Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2021 年 6 月 30 日

Adobe Experience Platform の既存の機能のアップデート:

リアルタイム顧客プロファイル

Adobe Experience Platform を使用すると、いつでもどこでもブランドとのやり取りが顧客に対して調整され、一貫性と関連性のあるエクスペリエンスを提供できます。リアルタイム顧客プロファイルでは、オンライン、オフライン、CRM、サードパーティデータなど、複数のチャネルのデータを組み合わせた、各顧客の全体像を確認できます。Profile を使用すると、個別の顧客データを統合ビューに取り込み、顧客インタラクションごとにアクションにつながる、タイムスタンプ付きのアカウントを提供できます。

機能 説明
結合ポリシーワークフローの更新 UI で結合ポリシーを作成および更新する際に、和集合スキーマに基づいた 20 個のサンプルプロファイルをプレビューできるようになりました。これにより、結合ポリシー設定を保存する前に、顧客プロファイルがどのように表示されるかをプレビューできます。 詳しくは、 結合ポリシー UI ガイド を参照してください。
ID 重複レポート ID 重複レポートは、リアルタイム顧客プロファイル API の一部で、プロファイルストアの構成を可視化します。ID 重複レポートは、 /previewsamplestatus エンドポイントを使用して、アドレス可能なオーディエンスに最も寄与する ID を表示します。詳しくは、 サンプルステータスプレビュー API エンドポイントガイド を参照してください。

Profile データを操作するためのチュートリアルやベストプラクティスなど、リアルタイム顧客プロファイルの詳細については、リアルタイム顧客プロファイルの概要を参照してください。

サンドボックス

Adobe Experience Platform は、デジタルエクスペリエンスアプリケーションをグローバルな規模で強化するように設計されています。企業ではしばしば複数のデジタルエクスペリエンスアプリケーションを並行して運用し、運用コンプライアンスを確保しながら、アプリケーションの開発、テスト、導入に注力する必要があります。このニーズに対応するために、Experience Platform は、サンドボックスを提供します。サンドボックスでは、単一の Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割することができ、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展に役立ちます。

機能 説明
実稼働用サンドボックス リセット機能の強化 Adobe Audience Manager または Audience Core Service との双方向のセグメント共有に使用される実稼動用サンドボックスをリセットできるようになりました。これは、UI から実行するか、API の新しい validationOnly パラメーターと ignoreWarnings パラメーターを使用して実行できます。詳しくは、UI でのサンドボックスのリセットAPI でのサンドボックスのリセットに関するチュートリアルを参照してください。

ソース

Adobe Experience Platform では、外部ソースからデータを取り込むときに、Platform サービスを使用して、そのデータの構造化、ラベル付け、拡張を行うことができます。アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRM システムなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。

Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できる RESTful API とインタラクティブ UI を備えています。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理を行うことができます。

機能 説明
Veeva CRM (ベータ版) Flow Service API または UI を使用して、Veeva CRM を Experience Platform に接続できるようになりました。詳しくは、 Veeva CRM コネクタの概要 を参照してください。
ストリーミングデータフローの監視のサポート ソース UI ワークスペースを使用して、対応する指標とステータスでストリーミングソースからのデータ取り込みアクティビティを監視できるようになりました。詳しくは、 ストリーミングデータフローの監視 に関するチュートリアルを参照してください。

ソースについて詳しくは、 ソースの概要 を参照してください。

このページ