UIでのクラウドストレージストリーミング接続のデータフローの設定

データフローとは、ソースからデータセットPlatformにデータを取得し、取り込むスケジュール済みのタスクです。 このチュートリアルでは、クラウドストレージベースのコネクタを使用して新しいデータフローを設定する手順を説明します。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

また、このチュートリアルでは、クラウドストレージコネクタを既に作成済みである必要があります。 UIで異なるクラウドストレージコネクタを作成するためのチュートリアルのリストは、source connectors overviewにあります。

データの選択

クラウドストレージコネクタを作成すると、データを選択​の手順が表示され、データのストリーミング元となるストリームを選択するためのインターフェイスが提供されます。

データフィールドのXDMスキーマへのマッピング

マッピング​の手順が表示され、ソースデータをPlatformデータセットにマッピングするためのインタラクティブなインターフェイスが提供されます。

取り込む受信データのデータセットを選択します。 既存のデータセットを使用することも、新しいデータセットを作成することもできます。

既存のデータセットを使用する

既存のデータセットにデータを取り込むには、既存のデータセット​を使用を選択し、データセットアイコンをクリックします。

データセットを選択​ダイアログが表示されます。 使用するデータセットを見つけて選択し、続行​をクリックします。

新しいデータセットの使用

データを新しいデータセットに取り込むには、新しいデータセットを作成​を選択し、提供されたフィールドにデータセットの名前と説明を入力します。 次に、使用するスキーマをドロップダウンで選択します。

データフローに名前を付ける

Dataflow detail​ステップが表示され、新しいデータフローに名前を付け、簡単な説明を入力できます。

データフローの値を指定し、次へ​をクリックします。

データフローの確認

レビュー」ステップが表示され、新しいデータフローを作成前に確認できます。 詳細は次のカテゴリに分類されます。

  • ソースの詳細:ソースのタイプおよびソースに関するその他の関連詳細を表示します。
  • ターゲットの詳細:ソースデータが取り込まれるデータセット(データセットに従うスキーマなど)を示します。

データフローを確認したら、「Finish」をクリックし、データフローの作成に時間を割り当てます。

データフローの監視と削除

クラウドストレージのデータフローが作成されたら、データを通じて取り込まれるデータを監視できます。 データフローの監視と削除の詳細については、データフローの監視のチュートリアルを参照してください。

次の手順

このチュートリアルに従うと、外部のクラウドストレージからデータを取り込むためのデータフローが正しく作成され、データセットの監視に関する洞察が得られます。 受信データは、Real-time Customer ProfileやData Science WorkspaceなどのダウンストリームPlatformサービスで使用できるようになりました。 詳しくは、次のドキュメントを参照してください。

付録

以下の節では、ソースコネクタを使用する場合の追加情報について説明します。

データフローの無効化

データフローが作成されると、そのデータはすぐにアクティブになり、指定されたスケジュールに従ってデータを取り込みます。 アクティブなデータフローは、次の手順に従っていつでも無効にできます。

ソース​ワークスペース内で、「参照」タブをクリックします。 次に、無効にするアクティブなデータフローに関連付けられている接続の名前をクリックします。

ソースアクティビティ​ページが表示されます。 リストからアクティブなデータフローを選択し、画面の右側に​Properties​列を開きます。この列には​Enabled​トグルボタンが含まれています。 切り替えボタンをクリックして、データフローを無効にします。 同じ切り替えを使用して、データフローを無効にした後で再び有効にできます。

Profile母集団の受信データをアクティブ化

ソースコネクタからの受信データは、Real-time Customer Profileデータを豊かにし、埋め込むために使用できます。 Real-time Customer Profileデータの入力について詳しくは、プロファイルの母集団のチュートリアルを参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now