UI での分類データ用のAdobe Analyticsソース接続の作成

このチュートリアルでは、UI でAdobe Analytics Classifications データソース接続を作成して、分類データをAdobe Experience Platformに取り込む手順を説明します。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

  • Experience Data Model (XDM) システム:Experience Platformが顧客体験データを整理する際に使用する標準化されたフレームワーク。
  • Real-time Customer Profile:複数のソースからの集計データに基づいて、統合されたリアルタイムの顧客プロファイルを提供します。
  • Sandboxes:Experience Platformは、単一の Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割し、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展を支援する仮想サンドボックスを提供します。

Analytics Classifications Data Connector では、新しい Classifications 使用前のAdobe Analyticsのインフラストラクチャ。 データの移行ステータスを確認するには、担当のAdobeカスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

分類を選択

にログインします。 Adobe Experience Platform 次に、 ソース 左側のナビゲーションバーから、ソースワークスペースにアクセスします。 この カタログ 画面には、インバウンド接続を作成するために使用可能なソースが表示されます。 各ソースカードには、新しいアカウントを設定するか、既存のアカウントにデータを追加するかのどちらかのオプションが表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択することができます。または、使用する特定のソースを検索オプションを使用して探すこともできます。

以下 Adobe カテゴリの Adobe Analytics カードを選択し、 データを追加 をクリックして、Analytics 分類データの操作を開始します。

Analytics ソースデータの追加​の手順が表示されます。選択 分類 上部のヘッダーから Classifications データセット。ディメンション ID、レポートスイート名、レポートスイート ID に関する情報を含みます。

各ページは最大 10 個の異なる Classifications 選択できるデータセット。 選択 次へ をクリックして、その他のオプションを参照します。 右側のパネルには、 Classifications 選択したデータセットとその名前。 また、このパネルでは、 Classifications 誤って選択したデータセット、または 1 つのアクションですべての選択を解除した可能性があります。

最大 30 個の異なる Classifications に取り込むデータセット Platform.

次を選択したら、 Classifications データセット、選択 次へ をクリックします。

分類のレビュー

この レビュー ステップが表示され、選択した Classifications データセットを作成する前に設定します。 詳細は、次のカテゴリに分類されます。

  • 接続:ソースプラットフォームと接続のステータスを表示します。
  • データタイプ:選択した数を表示 Classifications.
  • スケジュール:同期の頻度を表示します Classifications データ。

データフローをレビューしたら、「 」をクリックします。 完了 とは、データフローが作成されるまでしばらく時間をかけます。

分類データフローの監視

データフローを作成したら、それを通じて取り込まれるデータを監視できます。 カタログ​画面から「データフロー」を選択すると、 アカウントに関連する確立済みフローのリストが表示されます。Classifications

データフロー​画面が表示されます。 このページには、データフローのリストがあり、その名前、ソースデータ、データフローの実行ステータスに関する情報が含まれます。 右側にはが表示されます。 プロパティ 次に関するメタデータを含むパネル: Classifications データフロー。

を選択します。 Target データセット にアクセスします。

この データセットアクティビティ ページには、選択したターゲットデータセットに関する情報(バッチステータス、データセット ID、スキーマに関する詳細など)が表示されます。

重要

データセットの削除は、他のソースコネクタでは可能ですが、Analytics 分類データコネクタでは現在サポートされていません。データセットを誤って削除した場合は、アドビカスタマーサポートにお問い合わせください。

次の手順

このチュートリアルに従って、次の機能を引き出す Analytics 分類データコネクタを作成しました Classifications データを Platform. 詳しくは、次のドキュメントを参照してください。 Analytics および Classifications データ:

このページ