Mailchimp イベント転送拡張機能の概要

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。 用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

Mailchimp イベント転送 拡張機能は、Mailchimp マーケティングキャンペーン、ジャーニー、トランザクション用のメールをトリガー化できるイベントを Mailchimp マーケティング API に送信します。

このドキュメントでは、「Add Event」アクションを使用した拡張機能の設定方法とルールの設定方法について説明します。

前提条件

このドキュメントは、拡張機能で活用される関連する Mailchimp 製品に精通していることを前提としています。 詳しくは、Mailchimp のヘルプドキュメントを参照してください。 campaigns, ジャーニー、および 取引.

この拡張機能を使用するには、Mailchimp アカウントが必要です。 アカウントに新規登録できます ここ. Mailchimp アカウントダッシュボードで、このガイドで使用する次の値をメモしておきます。

  • Mailchimp ドメインプレフィックス
  • API キー
  • オーディエンス ID
  • デフォルトの「差出人」メールアドレス

Mailchimp アカウントプランによっては、Mailchimp 顧客ジャーニーツールへのアクセスが制限されている場合があります。

ヒント

トランザクション E メールや顧客ジャーニーなどの Mailchimp 自動を使用している場合、手順と画面は、ここに示す手順と画面とは少し異なる場合があります。 ただし、この拡張機能を使用するには、前述と同じ情報が必要です。 詳しくは、 Mailchimp ヘルプセンター を参照してください。

ドメインプレフィックス

Mailchimp にログインし、ダッシュボードビューにランディングした後、ブラウザーのアドレスバーに次のような URL が表示されます。 https://us11.admin.mailchimp.com または us11.admin.mailchimp.com. この例では、 us11 はプレースホルダーに過ぎず、値が異なります。 後の手順で使用するために、URL にプレフィックスを記録します。

API キー

アカウントの API キーを見つけるには、Mailchimp UI で自分のプロファイルアイコンを選択し、 プロファイル. 次のような URL が表示されます。 https://us11.admin.mailchimp.com/account/profile/ しかし あなたの の代わりにプレフィックス us11.

選択 追加​を、 API キー:

追加メニュー、API キーリンク

の下 API キー、既存のキーを選択するか、 キーを作成 新しいものを作成するには この拡張機能で特に使用する新しいキーを作成できます。 API キーをコピーして、後の手順で保存します。 詳しくは、Mailchimp のドキュメントで API キーを生成する.

オーディエンス ID および送信元アドレス

選択 対象ユーザ 左のナビゲーションで、 オーディエンスダッシュボード. 次に、この拡張機能で使用するオーディエンスを選択します。 詳しくは、 オーディエンスの作成.

オーディエンスを作成し、選択した状態で、 オーディエンス管理 ドロップダウンと選択 設定. この画面には、オーディエンスの様々な設定が表示されます。

設定画面の下部に、次の内容が表示されます。 Unique id for audience [audience name] 場所 [audience name] は、実際のオーディエンスの名前です。 オーディエンス ID をコピーして保存し、後の手順で使用できます。

選択 オーディエンス名とデフォルト そして確認する デフォルトの送信元メールアドレス には、キャンペーンに適した値があります。 オーディエンス ID はこのページの上部にも表示され、前の手順でコピーした値と同じです。

Mailchimp 自動化

Mailchimp プランと、トランザクションメール、顧客ジャーニー、その他の Mailchimp 自動を使用するかどうかに応じて、特定のジャーニー設定が異なる場合があります。

重要

Mailchimp で自動化またはジャーニーのトリガーに選択したイベント名は、この拡張機能で送信する必要のあるイベント名と同じです。 Mailchimp 自動化でイベント名をメモし、後の手順で保存します。

インストールと設定

この節では、拡張機能のインストールと設定の手順を示します。 Mailchimp API キーを安全に保存するには、イベント転送を使用する必要があります 秘密.

シークレットとデータ要素の作成

イベント転送プロパティで、 を作成する トークン 秘密鍵 呼び出し Mailchimp API Key.

次に、 データ要素の作成 の使用 コア 拡張機能と 秘密鍵 を参照するデータ要素タイプ Mailchimp API Key 作成した秘密鍵。 入力 Mailchimp Token をデータ要素名として使用します。

拡張機能のインストールと設定

同じイベント転送プロパティで、 拡張機能, その後 カタログ をクリックして、インストールに使用できる拡張機能を表示します。 ここから、Mailchimp 拡張機能を検索し、を選択します。 インストール.

