ベータ版

Customer.io

最終更新日: 2023-11-14
  • トピック:
  • Sources
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader
メモ

Customer.io ソースはベータ版です。詳しくは、 ソースの概要 ベータラベル付きのソースの使用に関する詳細

Adobe Experience Platform を使用すると、外部ソースからデータを取り込みながら、Platform サービスを使用して受信データの構造化、ラベル付けおよび拡張を行うことができます。アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、データベースなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。

Experience Platformは、ストリーミングアプリケーションからデータを取り込む機能を備えています。 ストリーミングプロバイダーのサポートには以下が含まれます。 Customer.io.

Customer.io は、データ駆動型の E メール、プッシュ通知、アプリ内メッセージおよび SMS をより制御し柔軟に作成して送信できるようにする、マーケター向けの自動メッセージングプラットフォームです。

The Customer.io ソースを使用すると、サポートされる webhook イベントスキーマとそれに関連するイベントデータを Customer.io の使用 Customer.io ウェブフックのレポート.

サポートされる Webhook イベントスキーマは次のとおりです。

  • 顧客イベント
  • メールイベント
  • SMS イベント
  • プッシュ通知イベント
  • アプリ内メッセージイベント
  • Slackイベント
  • Webhook イベント

Web フックで使用できるイベントのリストについては、 Customer.io Webhook イベントのレポート ドキュメント。

前提条件

事前に Customer.io ソース接続を使用する場合は、まず次の点を確認する必要があります。

  • A Customer.io アカウント。 もし誰も読んでいないなら Customer.io 登録ページ をクリックして、アカウントを登録および作成します。
  • アカウントを作成したら、アカウントの検証もおこなう必要があります。 次に示す手順に従います: Customer.io アカウントの検証 ページを開き、プロセスを完了します。

設定 Customer.io ウェブフック

データフローを正常に作成したら、次の情報を Platform に知らせるレポート Webhook を設定する必要があります。 Customer.io イベント。 Web フックは、顧客属性が変更されたときや、メッセージが開かれたときに即座に通知し、この情報を Customer.io ソース。 詳しくは、 ストリーミングエンドポイント URL の取得 および 設定 Customer.io ウェブフック.

接続中 Customer.io Platform へ

以下のドキュメントでは、 Customer.io 接続するストリーミング接続 Platform API またはユーザーインターフェイスを使用する場合:

API を使用して Customer.io と Platform を接続する

UI を使用した Customer.io の Platform への接続

このページ