Real-time Customer Data Platform ホームページとダッシュボード

リアルタイム CDP にログインすると、指標ダッシュボードを含むReal-time Customer Data Platform(リアルタイム CDP)のホームページが表示されます。

ホームページは、指標カードが表示される場所の 1 つに過ぎません。リアルタイム CDP は、ユーザーの経験を通じて指標カードを提供します。これらの指標は、システム内のデータ、プロファイル、セグメントオーディエンスに関する情報を提供します。

画像

リアルタイム CDP にログインしたときにシステムにデータがない場合、ホームページのダッシュボードは表示されません。この場合、ホームページでは初めて使用するユーザーのための学習教材を提供します。データが収集されると(つまり、データセット、プロファイル、セグメント、宛先が作成され、データがシステムにフローされると)、ダッシュボードは自動的に更新され、そのデータに関する情報が表示されます

ホームページのダッシュボードビュー

ダッシュボードは次のように分かれています

  • リーダーボード​は、ダッシュボードの上部に表示されます。リーダーボードには、システム内のデータセット、プロファイル、セグメント、宛先の数が表示されます。

    画像

  • 最近の項目​には、システムに追加された最新の 5 つのデータセット、ソース、セグメント、宛先が表示されます。

    画像

追加の指標(プロファイルやセグメントなど)は、リアルタイム顧客データプラットフォームの他の部分で使用できます。

データセット

Datasets カウンターは、システム内のデータセットの数と Platform 内のデータの量を示します。 このカウンターは、データセットの作成時に更新されます。

データセットの詳細については、「データセットの概要」を参照してください。

プロファイル

プロファイル の数は、Real-time Customer Profile 内のプロファイルを持つ人の合計数を示します。 プロファイルフラグメントは含まれません。これは、アドレス可能なオーディエンスの合計です。

このカウントでは、「統合プロファイル」の結合ポリシー構成で設定された既定の結合ポリシーを使用します。

プロファイルの数は 24 時間ごとに更新されます。

プロファイルの詳細については、「リアルタイム CDP での顧客の統合ビュー」を参照してください。

セグメント

セグメント:組織に対して作成されたセグメントの合計数が表示されます。この数は、新しいセグメントが作成されると更新されます。

セグメントについて詳しくは、「セグメント化サービスの概要」を参照してください。

宛先

宛先​は、組織に対して作成された宛先の合計数を表示します。この数は、新しい宛先が作成されると更新されます。

宛先について詳しくは、「宛先の概要」を参照してください。

最近のデータセット

最近のデータセット​カードには、組織内で作成された最新の 5 つのデータセットが表示されます。このリストは、新しいデータセットが作成されると更新されます。

データセットを選択してその項目の詳細を表示するか、すべての を表示してデータセットのリストを表示します。 ここから、特定のソースを選択して詳細を表示できます。

データセットの詳細については、「データセットの概要」を参照してください。

最近のソース

最近のソース」指標カードには、組織内で作成された最新の 5 つのソースが表示されます。このリストは、新しいソースが作成されると更新されます。

ソースを選択してその項目の詳細を表示するか、すべて表示 を選択してソースのリストを表示します。 ここから、特定のソースを選択して詳細を表示できます。

ソースについて詳しくは、「ソースの概要」を参照してください。

最近のセグメント

最近のセグメント」指標カードには、組織内で作成された最新の 5 つのセグメントが表示されます。このリストは、新しいセグメントが作成されると更新されます。

セグメントを選択してその項目の詳細を表示するか、すべて表示 を選択してその他のセグメントに関する情報を表示します。

セグメントについて詳しくは、「セグメント化サービスの概要」を参照してください。

最近の宛先

最近の宛先」指標カードには、組織内で作成された最新の 5 つの宛先が表示されます。このリストは、新しい宛先が作成されると更新されます。

宛先を選択してその項目の詳細を表示するか、すべて表示 を選択してその他の宛先に関する情報を表示します。

宛先について詳しくは、「宛先の概要」を参照してください。

このページ