(ベータ版) Generic OData コネクタ

メモ

この Generic OData コネクタはベータ版です。 詳しくは、 ソースの概要 ベータ版のコネクタの使用に関する詳細

Adobe Experience Platform では、外部ソースからデータを取り込むと同時に、Platform サービスを使用して受信データの構造化、ラベル付け、および拡張を行うことができます。アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、データベースなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。

Experience Platform は、サードパーティのプロトコルアプリケーションからデータを取り込む機能を備えています。 プロトコルプロバイダーのサポートは次のとおりです。 Generic OData.

IP アドレス許可リスト

ソースコネクタを操作する前に、IP アドレスのリストを許可リストに追加する必要があります。 地域固有の IP アドレスを許可リストに追加しないと、ソースを使用する際にエラーが発生したり、パフォーマンスが低下する場合があります。 詳しくは、IP アドレスの許可リストページを参照してください。

以下のドキュメントでは、API やユーザーインターフェイスを使用して Generic OData と を接続する方法について説明します。Platform

API を使用して Generic OData と Platform を接続する

UIを使用して Generic OData と Platform を接続する

このページ