サンドボックス管理

サンドボックスの使用

Journey Optimizer では、インスタンスをサンドボックスと呼ばれる個別の仮想環境に分割できます。
サンドボックスは、Admin Console の製品プロファイルから割り当てられます。サンドボックスの割り当て方法を学ぶ

Journey Optimizer は、特定の組織用に作成された Adobe Experience Platform サンドボックスを反映します。
Adobe Experience Platform サンドボックスは、Adobe Experience Platform インスタンスから作成またはリセットできます。詳細については、Sandbox ユーザーガイドを参照してください。

画面の右上の組織名の横に、サンドボックス切り替えコントロールがあります。サンドボックスを切り替えるには、切り替えボタンで現在アクティブなサンドボックスをクリックし、ドロップダウンリストから別のサンドボックスを選択します。

➡️ このビデオでサンドボックスの詳細を学ぶ

サンドボックスの割り当て

重要

サンドボックスの管理は、製品​または​システム​の管理者のみが実行できます。詳細については、Admin Console のドキュメントを参照してください。

標準またはカスタムの​製品プロファイル​に異なるサンドボックスを割り当てることもできます。

サンドボックスを割り当てるには、以下の手順に従います。

  1. Admin Console の「製品」タブで、「Adobe Experience Platform アプリ」製品を選択します。

  2. 製品プロファイル」を選択します。

  3. 権限」タブを選択します。

  4. サンドボックス」機能を選択します。

  5. 使用可能な権限項目」でプラス(+)アイコンをクリックし、サンドボックスをプロファイルに割り当てます。サンドボックスの詳細については、こちらを参照してください。

  6. 必要に応じて、「含まれる権限項目」で横の X アイコンをクリックすると、製品プロファイル​に対する権限を削除できます。

  7. 保存」をクリックします。

コンテンツへのアクセス

コンテンツのアクセシビリティを設定するには、コンテンツの共有フォルダーを各サンドボックスに割り当てる必要があります。管理者向けの Admin Console に表示される「ストレージ」タブで、共有フォルダーを作成し、設定できます。システム管理者として Admin Console にアクセスできる場合は、共有フォルダーを作成し、異なるアクセスレベルの委任を共有フォルダーに追加できます。

コンテンツを正しいサンドボックスと同期させるには、サンドボックスと同じ構文に従う必要があります。例えば、サンドボックスの名前が「開発」の場合、共有フォルダーも同じ名前にする必要があります。

共有フォルダーの管理方法については、こちらを参照してください。

ハウツービデオ

サンドボックスの概要と、開発用サンドボックスと実稼動用サンドボックスを区別する方法について説明します。サンドボックスの作成、リセット、削除方法について説明します。

このページ