Ultimate

の作成 Azure Event Hubs UI のソース接続

最終更新日: 2023-10-26
  • トピック:
  • Sources
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader
重要

The Azure Event Hubs ソースは、Real-time Customer Data Platform Ultimate を購入したユーザーがソースカタログで利用できます。

このチュートリアルでは、 Azure Event Hubs Adobe Experience Platformユーザーインターフェイスを使用するアカウント。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

既に有効な Event Hubs 接続がある場合は、このドキュメントの残りの部分をスキップして、データフローの設定に関するチュートリアルに進むことができます。

必要な資格情報の収集

を認証するために、 Event Hubs ソースコネクタの場合、次の接続プロパティの値を指定する必要があります。

資格情報 説明
SAS キー名 認証規則の名前。SAS キー名とも呼ばれます。
SAS キー のプライマリキー Event Hubs 名前空間。 The sasPolicy この sasKey 必ず~に対応する manage 次に対して設定された権限: Event Hubs リストに値を入力します。
名前空間 の名前空間 Event Hubs にアクセスしています。 An Event Hubs 名前空間は、1 つ以上のスコーピングコンテナを作成できる一意のスコーピングコンテナを提供します。 Event Hubs.
資格情報 説明
SAS キー名 認証規則の名前。SAS キー名とも呼ばれます。
SAS キー のプライマリキー Event Hubs 名前空間。 The sasPolicy この sasKey 必ず~に対応する manage 次に対して設定された権限: Event Hubs リストに値を入力します。
名前空間 の名前空間 Event Hubs にアクセスしています。 An Event Hubs 名前空間は、1 つ以上のスコーピングコンテナを作成できる一意のスコーピングコンテナを提供します。 Event Hubs.
イベントハブ名 の名前 Event Hubs ソース。

これらの値について詳しくは、 この Event Hubs ドキュメント.

必要な資格情報を収集したら、次の手順に従って、 Event Hubs アカウントからExperience Platformへ。

Event Hubs アカウントを接続

Platform UI の左側のナビゲーションバーで「ソース」を選択して、ソースワークスペースにアクセスします。The カタログ 画面には、アカウントを作成できる様々なソースが表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択することができます。または、使用する特定のソースを検索オプションを使用して探すこともできます。

の下 クラウドストレージ カテゴリ、選択 Azure イベントハブ​を選択し、 データを追加.

Azure Event Hubs が選択されたソースカタログ。

The Azure Event Hubs に接続 ダイアログが表示されます。 このページでは、新しい資格情報または既存の資格情報を使用できます。

既存のアカウント

既存のアカウントを使用するには、 Event Hubs 使用するアカウントを選択し、 次へ をクリックして続行します。

既存の Azure Event Hubs ソースアカウントの一覧です。

新規アカウント

ヒント

作成後は、 Event Hubs ベース接続。 認証タイプを変更するには、新しいベース接続を作成する必要があります。

新しいアカウントを作成するには、 新しいアカウント​をクリックし、新しい Event Hubs アカウント。

Azure Event Hubs 用の新しいアカウント作成インターフェイス。

次の手順で、 Event Hubs 標準認証のアカウント: 標準認証 次に、 SAS キー名, SAS キー、および 名前空間.

認証資格情報を入力したら、「 」を選択します。 ソースに接続.

Azure Event Hubs の標準認証インターフェイス。

次の手順で、 Event Hubs SAS 認証を使用するアカウント、 SAS 認証 次に、 SAS キー名, SAS キー, 名前空間、および イベントハブ名.

認証資格情報を入力したら、「 」を選択します。 ソースに接続.

Azure Event Hubs 用の SAS 認証インターフェイス。

次の手順

このチュートリアルに従うことで、 Event Hubs アカウントからExperience Platformへ。 次のチュートリアルに進み、 データフローを設定して、クラウドストレージからExperience Platformにデータを取り込みます。.

このページ