UI での Adobe Audience Manager ソースコネクタの作成

このチュートリアルでは、ユーザーインターフェイスを使用してコンシューマーエクスペリエンスイベントデータをプラットフォームに取り込むための、Adobe Audience Manager用のソースコネクタを作成する手順を説明します。

Adobe Audience Managerとのソース接続の作成

Adobe Experience Platformにログインし、左のナビゲーションバーで「 ソース ​」を選択してソースワークスペースにアクセスします。 [ カタログ ]画面には、ソース接続を作成できる様々なソースが表示され、各ソースには、それらに関連付けられた既存の接続数が表示されます。

[ Adobeアプリ ]カテゴリの下で、[ Adobe Audience Manager ]を選択して情報バーを画面の右側に表示します。 情報バーには、選択したソースの簡単な説明と、ドキュメントの表示やソースへの接続に関するオプションが表示されます。

Adobe Audience Manager用の新しいソースコネクタを作成するには、 追加data.

ダイアログボックスが表示されます。「 接続 」をクリックして接続を作成します。

Adobe Audience Managerとのソース接続が確立されると、Audience Managerコネクタの ソースアクティビティ ページが表示されます。

受信Audience Managerデータを一時停止する場合は、データフローリストをクリックし、右の「 プロパティ*」列から「ステータス* 」を切り替えます。

次の手順

Audience Managerデータフローがアクティブな間、受信データは自動的にリアルタイム顧客プロファイルに取り込まれます。 この受信データを利用して、Platform Segmentation Serviceを使用してオーディエンスセグメントを作成できるようになりました。 詳しくは、次のドキュメントを参照してください。

このページ