Mailchimp 拡張機能のインストール

設定画面が表示されます。 の下 Mailchimp サーバープレフィックスドメイン名​に設定し、一意のドメインプレフィックスを含め、Mailchimp アカウントから以前にコピーしたドメインを入力します。

重要

次を含めない http:// または https:// を選択します。

拡張機能の設定

の下 Mailchimp トークン、データ要素アイコンを選択し、 Mailchimp Token 作成済みのデータ要素。 選択 保存 変更を保存します。

これで、拡張機能がインストールされ、プロパティで使用するように設定されました。

データ収集

この拡張機能を ルールの場合、各イベントと共に拡張機能が Mailchimp に送信するデータ値は複数あります。 一般的な実装の場合、 Adobe Experience Platform Web SDK 拡張機能 そのデータをに送信する Platform Edge Network 拡張機能でイベント転送プロパティに使用するためのもの。

この拡張機能で必要なデータは、XDM データまたは非 XDM データとして Web SDK から送信できます。 詳しくは、ドキュメントを参照してください。 XDM データの送信.

例えば、顧客がサイト上でイベントを購入したり登録したりした場合、Mailchimp 経由でこの拡張機能を持つ確認メールを送信できます。 Web SDK から Edge ネットワークに必要な情報を送信すると、拡張機能は Mailchimp で E メールをトリガーします。

イベントアクション設定を追加

データ要素

前の節のスクリーンショットは、この拡張機能から Mailchimp に各イベントで送信できるデータを示しています。 Web SDK でこのデータを Edge Network に送信するように設定したら、イベント転送プロパティでデータ要素を作成して、拡張機能がこれらの値にアクセスできるようにします。

次の表に、それぞれの値の詳細を示します。

名前 パスの例 タイプ 説明 必須 制限
email arc.event.xdm._tenant.emailId
または
arc.event.data._tenant.emailId
文字列 電子メールを受信するアドレス Mailchimp オーディエンスに存在する必要があります
listId arc.event.xdm._tenant.listId
または
arc.event.data._tenant.listid
文字列 オーディエンス ID 既存のオーディエンス ID と一致する必要があります
name arc.event.xdm._tenant.name
または
arc.event.data._tenant.name
文字列 イベント名 2~30 文字
properties arc.event.xdm._tenant.properties
または
arc.event.data._tenant.properties
オブジェクト JSON 形式のプロパティのオプションのリストとイベントの詳細 いいえ
isSyncing arc.event.xdm._tenant.isSyncing
または
arc.event.data._tenant.isSyncing
ブール値 で作成されたイベント is_syncing に設定 true 次の条件を満たさない トリガー自動化 いいえ
occurredAt arc.event.xdm._tenant.occuredAt
または arc.event.data._tenant.occuredAt
文字列 イベントが発生した時点の ISO 8601 タイムスタンプ。 いいえ
重要

この パスの例 上記の値は例です。 フィールド名と パス 上記の手順で Web SDK に名前を付けて設定した方法によっては、これらのデータ要素で参照されるデータがプロパティで異なる場合があります。

イベント転送プロパティで、上記の各フィールドのデータ要素を作成できます。 作成したデータ要素は、 イベントを追加 この拡張機能のアクション。

イベントアクション設定を追加

これで、この拡張機能と「イベントを追加」アクションを使用して、オーディエンス用の Mailchimp 電子メールをトリガー化できます。

データの検証

イベント転送拡張機能を操作する場合、 Adobe Experience Platform Debugger は非常に便利です。 「ログ」セクションの「Edge ログ」では、イベント転送ルールでトリガーされた後におこなわれたリクエストを確認できます。 以下のスクリーンショットは、拡張機能によって Mailchimp API に対して行われるリクエストを示しています。

Adobe Experience Platform デバッガー

Mailchimp ダッシュボードのオーディエンスまたはオーディエンスメンバーのアクティビティフィード表示に、そのオーディエンスまたはオーディエンスメンバーのイベントのリストが表示されます。 これは、拡張機能から送信されたイベントと一致し、送信されたオプションのデータと、受信した E メールまたはキャンペーンを表示する必要があります。 詳しくは、 Mailchimp Automation ヘルプガイド を参照してください。

このページ