(ベータ版) Generic OData コネクタ

メモ

コネクタ Generic OData はベータ版です。 ベータラベル付きのコネクタの使用について詳しくは、 ソースの概要 「」を参照してください。

Adobe Experience Platform allows data to be ingested from external sources while providing you with the ability to structure, label, and enhance incoming data using Platform services. アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、データベースなど、様々なソースからデータを取得することができます。

Experience Platform は、サードパーティのプロトコルアプリケーションからデータを取り込むためのサポートを提供します。 プロトコルプロバイダーのサポートには以下が含まれ Generic ODataます。

IPアドレス許可リスト

IPアドレスのリストは、ソースコネクタを使用する前に許可リストに追加する必要があります。 地域固有のIPアドレスを許可リストに追加できないと、ソースを使用する際にエラーが発生したり、パフォーマンスが低下したりする可能性があります。 詳しくは、「 IPアドレスの許可リスト 」ページを参照してください。

次のドキュメントは、APIまたはユーザーインターフェイス Generic OData を Platform 使用して接続する方法に関する情報を提供しています。

API Generic OData を Platform 使用した接続

UI Generic OData を Platform 使用して接続

このページ