UI での Generic OData ソース接続の作成

Adobe Experience Platform のソースコネクタには、外部ソースの データを設定したスケジュールに従って取り込む機能が用意されています。 このチュートリアルでは、 Generic Open Data Protocol (以下「」という。)OData") を使用したソースコネクタ Platform ユーザーインターフェイス。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

既に有効な OData 接続する場合は、このドキュメントの残りの部分をスキップして、 データフローの設定

必要な認証情報の収集

次の項目にアクセスするには、 OData アカウント Platformに値を指定する場合は、次の値を指定する必要があります。

認証情報 説明
url のルート URL OData サービス。

の導入について詳しくは、 この OData 文書.

OData アカウントの接続

必要な認証情報が揃ったら、次の手順に従って、OData アカウントを Platform にリンクします。

にログインします。 Adobe Experience Platform 次に、 ソース 左側のナビゲーションバーから ソース ワークスペース。 カタログ​画面には、アカウントを作成できる様々なソースが表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択することができます。または、使用する特定のソースを検索オプションを使用して探すこともできます。

以下 プロトコル カテゴリ、選択 汎用 OData. このコネクタを初めて使用する場合は、「 設定. それ以外の場合は、「 データを追加 新しい OData コネクタ。

カタログ

この 汎用 OData に接続 ページが表示されます。 このページでは、新しい資格情報または既存の資格情報を使用できます。

新しいアカウント

新しい資格情報を使用している場合は、「 新しいアカウント. 表示される入力フォームで、接続に名前、オプションの説明を入力し、 OData 資格情報。 終了したら、「 」を選択します。 接続 その後、新しい接続が確立されるまでしばらく時間をかけます。

接続

既存のアカウント

既存のアカウントに接続するには、 OData 接続するアカウントを選択し、 次へ をクリックして続行します。

既存

次の手順

このチュートリアルでは、OData アカウントとの接続を確立しました。次のチュートリアルに進み、 プロトコルデータをに取り込むようにデータフローを設定する Platform.

このページ