XDMスキーマのサンプルデータをUIに生成する

データをAdobe Experience Platformに取り込むには、データの形式と構造が既存のExperience Data Model(XDM)スキーマに準拠している必要があります。 特定のデータセットのスキーマの複雑さに応じて、取り込み時にデータセットが予測するデータの正確な形状を判断するのは困難な場合があります。

Experience PlatformUIで定義するスキーマに対して、スキーマの構造に適合するサンプルJSONオブジェクトを生成できます。 このオブジェクトは、該当するスキーマを使用するデータセットに取り込まれるデータのテンプレートとして使用できます。

Platform UIの左側のナビゲーションで「スキーマ」を選択します。 「参照」タブで、サンプルデータを生成するスキーマを探します。 リストから選択すると、右側のパネルが更新され、スキーマの詳細が表示されます。 ここから、「サンプルファイル​をダウンロード」を選択します。

サンプルのJSONファイルがブラウザーによってダウンロードされます。 このスキーマを使用するデータセットに取り込む際に、データの構造化方法のリファレンスとしてこのファイルを使用できます。

次の手順

このガイドでは、プラットフォームUIのXDMスキーマからサンプルのJSONファイルを生成する方法について説明しました。 スキーマレジストリAPIを使用してサンプルデータを生成する方法については、サンプルデータエンドポイントガイドを参照してください。

データを取り込む開始の準備が整ったら、CSVファイルをXDMにマッピングする方法のチュートリアルを参照し、フラットデータファイル(CSVなど)をXDMスキーマにマップしてPlatformに取り込む方法を確認してください。 または、ソース接続を確立して、外部ソースからデータを取り込み、XDMにマッピングすることもできます。

UIのスキーマワークスペースの機能について詳しくは、スキーマワークスペースの概要を参照してください。

このページ