UI での SugarCRM Accounts & Contacts ソース接続の作成

最終更新日: 2023-11-14
  • トピック:
  • Sources
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader

このチュートリアルでは、 SugarCRM Accounts & Contacts Adobe Experience Platformユーザーインターフェイスを使用したソース接続

はじめに

このチュートリアルは、 Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

有効な SugarCRM アカウントを既にお持ちの場合は、このドキュメントの残りの部分をスキップし、データフローの設定に関するチュートリアルに進んでください。

必要な資格情報の収集

SugarCRM Accounts & Contacts を Platform に接続するには、次の接続プロパティの値を指定する必要があります。

資格情報 説明
Host ソースが接続する SugarCRM API エンドポイント。 developer.salesfusion.com
Username SugarCRM 開発者アカウントのユーザー名。 abc.def@example.com@sugarmarketdemo000.com
Password SugarCRM 開発者アカウントのパスワード。 123456789

Platform スキーマの作成

を作成する前に SugarCRM ソース接続の場合は、まず、ソースに使用する Platform スキーマを作成する必要もあります。 に関するチュートリアルを参照してください。 Platform スキーマの作成 スキーマの作成方法に関する包括的な手順を参照してください。

The SugarCRM Accounts & Contacts は複数の API をサポートしています。 つまり、活用するオブジェクトタイプに応じて、別のスキーマを作成する必要があります。 アカウントスキーマと連絡先スキーマの両方について、以下の例を参照してください。

アカウントのスキーマ例を示した Platform UI のスクリーンショット

連絡先のサンプルスキーマを示す Platform UI のスクリーンショット

SugarCRM Accounts & Contacts アカウントの接続

Platform UI の左側のナビゲーションバーで「ソース」を選択し、ソースワークスペースにアクセスします。カタログ画面には、アカウントを作成できる様々なソースが表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択することができます。または、使用する特定のソースを検索オプションを使用して探すこともできます。

の下 CRM カテゴリ、選択 SugarCRM アカウントおよび連絡先​を選択し、 データを追加.

SugarCRM アカウントおよび連絡先カードを含むカタログの Platform UI スクリーンショット

The SugarCRM アカウントと連絡先アカウントを接続 ページが表示されます。 このページでは、新しい資格情報または既存の資格情報を使用できます。

既存のアカウント

既存のアカウントを使用するには、新しいデータフローを作成する SugarCRM Accounts & Contacts アカウントを選択し、「次へ」を選択して続行します。

SugarCRM アカウントと連絡先アカウントを既存のアカウントに接続するための Platform UI スクリーンショット

新規アカウント

新しいアカウントを作成する場合は、「新規アカウント」を選択し、続けて名前、説明(オプション)、 の資格情報を指定します。終了したら「ソースに接続」を選択し、新しい接続が確立されるまでしばらく待ちます。

SugarCRM アカウントと連絡先アカウントを新しいアカウントに接続するための Platform UI スクリーンショット

データの選択

最後に、Platform に取り込むオブジェクトタイプを選択する必要があります。

オブジェクトタイプ 説明
Accounts 組織が関係を持つ会社。
Contacts 組織と既に関係が構築されている個人。

SugarCRM アカウントおよび連絡先用のプラットフォーム UI スクリーンショットが、「アカウント」オプションが選択された状態で設定されていることを示しています

「連絡先」オプションが選択された設定を示す SugarCRM アカウントおよび連絡先用の Platform UI スクリーンショット

次の手順

このチュートリアルでは、SugarCRM Accounts & Contacts アカウントとの接続を確立しました。次のチュートリアルに進み、データを Platform に取り込むためのデータフローの設定を行いましょう。

その他のリソース

以下の節では、 SugarCRM ソース。

ガードレール

The SugarCRM API スロットル率は、1 分あたり 90 呼び出し、または 1 日あたり 2,000 呼び出し(いずれか最初に実行される方)です。 ただし、この制限は、レート制限に達しないようにリクエスト時間を遅延させるパラメーターを接続仕様に追加することで回避されました。

検証

ソースとが正しく設定されていることを検証するには、以下を実行します。 SugarCRM Accounts & Contacts データを取り込む場合は、次の手順に従います。

  • Platform UI で、「 」を選択します。 データフローを表示 の横に SugarCRM Accounts & Contacts ソースカタログのカードメニュー 次に、「 データセットをプレビュー をクリックして、取り込まれたデータを確認します。

  • 操作しているオブジェクトタイプに応じて、集計データを、 SugarMarket 以下のアカウントまたは連絡先ページ:

SugarMarket アカウントページのスクリーンショットに、アカウントのリストが表示されています。

連絡先のリストが表示された SugarMarket 連絡先ページのスクリーンショット

メモ

The SugarMarket ページには、削除されたオブジェクトの数は含まれません。 ただし、このソースを通じて取得されたデータには削除された数も含まれるので、削除済みフラグが付けられます。

このページ