Veeva CRMUI でのソース接続の作成

Adobe エクスペリエンスプラットフォームのソースコネクターには、指定された時間に外部の CRM データを取り込む機能が用意されています。 このチュートリアルでは Veeva CRM 、ユーザーインターフェイスを使用してソースコネクタを作成する方法について説明し Platform ます。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

  • Experience Data Model (XDM) System : Experience Platform カスタマーエクスペリエンスデータを整理するための標準化されたフレームワーク。
  • Real-time Customer Profile:複数のソースからの集計データに基づいて、統合されたリアルタイムの顧客プロファイルを提供します。

既に有効なアカウントを持っている場合は、 Veeva CRM このドキュメントの残りの部分をスキップして、フローの設定に関するチュートリアルに進んで 🔗 ください。

必要な資格情報の収集

Chap 説明
environmentUrl ソースインスタンスの URL を指定 Veeva CRM します。
username ユーザーアカウントのユーザー名 Veeva CRM です。
password ユーザーアカウントのパスワードを入力し Veeva CRM ます。
securityToken ユーザーアカウントのセキュリティトークン Veeva CRM 。

概要について詳しくは、このドキュメントを参照してください Veeva CRM

アカウントの接続 Veeva CRM

必要な情報を収集したら、次の手順に従って Veeva CRM アカウントをにリンク Platform します。

プラットフォーム UI で、左側のナビゲーションバーの「ソース」を選択して、 ​​ ソースワークスペースにアクセスし ​ ます。 カタログ画面にはさまざまなソースが ​ 表示されます。これは、でアカウントを作成することができます。

画面の左側のカタログから適切なカテゴリを選択できます。 または、検索オプションを使用して、目的のソースを検索することもできます。

「 ​ CRM ​ 」カテゴリーで「VEEVA CRM」を選択し、 ​「データを追加」を選択し ​ます。

差し込み

接続 Veeva CRM アカウント」 ページが表示されます。 このページでは、新しい資格情報を使用するか、既存の資格情報を使用することができます。

既存のアカウント

既存のアカウントを使用するには、新しいフローを作成するアカウントを選択し、「 Veeva CRM 次へ」を選択して先 ​に進みます。

従来

新しいアカウント

新しいアカウントを作成する場合は、「 新規アカウント」を選択 し、名前、オプションの説明、および資格情報を入力し Veeva CRM ます。 終了したら、「ソースに接続」を選択し、 ​新しい接続が確立されるまでしばらく待ちます。

新規

次の手順

このチュートリアルでは、お使いのアカウントへの接続が確立されてい Veeva CRM ます。 次のチュートリアルに進み、 データをプラットフォームに取り込むようにデータフローを設定することができ ます。

このページ