Adobe Analytics ExperienceEvent 完全拡張スキーマフィールドグループ

Adobe Analytics ExperienceEvent 完全拡張は、 XDM ExperienceEvent クラスの標準スキーマフィールドグループで、Adobe Analytics が収集する共通のメトリクスをキャプチャするものです。

このドキュメントでは、Analytics 拡張機能フィールドグループの構造と使用例について説明します。

メモ

このフィールドグループ内で繰り返される要素のサイズと数のため、このガイドで示される多くのフィールドは、スペースを節約するために折りたたまれています。このフィールドグループの完全な構造を見るには、Platform UI で検索するか、パブリック XDM リポジトリで完全なスキーマを表示します。

フィールドグループ構造

フィールドグループは、スキーマに単一の _experience オブジェクトを提供し、スキーマ自身には単一の analytics オブジェクトが含まれます。

Analytics フィールドグループの最上位フィールド

プロパティ データタイプ 説明
customDimensions オブジェクト Analytics で追跡されているカスタムディメンションをキャプチャします。 このオブジェクトの内容については詳しくは、次のサブセクションを参照してください。
endUser オブジェクト イベントをトリガーしたエンドユーザーの web インタラクションの詳細をキャプチャします。 詳しくは、以下のサブセクションを参照してください。
environment オブジェクト イベントをトリガーしたブラウザーおよびオペレーティングシステムに関する情報をキャプチャします。 このオブジェクトの内容について詳しくは、次のサブセクションを参照してください。
event1to100

event101to200

event201to300

event301to400

event401to500

event501to100

event601to700

event701to800

event801to900

event901to1000
オブジェクト フィールドグループには、最大 1000 個のカスタムイベントをキャプチャするためのオブジェクトフィールドが用意されています。 これらのフィールドについて詳しくは、次のサブセクションを参照してください。
session オブジェクト イベントをトリガーしたセッションに関する情報をキャプチャします。 このオブジェクトの内容について詳しくは、次のサブセクションを参照してください。

customDimensions

customDimensions は、Analytics で追跡されるカスタムの寸法をキャプチャします。

customDimensions フィールド

プロパティ データタイプ 説明
eVars オブジェクト 最大 250 個のコンバージョン変数(eVars)をキャプチャするオブジェクトです。このオブジェクトのプロパティには eVar1 から eVar250 までのキーがあり、データタイプには文字列のみを使用できます。
hierarchies オブジェクト 最大 5 つのカスタム階層変数(hiers)をキャプチャするオブジェクトです。このオブジェクトのプロパティは hier1 から hier5 までがキーとなっており、それ自身が以下のサブプロパティを持つオブジェクトです。
  • delimitervalues で提供されるリストの生成に使用する、元の区切り文字。
  • values:階層レベル名の区切りリストを文字列で表したもの。
listProps オブジェクト 最大 75 個の list props をキャプチャするオブジェクトです。このオブジェクトのプロパティは prop1 から prop75 までがキーとなっており、それ自身は以下のサブプロパティを持つオブジェクトです。
  • delimitervalues で提供されるリストの生成に使用する、元の区切り文字。
  • values:prop 値の区切りリストを文字列で表したもの。
lists オブジェクト 最大 3 つのリストまでキャプチャするオブジェクト。このオブジェクトのプロパティは list1 から list3 までのキーが設定されています。各プロパティには、キーと値のペアデータタイプの list 配列が一つ含まれます。
props オブジェクト 最大 75 個の prop をキャプチャするオブジェクトです。このオブジェクトのプロパティは prop1 から prop75 までのキーがあり、データタイプには文字列のみを使用できます。
postalCode 文字列 クライアントが指定した zip コードまたは郵便番号。
stateProvince 文字列 クライアントが提供する都道府県の場所。

endUser

endUser は、イベントをトリガーしたエンドユーザーの web インタラクションの詳細をキャプチャします。

endUser フィールド

プロパティ データタイプ 説明
firstWeb Web 情報 このエンドユーザーの最初の ExperienceEvent からの web ページ、リンクおよびリファラーに関する情報。
firstTimestamp 整数 このエンドユーザーの最初の ExperienceEvent の Unix タイムスタンプ。

environment

environment は、イベントをトリガーしたブラウザーとオペレーティングシステムに関する情報をキャプチャします。

環境フィールド

プロパティ データタイプ 説明
browserIDStr 文字列 使用するブラウザーの Adobe Analytics 識別子(別名: ブラウザータイプディメンション)です。
operatingSystemIDStr 文字列 使用するオペレーティングシステムの Adobe Analytics 識別子(別名:オペレーティングシステムタイプディメンション)です。

カスタムイベントフィールド

Analytics 拡張機能フィールドグループには、最大 100 個のカスタムイベント指標を捕捉する10のオブジェクトフィールドがあり、フィールドグループの合計は 1,000 個となります。

各最上位イベントオブジェクトには、それぞれの範囲に対応する個々のイベントオブジェクトが含まれます。 例えば、event101to200 には event101 から event200 までのキーが設定されたイベントが含まれます。

各偶数オブジェクトは、測定データタイプを使用し、一意の識別子と定量的な値を提供します。

カスタムイベントフィールド

session

session は、イベントをトリガーしたセッションに関する情報をキャプチャします。

セッションフィールド

プロパティ データタイプ 説明
search 検索 セッションエントリの web 検索またはモバイル検索に関する情報をキャプチャします。
web Web 情報 セッションエントリのリンククリック数、web ページの詳細、リファラー情報およびブラウザーの詳細に関する情報をキャプチャします。
depth 整数 エンドユーザーの現在のセッションの深さ(ページ番号など)。
num 整数 エンドユーザーの現在のセッション番号。
timestamp 整数 セッションエントリの Unix タイムスタンプ。

次の手順

このドキュメントでは、Analytics 拡張機能フィールドグループの構造と使用例について説明しました。 フィールドグループ自体の詳細については、公開 XDM リポジトリを参照してください。

Adobe Experience Platform Web SDK を使用した Analytics データの収集にこのフィールドグループを使用している場合は、データストリームの設定に関するガイドを参照し、サーバー側でデータを XDM にマッピングする方法を確認してください。

このページ