UIで分類データのAdobe Analyticsソース接続を作成する

このチュートリアルでは、UIで分類データをAdobe Experience Platformに取り込むためのAdobe Analytics分類データソース接続を作成する手順を説明します。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

  • Experience Data Model (XDM) システム:Experience Platformが顧客体験データを編成する際に使用する標準化されたフレームワーク。
  • Real-time Customer Profile:複数のソースからの集計データに基づいて、統合されたリアルタイムの消費者プロファイルを提供します。
  • Sandboxes:Experience Platformは、1つのプラットフォームインスタンスを別々の仮想環境に分割し、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展に役立つ仮想サンドボックスを提供します。

Analytics Classifications Data Connectorを使用するには、使用する前に、データを新しいAdobe AnalyticsのClassificationsインフラストラクチャに移行する必要があります。 データの移行ステータスを確認するには、Adobeのカスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

分類の選択

Adobe Experience Platformにログインし、左のナビゲーションバーで「ソース」を選択してソースワークスペースにアクセスします。 カタログ​画面には、受信接続を作成するための利用可能なソースが表示されます。 各ソースカードには、新しいアカウントを設定するか、既存のアカウントにデータを追加するかのオプションが表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択できます。 または、検索オプションを使用して、使用する特定のソースを見つけることもできます。

Adobeアプリ​カテゴリーの下で、Adobe Analytics​カードを選択し、追加データ​を選択して、Analytics分類データの操作を開始します。

Analyticsソースのデータを追加​の手順が表示されます。 上部のヘッダーで「分類」を選択すると、ディメンションID、レポートスイート名、レポートスイートIDに関するリストを含むClassificationsデータセットの情報が表示されます。

各ページには、10個までのClassificationsデータセットが表示されます。 ページの下部にある「次へ」を選択して、他のオプションを参照します。 右側のパネルには、選択したClassificationsデータセットの総数と名前が表示されます。 このパネルでは、誤って選択したClassificationsデータセットを削除したり、1回の操作ですべての選択を解除したりすることもできます。

Platformに取り込むClassificationsデータセットは最大30個まで選択できます。

Classificationsデータセットを選択したら、ページの右上にある「次へ」を選択します。

分類の確認

レビュー​の手順が表示され、選択したClassificationsデータセットを作成前に確認できます。 詳細は次のカテゴリに分類されます。

  • 接続:接続元プラットフォームと接続の状態を表示します。
  • データタイプ:選択した数が表示され Classificationsます。
  • スケジュール:デー Classifications タの同期の頻度を示します。

データフローを確認したら、「Finish」をクリックし、データフローの作成に時間を割り当てます。

分類のデータフローの監視

データフローを作成したら、データフローを介して取り込まれるデータを監視できます。 カタログ​画面で、データフロー​を選択し、Classificationsアカウントに関連付けられた確立済みフローのリストを表示します。

Dataflows​画面が表示されます。 このページは、名前、ソース・データおよびデータ・フロー実行ステータスに関するリストを含むデータ・フローの情報です。 右側は、Classificationsデータフローに関するメタデータを含む​プロパティ​パネルです。

アクセスする​ターゲットデータセット​を選択します。

データセットアクティビティ​ページには、選択したターゲットデータセットに関する情報が表示されます。この情報には、バッチステータス、データセットID、スキーマに関する詳細な情報が含まれます。

重要

他のソースコネクターではデータセットの削除は可能ですが、現在、Analytics分類データコネクターではサポートされていません。 誤ってデータセットを削除した場合は、Adobeカスタマーケアにお問い合わせください。

次の手順

このチュートリアルに従って、ClassificationsデータをPlatformに取り込むAnalytics分類データコネクタを作成しました。 AnalyticsとClassificationsのデータについて詳しくは、次のドキュメントを参照してください。

このページ