。

  • Adobe Experience Platform の​セグメント。セグメントは評価してから更新する必要があります。セグメントメンバーシップの評価を更新する方法については、Segmentation Service ドキュメントを参照してください

    メモ

    1 日に 1 回、プロファイルスナップショットからバッチジョブが実行されます。Batch Decisioning は頻度を制限し、常に最新のスナップショットからプロファイルを読み込みます。

  • Adobe Journey Optimizer の​決定決定の作成方法を学ぶ

ジョブリクエストの作成

新しいジョブリクエストを作成するには、次の手順に従います。

  1. オファー​メニューで、「Batch Decisioning」タブを開き、「リクエストを作成」をクリックします。

  2. ジョブリクエストに名前を付け、ジョブデータの送信先のデータセットを選択します。

  3. ターゲットにする Adobe Experience Platform セグメントを選択します。

  4. セグメントにオファーを配信する際に使用する 1 つまたは複数のオファー決定範囲を選択します。

    1. リストからプレースメントを選択します。
    2. 選択したプレースメントで使用可能な決定が表示されます。任意の決定を選択し、「追加」をクリックします。
    3. 操作を繰り返して、必要な数の決定範囲を追加します。

  5. デフォルトでは、決定範囲のオファーが各プロファイルに対して 1 つ返されます。返されるオファーの数は、「プロファイルごとにオファーをリクエスト」オプションを使用して調整できます。例えば、「2」を選択した場合、選択した決定範囲に最適な 2 つのオファーが表示されます。

    メモ

    1 つの決定範囲につき最大 30 のオファーをリクエストできます。

  6. オファーコンテンツをデータセットに含める場合は、「コンテンツを含める」オプションをオンにします。このオプションはデフォルトでは無効です。

  7. 作成」をクリックして、ジョブリクエストを実行します。

バッチジョブの監視

リクエストされたすべてのバッチジョブは、「Batch Decisioning」タブからアクセスできます。さらに、リストを絞り込むのに役立つ検索ツールとフィルタリングツールを使用できます。

ジョブリクエストのステータス

ジョブリクエストが作成されると、バッチジョブは次の複数のステータスを処理します。

メモ

ジョブリクエストのステータスに関する最新の情報を取得するには、ジョブの横にある楕円ボタンを使用して、ジョブを更新します。

  1. 待機中:ジョブリクエストが作成され、処理キューに入っています。1 つのデータセットにつき、一度に最大 5 つのバッチジョブを実行できます。同じ出力データセットを持つその他のバッチリクエストがキューに追加されます。前のジョブの実行が完了したら、キュー内のジョブがピックアップされ処理されます。

  2. 処理中:ジョブリクエストを処理中です

  3. 取り込み中:ジョブリクエストが実行され、結果データが選択したデータセットに取り込まれています。

  4. 完了:ジョブリクエストが実行され、結果データが選択したデータセットに保存されます。

    メモ

    ジョブリスト内のジョブの名前をクリックすると、ジョブの結果が保存されているデータセットにアクセスできます。

ジョブリクエストの実行中にエラーが発生した場合、リクエストのステータスが​エラー​になります。新しいリクエストを作成するには、バッチジョブを複製してみてください。バッチジョブの複製方法については、こちらを参照してください。

バッチジョブ処理時間

各バッチジョブのエンドツーエンド時間は、ワークロードが作成されてから出力データセットで決定結果が使用可能になるまでの期間です。

セグメントサイズが、エンドツーエンドのバッチ決定時間に影響を与える主な要因です。実施要件を満たすオファーでグローバルなフリークエンシーキャップが有効になっている場合、Batch Decisioning の完了にはさらに時間がかかります。実施要件を満たすオファーに対してキャッピングを有効にする場合と有効にしない場合の両方で、それぞれのセグメントサイズに対するエンドツーエンドの処理時間の概算を以下に示します。

実施要件を満たすオファーに対してフリークエンシーキャップを有効にする場合:

セグメントサイズ エンドツーエンドの処理時間
1 万件以下のプロファイル 7 分
100 万件以下のプロファイル 30 分
1,500 万件以下のプロファイル 50 分

実施要件を満たすオファーに対してフリークエンシーキャップを有効にしない場合:

セグメントサイズ エンドツーエンドの処理時間
1 万件以下のプロファイル 6 分
100 万件以下のプロファイル 8 分
1,500 万件以下のプロファイル 16 分

ジョブリクエストの複製

既存のジョブの情報を再利用して、新しいリクエストを作成できます。

それには、複製アイコンをクリックし、必要に応じてジョブ情報を編集したあと、「作成」をクリックして新しいリクエストを作成します。

このページ