UI でのローカルファイルアップロードソースコネクタの作成

このチュートリアルでは、ユーザーインターフェイスを使用してローカルファイルを Platform に取り込むためのローカルファイルアップロードソースコネクタを作成する手順を説明します。

はじめに

このチュートリアルは、 Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

Platform へのローカルファイルのアップロード

Platform UI で、「 ソース 左側のナビゲーションバーから ソース ワークスペース。 この カタログ 画面には、アカウントを作成できる様々なソースが表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択できます。 または、使用する特定のソースを検索オプションを使用して探すこともできます。

以下 ローカルシステム カテゴリ、選択 ローカルファイルのアップロード​を選択し、 データを追加.

カタログ

既存のデータセットを使用する

この データフローの詳細 ページでは、CSV データを既存のデータセットに取り込むか、新しいデータセットに取り込むかを選択できます。

CSV データを既存のデータセットに取り込むには、「 」を選択します。 既存のデータセット. 既存のデータセットは、 詳細検索 」オプションを使用するか、ドロップダウンメニュー内の既存のデータセットのリストをスクロールします。

データセットを選択し、データフローの名前と説明(オプション)を入力します。

このプロセスの間に、 エラー診断 および 部分取り込み. エラー診断 は、データフローで発生するエラーレコードに対して、詳細なエラーメッセージ生成を有効にします。 部分取り込み では、エラーを含むデータを、手動で定義した特定のしきい値まで取り込むことができます。 詳しくは、 部分バッチ取得の概要 を参照してください。

existing-dataset

新しいデータセットを使用

CSV データを新しいデータセットに取り込むには、「 」を選択します。 新しいデータセット 次に、出力データセット名とオプションの説明を入力します。 次に、 詳細検索 」オプションを使用するか、ドロップダウンメニュー内の既存のスキーマのリストをスクロールします。

スキーマを選択し、データフローの名前とオプションの説明を入力して、 エラー診断 および 部分取り込み の設定を使用します。 終了したら、「次へ」を選択します。

new-dataset

データを選択

この データを選択 の手順が表示され、ローカルファイルをアップロードし、構造とコンテンツをプレビューするためのインターフェイスが表示されます。 選択 ファイルを選択 をクリックして、ローカルシステムから CSV ファイルをアップロードします。 または、アップロードする CSV ファイルをにドラッグ&ドロップすることもできます ファイルをドラッグ&ドロップ パネル。

ヒント

現在、ローカルファイルのアップロードでは CSV ファイルのみがサポートされています。 各ファイルの最大ファイルサイズは 1 GB です。

choose-files

ファイルがアップロードされると、プレビューインターフェイスが更新され、ファイルのコンテンツと構造が表示されます。

preview-sample-data

ファイルに応じて、ソースデータの列区切り文字(タブ、コンマ、パイプ、カスタム列区切り文字など)を選択できます。 を選択します。 区切り ドロップダウン矢印をクリックし、メニューから適切な区切り文字を選択します。

終了したら、「次へ」を選択します。

区切り

マッピング

この マッピング 手順が表示され、ソーススキーマのソースフィールドをターゲットスキーマ内の適切なターゲット XDM フィールドにマッピングするためのインターフェイスが提供されます。

必要に応じて、フィールドを直接マッピングするか、データ準備関数を使用してソースデータを変換し、計算値または計算値を導出できます。 マッピングインターフェイスの使用に関する包括的な手順については、 データ準備 UI ガイド.

マッピングセットの準備が整ったら、「 」を選択します。 完了 新しいデータフローを作成するまでしばらく待ちます。

マッピング

データ取得の監視

CSV ファイルがマッピングされ、作成されたら、監視ダッシュボードを使用して、CSV ファイルを通じて取り込まれるデータを監視できます。 詳しくは、 UI でのソースデータフローの監視.

次の手順

このチュートリアルに従うと、フラットな CSV ファイルを XDM スキーマにマッピングし、Platform に取り込むことができます。このデータは、ダウンストリームで使用できるようになりました Platform 次のようなサービス: Real-time Customer Profile. の概要を参照してください。 Real-time Customer Profile を参照してください。

このページ